潰瘍性大腸炎

当院ではコロナウイルス対策に
取組んでおります。

安心してご来院下さい。

①施術者のマスク着用と手洗いうがい・消毒徹底
②施術者の検温
②院内の消毒、衛生管理の徹底
④加湿空気清浄器による除菌・湿度保持

こんなお悩みございませんか?

  • 1日に何十回もトイレに行きたくなる
  • 夜寝れないのでメンタルが乱れている
  • すぐ下すので中々食べられない
  • 寛解しても再燃してしまう
  • ステロイドはなるべく使いたくない
  • 血流が悪い自覚がある
  • 腹痛、下痢、下血が治らない

最短改善&再発しない3ステップとは?

1.全身の骨格矯正
(コリが取れる)

2.すべての内臓を整体
(自律神経、ホルモンバランスが整う)

3.症状の原因が改善
(再発しない体)

当院ではこれらをバラバラではなく1回の整体で一気に施術する他にはない整体のため県外や海外からもご来院頂いております。

喜びの声を頂きました!

2ヶ月以上も続いた出血と下痢も止まりました!」

年末に、持病の潰瘍性大腸炎が悪化し、下痢と出血が続き、日に日に体調も悪化し、主治医の先生と入院の相談をしていた折に、藁にもすがるおもいで、こちらの整体に通いはじめました。
病院でのエンタイビオ点滴治療と併用しながら、整体には週1で通い、一時的に出血量が増え、だるさ、腹痛もあり、このまま続けてよいのか不安になりましたが、頑張って通い続け、教わったセルフ整体も自宅で毎日続けていくうちに体調が変化してきたのです。
腹痛が次第におさまっていき、トイレに行く回数が激減。一番驚いたのは、大量の出血が日に日に減っていき、ついには2ヶ月以上も続いた出血と下痢も止まりました。
数年前から、ぶり返すようになりその度、入院になっていたのに、今回は入院せずに寛解に至りました。
現在は寛解時に飲んでいる薬と8週間に一度の点滴のみで、普段の生活を送れています。信じられませんが、また好きなものも食べられるようになり、普通に仕事もできています。

私と同じ病気の方はもちろん、治らない病気と言われても、諦めないでほしいです!

これからも先生からいろいろ教わりながら自分の身体と向き合い、元気に暮らしていきたいと思います!
google口コミより原文ママ

潰瘍性大腸炎の原因

潰瘍性大腸炎は大腸にびらん(ただれ)や潰瘍ができる「炎症性」の疾患ですが、各分野によって原因への考え方は違ったものになります。

ただ、どれが正しい、間違いではなくすべてを理解した上で施術をすることが重要になります。

西洋医学

西洋医学では

・免疫系の異常
・アレルギー
・腸内細菌の異常

などが原因としてあげられますが明確な原因は不明です。

東洋医学

東洋医学では

・経絡のバランスの乱れ
・気血水の滞り
・冷え

などが原因とされ、すべてのバランスを取り戻せば病気にはならないとされています。

整体

整体では

・大腸であれば腰椎5番がズレるといった各臓器と背骨が連動

・膵臓が疲労してしまう→足の内側の経絡が張る→股関節、膝関節が捻れる

といったように内臓と各関節が連動すると考えるのが整体です。

つまり、骨格矯正をすることで内臓へもいい影響を与えることが可能です。

当院では西洋医学的な原因も考えつつ、「東洋医学×整体」の2本立てでお体を一気に元に戻していきます。

どれか一つでも抜けると潰瘍性大腸炎克服までの道のりは困難になります。

炎症反応をいかに早く終わらすか?

炎症反応は潰瘍性大腸炎に限らずケガや病気などの治癒過程で必ず起こる反応です。

このような実験があります。

炎症反応が起きないようにしたマウスと通常マウスを比べた時、ケガが治ったのは炎症反応が起きる通常のマウスだったという実験データがあります。

つまり、炎症反応が起きているということは損傷した部分に対して治癒力が働いているということです。

しかし、炎症が強い場合、長く続く場合に色々な症状を引き起こしてしまいます。

潰瘍性大腸炎の場合は腹痛、下痢、下血です。

西洋医学ではステロイド、免疫抑制剤、白血球除去療法などで炎症を抑えますが、炎症の原因そのものを根治しているわけではないので、当然その効果は一時的なもので再燃する方が多いのが現状です。

先ほど説明したように炎症反応は治癒する過程で起こっています。

つまり、薬で炎症を抑えるのではなく、ご自身の治癒力を最大化し炎症反応を早く終わらせてしまう。ということがとても重要になります。

克服のカギは自然治癒力の最大化

潰瘍性大腸炎の治療で星状神経節ブロック療法をやり効果あったという体験談もあります。

従来、星状神経節ブロック療法は頚椎の痛みや神経痛に使われるものです。

ただ、もう一つの効果が「自律神経のバランスを整える」ということです。

自律神経のバランスが整うことにより、自然治癒力が活性化されたいい事例だと考えます。

ただ、潰瘍性大腸炎の場合は前述したように自律神経だけの問題ではなく、免疫系の問題もありますし、内臓系の問題もあります。

それらを総合的に解決していくことで自然治癒力が最大化し、炎症が早く収まり克服へと近づくのです。

自律神経を整え、免疫を正常化し、炎症反応を終わらすには?

