四十肩五十肩

肩を上げる度に痛い、上に手が上がらない、髪が結べない、後ろに手が回らない四十肩五十肩の症状は日常生活に支障を来すものです。

四十肩五十肩は昔からある意味仕方のない症状として扱われていました。

加齢により起こるものと扱われていましたが、年をいくらとっても全く肩が問題ない方もいるのはなぜでしょうか?

今回は、四十肩五十肩の症状や原因、また整体は効果があるのか?といった突っ込んだ内容まで網羅したいと思います。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *

四十肩五十肩とは?

40代、50代に現れる症状として圧倒的に多い症状です。

肩が痛くて腕が上げられなかったり、髪が結べない、服が着れないなどの日常生活に支障が出る症状です。

肩関節周囲炎とも呼ばれることがありますが、原因ははっきりとはわかっていません。

四十肩五十肩の症状

正確な診断は、医療機関を受診してください。あくまで目安とします。

初期

・肩が少し痛む

・腕を上げづらい

・肩を動かすと引っかかりを感じる

中期

・肩がかなり痛みだす

・髪が結べない

・服が着れない

末期

・寝ている時も激痛

・肩が腫れている

・夜間にジンジンと痛む

四十肩五十肩の西洋医学視点の原因

腱板断裂

四十肩五十肩 原因

出典:松田整形外科記念病院

俗にいう肩のスジが断裂や部分断裂をしてしまうと四十肩五十肩と似たような症状を引き起こすことがあります。

石灰沈着性腱炎

四十肩五十肩 原因

石灰沈着が起こり、肩が固まり、痛みや炎症が起き四十肩五十肩の症状が起こります。

出典:古東整形外科・内科

変形性肩関節症

四十肩五十肩 原因

脱臼や肩関節のズレが原因で肩関節の位置異常が起き肩関節の先の丸い部分が削れたりして炎症を起こし四十肩五十肩と似たような症状を引き起こします。

出典:人工関節ライフ

 

四十肩五十肩の整体視点の原因

内臓の不調和

東洋医学的に全身は全て繋がっています。

特に腕には、心小腸、肺大腸、心包三焦という経絡が通っており、例えば便秘で大腸経のスジが固くなると骨格が捻じれて痛みを引き起こすことがあります。

以下に四十肩五十肩の骨格の歪みを書いていきます。

肩関節の歪み

肩関節は365度あらゆる方向に動きますが、ミリ単位のズレで痛みが発生します。特に40肩50肩の場合はミリ単位+角度調整などの繊細な調整が必要です。

肋骨の歪み

肋骨が下に垂れ下がっている腕は上げづらくなります。垂れ下がっている肋骨を上げてあげると容易に腕は上がるようになります。

首の歪み

首の歪みは四十肩五十肩にとってはかなり大きな要因の一つになります。

胸椎の歪み

胸椎は一本だけ大ズレしている場合が四十肩五十肩には多いのです。

四十肩五十肩の予防法

四十肩五十肩 予防

四十肩五十肩は日常の非常に当り前で簡単なことに気を付けることにより簡単に予防になります。

また、すでに四十肩五十肩になっている方でも以下を気を付けることにより、症状が軽減する場合があります。

日常の癖に気を付ける

足組みや片足荷重、頬づえなどの何気ない動作で肩関節にはかなりの負担がかかります。これらを意識して減らすことが重要です。

食生活、ストレスに気を付ける

例えば便秘になると手の大腸経が固くなります。ストレスが溜まると手の心経や心包経が固くなります。スジのアンバランスが生まれると四十肩五十肩になりやすくなります。

固まらせない

腕は他の足などより動いていると思われていますが、それは、非常に小さな範囲でチョコチョコ動いているだけです。日常の肩関節の歪みを正したい場合は、大きく動かしたり、伸ばしたりすることが重要になってきます。

四十肩五十肩に整体は効果があるのか?

関節の歪み、筋肉の固さによる原因であれば非常に効果的

肩関節は360度動く関節で関節が数ミリ単位ですが、歪みやすく関節が歪むとその周辺の筋肉が固くなります。

筋肉が固くなると関節の隙間が狭くなり関節の可動域が狭くなり徐々に痛みが出るようになります。

これが40肩50肩と病院で診断されることがありますが、このような場合は、整体で改善可能です。

腱板断裂、石灰沈着性腱炎、変形性肩関節炎の場合は痛みや可動域はある程度までは改善するが細かな痛みが残る

どのような状態でも脱臼でない限り肩関節の歪みを取り、周辺筋肉の固さを取れば可動域が広がり、痛みも軽減します。

しかし、細かな痛みは残り、改善まではかなりの時間を要します。

肩関節が癒着したような四十肩五十肩は効果的だが時間がかかる

四十肩五十肩が長い方だと肩関節が固まってしまい可動域が極端に狭い方がいます。

この場合は、少しずつ肩関節の固まりを取り除かなければなりませんが、一度固まってしまったものは整体は効果的ですが、時間を要します。

四十肩五十肩の整体は通わなければいけないのか?

腱板断裂、石灰沈着性腱炎、変形性肩関節症、肩関節の癒着は時間がかかる

痛みの軽減、可動域が広がるといった効果はその場で出ますが、それを継続することで少しずつ回復していきます。

最低でも3ヶ月~半年以上は見た方が良いでしょう。

関節の歪み、筋肉の固さの場合は、クライアントさんの目標次第

痛みをある程度取れればいいのであれば2~3回で十分ですし、痛みが出ないような根本的な改善となると時間は必要になります。

ただ、最後決めるのはクライアントさん自身なので、こちらから説明はしますが、強制することはありません。

四十肩五十肩の整体ってどんな感じ?

全身、内臓あっての肩関節

当整体院の例をご紹介します。

四十肩五十肩というとどうしても肩ばかりに目が行きがちですが、肩が歪んだり、固まってしまっているということは、その影響は全身へと及びます。

まず、全身の歪み、筋肉の固さ、更には内臓疲労までを調整していきます。

バキボキや強押しは一切しません。

外から少しずつ少しずつ体を正常に近付け一番最後に肩関節を調整します。

うつ伏せ、仰向け、更に座位、立位と日常生活に応じた姿勢で整体することにより、より効果的に肩関節を調整できます。

また、炎症、腱損傷、骨変形などが起きている場合は、無理に動かさずツボなどを用いて遠方よりアプローチする場合もあります。

四十肩五十肩の素朴なギモン!

脱臼には対応できますか?
出来ません。脱臼は病院か接骨院を受診下さい。
夜ジンジンしますが、冷やした方がいいですか?
安静時に痛む場合は、炎症の痛みですので、冷やしましょう。安静時痛が無くなってきたら温めると回復が早くなります。
病院は行った方がいいですか?
行って画像診断をしてもらってください。腱板断裂などは、画像診断でないとわかりませんし、自己判断で四十肩五十肩と決めつけると隠れた病気を見逃すこともあります。
リハビリとはどう違うの?
リハビリはストレッチや徒手での可動域の回復を目指しますが、肩周りを念入りに行いますが痛みを伴うこともあります。整体では、全身に加え内臓疲労の調整、そして肩の痛みがでない範囲で調整していきます。
とにかく動かせば改善する?
動かすことは大事ですが、炎症が起きている場合は、安静にする必要があります。目安は痛みが出ない範囲で動かすと効果的です。
整体に通う余裕はない
40肩50肩の痛みのセルフケアをお試しください。

 

まとめ

四十肩五十肩は自己判断でなくまず医療機関を受診しましょう。

整体では、肩関節の歪み、筋肉の固さ、内臓疲労などが肩の痛みの原因となっている場合は非常に効果を期待できます。

腱板断裂、石灰沈着性腱炎などでも痛みの軽減、可動域の改善はできますが、時間がかかることを覚えておいてください。

肩の症状でも全身の問題であり、全身を調整することが重要です。

骨格の歪み、筋肉の固さ、内臓疲労を取り除く整体にご興味ある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *