1家に1人整体師がいる社会の実現へ。

緊急!本日20時より整体Youtubeライブ

プロフィール

森本貴士プロフィール

整体師/疲労セルフ整体協会代表

疲労セルフ整体師講師写真

高知県香美市出身。

小学校~25歳までずっとバスケをしていた位のバスケバカ。

同時にウエイトトレーニングにはまり1年間で筋肉量を10キロ増やしムキムキになったこともある。

トレーナー時代

トレーニング好きが高じてパーソナルトレーナーの資格を習得。

フィットネスクラブで腕を磨いていたが、同時期に祖父がガンで危篤状態に。

急遽、帰省したが、ベッドに横になる祖父を見て、全く何もできずに、祖父は他界。

何のためのパーソナルトレーナーなのか?

自問自答した結果、退職し、前々から興味があった整体の道を志す。

デイサービス時代

退職後はあらゆる、勉強会、セミナー、腕のいい整体師の元に行ってみたりしてとにかく勉強。

その合間に、リハビリ型デイサービスで機能訓練補助として経験を積む。

関節を動かしたり、ストレッチをしたり、徒手抵抗での筋トレなどを1人につき20分くらいみっちりやる珍しいデイサービスでした。

その結果として、要介護→要支援、要支援→なしになったりと人の力の凄さを間近で体感。

100歳の高齢者でもしっかりと動かせば筋肉が大きくなることも実感。

ただ、パーキンソン、後縦靭帯骨化症、片麻痺などの難病に対しては限界を感じていた。

治療系マッサージ院時代

ご縁があり、治療系マッサージ院に雇われ、ほぐしの技術を習得。

ただのリラクゼーションのほぐしではなく、検査→ほぐしの流れがある職場で経験を積む。

これだけでも痛みが改善したり、姿勢がよくなったりと大きな効果を発揮。

しかし、どうしても取り切れない痛みや不調があったこともあり、また壁を感じる。

骨を動かす整体師匠との出会い

整体師仲間に

「天才的な整体師がいる」

と聞き訪問。

交通事故の後遺症でどこに行っても改善しない友人を連れて行くとその場で改善。

その技術レベルの高さに愕然とし、定期的に学ぶ。

結果として、痛みや不調の9割は確実に取れるようになる。

妊婦さん、産後専門の出張整体

妊婦さん、産後専門の出張整体の業者とご縁があり業務委託契約を結ぶ。

しかし、妊婦さん、産後の方は非常に特殊な症例が多く新しい経験になる。

痛み専門整体を開業

今まで習得した技術をすべて発揮するべく自分自身で開業。

しかし、重症者が多く、痛みや動きを改善させられるが一定の症状を改善させられていないことに悩む。

丁度、集客も落ち込み始め廃業を決める。

東洋医学の習得

整体とは全く関係のない仕事をしながら東洋医学の勉強に励む。

何千年も歴史のある東洋医学であれば、悩みの答えが見つかるのではないかと考える。

セミナーや勉強会、ツボを使って実験を繰り返す。

一つの光が見えてきた時期でもある。

中野にて開業

今まで習得した技術に東洋医学をくっつけどこに行っても改善しない人専門の整体院を開業。

ネットを駆使し、県外や海外からの来院もあり、経営的には順調。

歪み・コリ・内臓疲労を一気に取り去る技術で改善率も圧倒的に上がる。

新たな壁

順調な整体院経営だったが、あることが起きる。

セルフ整体ブログを300記事、動画を200本あげているが、それを実践しただけで改善した方が続出。

嬉しい感想をたくさん頂いたが自分の中には一つの疑念がわく。

「整体師は本当に必要なのだろうか?」

悩みに悩み抜く。

信念を貫く

自分の信念は何か?それは

「人の役に立つ」

という原点を思い出す。

そこで1家に1人整体師を作れば多くの人が救われると考え今までの自分の診断力、技術を一般の方でも再現できるようにギュッと凝縮した

「疲労セルフ整体師養成講座」

を創始。

2018年1月より提供開始。

3月より整体業務の新規受付を停止しもりもと整体改め疲労セルフ整体協会として出発。

全力を持って疲労セルフ整体師に育成に励む。

なるべく多くの人に整体を体験して欲しいと無料体験会を開いている。

無料体験会詳細はこちら

 

 

Copyright© 疲労セルフ整体協会 , 2018 All Rights Reserved.