ぎっくり背中

ぎっくり腰と共に増えているのがぎっくり背中です。

腰ではなく背中が痛くて動けなくなる症状です。

ぎっくり腰と違い痛い場所が届かない背中なので、よりたちが悪いかもしれません。

今回は近年増えているぎっくり背中の原因や予防法などの豆知識、更にぎっくり背中に整体は効果があるのか?といった突っ込んだ内容までお届けします。

どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)

ぎっくり背中とは?

ぎっくり背中 画像

出典:骨と関節のしくみとはたらき

くしゃみや物を持った時に腰ではなく、背中がグキッとなり急な痛みを発生する症状です。ぎっくり腰の急性腰痛症のような医学的用語はありません。

激痛の他に背中がつったようになることもある不快な症状です。

ぎっくり背中の症状

背中の激痛

特に何かを持った時やくしゃみなどのちょっとした動作の時にグキッと行くぎっくり腰と同じ典型的な症状です。背中の激痛が主になり捻ったりする動作が特に出来なくなります。

背中の筋肉がつる

特に慢性化した場合は、背中の痛みだけでなく、背中がつってしまうこともあります。

寝ている時もジンジン背中が痛む

炎症が起きていると安静にしていても背中が痛む場合があります。

ぎっくり背中の整体視点からみた原因

ぎっくり背中 原因

内臓の不調和

内臓の不調和は外側に全て現れます。

その結果、骨格の歪みや捻じれを生みます。

日常的な筋肉の固さ

ぎっくり背中は男性に多く、日常的に背中の筋肉に固い人に発生します。くしゃみや重いものを持つを体が捻じれてしまうので普段固い筋肉が無理やり捻じれて肉離れのような状態になります。日常的な筋肉の固さは特に動かない高齢者や運動をあまりしなくなった男性に多く見られます。

体の捻じれ

ぎっくり腰もそうですが、ぎっくり系は体の捻じれが顕著にでています。足首を捻ったイメージです。怪我と思って頂いてもよろしいかと思います。体の捻じれは、日常の癖(アヒル座り、女の子座り、片足重心等)で少しずつ蓄積され起こります。

ストレス

ストレスが溜まると交感神経が優位になり筋肉が常に緊張してしまいます。その状態でくしゃみや重いものを持つ動作が急激に加わるとぎっくり背中になることがあります。ストレスが溜まると胃がキリキリするのが良い例です。

ぎっくり背中の予防法

ぎっくり背中 予防

捻じらない

くしゃみや重いものを持つ時は体を捻じらないで真っ直ぐ保てば問題ありません。捻じると片側の筋肉だけに負担がかかってしまいます。

日常の癖

足組み、片足荷重、ソファー座り、女の子座り、バック片掛けなどは、体の捻じれを生み出してしまいますので、日常から注意しましょう。

体の歪みをリセットする

事務作業などを根を詰めて行う方は、帰宅や昼休みまで全く動きませんが、もっと細めに動けば体が自然に歪みをリセットしてくれます。動くと言っても普段「あ~」といって伸びている動作を多めにするだけでよいのです。

パソコンの位置を調整

猫背のような姿勢は背中に非常に負担がかかります。特にパソコン作業は背中に負担がかかりますので以下の事に注意しましょう。

1 パソコンは目線の真正面になるように調整する

2 イスに座る時にお尻の後ろの方(背中側)に丸めたバスタオルを敷いて座る。角度がつくことにより猫背になりにくくなります。

簡単なことですが、これらを意識することにより背中への負担は大きく激減します。

ぎっくり背中になった時の注意点

温めはNG

ぎっくり背中になった時は、2~3日は温めることは避けましょう。ぎっくり背中は捻挫と同じと考えてください。捻挫をした時冷やすと思いますが、あれは、熱を抜くためです。

ぎっくり背中は冷やす必要はありませんが、温めることは避けましょう。

ある程度痛みが治まり、夜間痛やズキズキが消えれば温めた方が効果があります。

無理な運動

ぎっくり背中になると痛みで動けませんが、まれに動いた方がいいんだ!と痛みを押して動く方がいますが、炎症がひどくなるだけです。1週間程度は安静にしましょう。

柔かい所で寝る

無頓着な方はソファーでそのまま寝てしまったりしますが、ソファーは柔らかすぎて骨格が非常に大きく歪んでしまいます。

通常の布団でしっかりと睡眠を取りましょう。

ぎっくり背中の特殊な例

肩こりで整体に行っていたが改善せず精密検査をするとガンだったという事例があります。

基本的には、医療機関でまず受診し、精密検査をし異常がない場合に整体を利用しましょう。

右背中の痛み

どの部分が痛いかで違ってきますが、多くは肝臓の疲労になります。

左背中の痛み

こちらもどの部分で痛いかで違ってきますが、心臓に関連があります。特に左肩甲骨部分やその周辺だと心臓の可能性があります。

背骨の痛み

背中というよりは、奥の背骨が痛いという場合は、脊柱管狭窄症やヘルニア、すべり症などの可能性もあります。また、内臓が極端に悪いこともあります。

ぎっくり背中に整体は効果的か?

筋肉の固さ、骨格の歪みが原因であれば非常に効果的

筋肉の左右差や固さが出ると背骨の歪み、肋骨の捻じれが生まれます。

その状態で荷物を持つような軽いショックが加わるとぎっくり背中になりますが、このような場合は、整体は非常に効果的です。

肉離れには効果が薄い

ぎっくり背中の場合で肉離れを起こしているものはケガですので、整体の効果が薄いです。

ただ、整体を受けることで患部の回復が早くなるといった効果は期待できます。

原因がはっきりしない場合は病院へ

何にもしていないのに背中が痛い場合は、早めに病院に行き精密検査をしましょう。

その結果が異常がなければ整体が効果的です。

ぎっくり背中の整体は通わなければいけないのか?

慢性化したものはある程度の継続が必要

慢性化したぎっくり背中は痛みが消え、体の調子が上がってくるまでは継続が必要です。

痛みだけ軽減できればいい場合は通う必要はない

とりあえず痛みだけ軽減できればいい場合は、改善するまでは継続し痛みが改善すれば通う必要はありません。

ぎっくり背中にならない体を維持したい

ぎっくり背中になりづらい良い状態をキープしたければ1か月に1回程度のメンテナンスで実現できます。

最後はクライアントさん次第ですのでこちらから強制することはありません。

ぎっくり背中の整体はどうやるの?

遠方から徐々に攻める

背中が痛いわけですから痛い所を触らず遠方より徐々に緩めていき最終的に背中の痛みを軽減させていきます。

強押し、バキボキは一切しません。

内臓疲労を取る

背中は東洋医学的に内臓疲労の反応がでます。

ツボを使用し、内臓疲労や固さを取っていきます。

骨格矯正、筋肉固さを取る

内臓疲労などを取り除きながら筋肉の緊張を取り、更に骨格の歪みも取り去っていきます。

座位でも行う

寝た状態で痛みが消えても座ると痛みが出る場合があります。

これは寝た状態と座った状態では使用する筋肉が違うからです。

座位でも整体を行うことで改善率が全く違ってきます。

 

ぎっくり背中の素朴なギモン!

ストレッチをした方がいい?
ぎっくり背中が起きた最初の3日間は炎症が起きていることが考えられますので、ストレッチなどの類はやらない方がよいでしょう。
動けない場合はどうした方がいい?
安静にしましょう。ある程度動けるようになったら病院へ行き、その後整体にお越しください。
慢性のぎっくり背中は冷やした方がいい?
安静時にジンジンとした痛みがあるなら冷やした方がよいですが、それ以外は温めた方が回復が早くなります。
お風呂で温めた方がいい?
もし、背中に熱感や安静時にジンジンする痛みがある場合に風呂に浸かるとひどくなりますので、控えた方がよろしいでしょう。
病院にいっても異常はないけど痛い
そのような場合は整体が効果的です。
整体に行く余裕がない。
ぎっくり背中(急な背中の痛み)のセルフケアをご参考ください。

まとめ

ぎっくり背中になったら動けない場合は、まずは安静にしましょう。

安静時痛や背中に熱感がある場合は、温めるとひどくなりますので、冷やしましょう。

動けるようになったら、医療機関の受診をした上で異常がなければ整体にお越し下さい。

背中は内臓の反射点もありますので、内臓と密接に関連しています。

内臓疲労、骨格の歪み、筋肉の固さを一気に取る整体にご興味ある方は以下をご覧ください。

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。


どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)