喘息は小児喘息から大人の喘息まで現代人であれば誰でもなる可能性があるものです。

一端喘息発作が出てしまえば吸入器を使用しなければならない程呼吸が辛くなります。

死に至る病ではないとはいえ、端から見ていると何ともいえぬ苦悩がつきまといます。

喘息は普段からの予防が重要です。

そこで、今回は、喘息のツボの紹介とツボの正しい位置と押し方についてもご紹介致します。

喘息のツボ

太谿(たいけい)

喘息 ツボ

出典:ツボ単

渓谷のようなくぼみにあるツボという意味になります。

経絡では少陰腎経に属します。

喘息のツボの正しい取り方

上の図を見て頂き大体の太谿の位置がわかったら、その周辺を押してみて痛い場所、固い場所が生きた太谿の位置になります。

太谿に反応(圧痛、ゴリゴリ)が乏しければ照海辺りを探ってみます。

太谿を照海とする説もあるからです。

両方探ってみて反応が強い方をやると良いでしょう。

ツボはセンサーなので、何らかの反応を起こしています。

正しいツボの位置をいくら取穴したとしても反応がその周辺に起こっていることもあるので、意味がありません。

正しい位置より、反応が起きている部分が正しいと考えてください。

喘息のツボの押し方

ツボの位置がわかったら、人差し指か中指で垂直に押します。

やりにくければ親指でも構いません。

指圧のように強圧する必要はありません。

ツボを押すと、皮膚や筋肉が沈んで自然と止まりますので、それ以上押す必要はありません。

ツボの位置がわからなければ無理をせず周辺を手の平で円を書くように30回さすってください。

ツボを自分で押すのが難しい方

難病や、何らかの原因でツボを押せない方は、ツボ押し器具でも良いですし、点ではなく面で全体的に電動マッサージを当てたり自分が使用している器具を使っても全く問題ありません。

ツボの位置は大体で結構です。

30秒~1分刺激しましょう。

喘息のツボの押す時間

本来ツボの反応が消えるまで押すので、時間の定めはありません。

しかし、ずっと押しているわけにもいかないので、1分~2分程度で十分でしょう。

わかる方は、ツボが柔らかくなったり、圧痛が取れて来るまで押すのも良い方法です。

発作の場合は発作が収まるまで押しますが、吸入器が必要と判断した場合は併用しても差支えありません。

喘息のツボの刺激間隔、期間

大体の方は、1日ちょろっと押して終わってしまいますが、ツボ=薬と考えて頂けるとわかりやすいかと思います。

薬は、毎日朝昼晩と飲みますよね?

ツボも一緒で朝昼晩に刺激を加えます。

喘息の場合は特に予防の側面が強いので根気強く継続しましょう。

薬のように副作用がない所がツボの良い所です。

まとめ

喘息は病院に行くと様々な薬を出されますが、なるべくであれば薬は飲みたくないものです。

そこで活躍するのが、今回のツボです。

普段から押しておけば予防にもなりますし、なったとしても症状が軽くて済むようになります。

まずは、喘息の出やすい季節の変わり目まで地道に試してみてください。


どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)