自律神経の乱れ

東洋医学

腎の不足だと言われています。

ただ、実際には腎だけでなく各臓器のバランスが極端に乱れている場合が多いのでバランスを整える必要があります。

整体

骨盤、腰椎、頭蓋骨、首の付近がズレていることが多いです。

これらを正常化していけば自律神経のバランスは整っていきます。

自己免疫疾患

東洋医学

昔から免疫は肺大腸と関連が深いとされます。

肺大腸の状態が悪くなると免疫が暴走しやすく自分の細胞まで傷つけてしまう場合がありますので免疫のバランスを整え暴走を止める必要があります。

整体

免疫と関係が深い第7頚椎のズレ、その付近の骨格のズレが起きているため矯正の必要があります。

難しい話をしましたが、とにかく体全体の骨格のズレを治し、内臓のバランスを整えれば自律神経のバランスは整い、免疫の暴走が止まることで炎症反応が早く終わり潰瘍性大腸炎を克服できるという理論になります。

病院との使い分け

劇症の場合は命に関わりますので、必ず医療機関への受診をよろしくお願いいたします。

整体自体は医療行為ではありません。

あくまで、本来の回復力を取り戻すためのものになります。

当院の整体は長時間押したり、揉んだりはしない軽い刺激です。

不安な方は医師の確認を取った上でお越しください。

1031日までに

\ご予約の方に限り/
予約日が先の日付けでもキャンペーン適応されます

「根本改善コース」

初回 4,980円(税込)
 (通常1 8800円)

予約多数のため先着10名様のみ
あと3

矢印画像

 

1.バキボキしないオーダーメイドの最適な刺激

来院された方の安全を第一優先にし、無理な刺激は加えず、安全確実に根本改善&再発防止を実現します。

2.「骨格の歪み×内臓の疲れ」を同時に整体

1回の整体で「骨格の歪み」「内臓の疲れ」を同時に整体するオールインワン整体を編み出し多方面から評価を得ています。

3.症状の原因を探る丁寧なカウンセリング

ただ症状を聞いて終わりではなく、より深堀りしてヒアリングすることで症状の原因を特定し早期の根本改善へと導きます。

4.ベテランの整体師が対応

在籍している整体師は厳しい練習、テストをクリアした者のみ現場に立ち、来院された方を根本改善へと導きます。

5.どこに行っても改善しない症状に対応

病院や色々な治療院に行ったけどよくならないと行った方が県外、海外からも来られ改善実績があります。

6.徹底したアフターフォロー

しっかりとセルフケアもお伝えしていきますので二人三脚で健康なお体になるためサポートしていきます。

1031日までに

\ご予約の方に限り/
予約日が先の日付けでもキャンペーン適応されます

「根本改善コース」

初回 4,980円(税込)
 (通常1 8800円)

予約多数のため先着10名様のみ
あと3

矢印画像

当院のホームページをご覧いただき感謝いたします。

この長いページをここまでご覧になられたということは、あなた様が深く真剣に悩み、症状が本当に改善するのか?という不安を抱えられていらっしゃることだと思います。

当然のことです。

結論、言えることは

「勇気を出して頼ってほしい」

ということです。そして

「自分の良くなる力を信じてあげてほしい」

のです。

あなた様の体は今、お辛い状態かもしれません。

色々な病院、治療院、セルフケアを試されたことでしょう。

もう、諦めているかもしれません。

それでも、あなた様の体は今も、この瞬間も血流、リンパ、免疫、内臓などの無意識で働く機能が全力であなた様の体を良くしているのです。

母体であるあなた様が諦めたら改善する力は無くなってしまいます。

だから、諦めないでください。

あなた様が諦めないのであれば当院があらゆる手を尽くし改善へ向かわせます。

もうすでに多くの方が改善され、よりよい人生を歩まれています。

いきなりのご予約でなくても大丈夫です。

メールやLINEでご相談ください。

返信は半日以内にします。

もう一度いいます。

ご自身の良くなる力を信じてあげてください。

以上を最後のメッセージとしてお送りさせていただきます。

矢印画像