知り合いの整体師に恥骨結合離開の場合の良い整体法がないかと相談されました。

恥骨結合離開は恥骨はもちろん足でさえ触れるだけで激痛を発する方も少なくありません。その為触れられる部分が極端に少なくなるのです。

聞くとこによると、最初は触れる足から始め徐々に触れる部分を増やし行っていくそうですが、時間がかかるそうです。

時間は短ければ短い程優秀であり、長ければ患者さんの負担は大きくなります。

以前に立ったまま調整する方法を教えそれがかなり効果的だったようですが、もっともっと早く治してあげたいようでその熱心さには本当に感心します。

そこで今回は、頭蓋骨なら普通に触れるとのことで頭蓋骨調整をし骨盤を調整する方法を教えました。

実際に試すと数分の頭蓋骨調整で小尻になり骨盤が締まったのがわかり本人も驚いていました。

恥骨結合離開の場合は、頭蓋骨、頸椎、鎖骨(出来れば肋骨)まで入念に調整し痛みを軽くした上で立たせて整体をするという新しい流れが完成しました。

この流れで20分程度で終わるはずです。

患者さんの症状をなるべく早くちょっとでも軽くしたいという気持ちが新しい技術を生むのです。最初に技術ありきでなく気持ちが大事なんです。

だから整体師に向いているのは器用な方より「人を助けたい」という気持ちを持った方は最初は下手でも後で大化けするものです。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *