坐骨神経痛のイメージ

坐骨神経痛は特に女性に多く、病院に行っても異常はないのですが、お尻や足の裏側に痛みや痺れがで続ける非常に辛い症状です。

しかし、見た目の変化はないため周りからは「本当に痛いのか?」と疑われることもあります。

病院では異常がないため本人もどうすればいいのかわからずただ、ただ痛みが過ぎ去る日々を待つという辛い状態なのです。

今回は、そんな辛い坐骨神経痛の原因や知識、整体で坐骨神経痛を改善できるのか?などお伝えしていき坐骨神経痛でない方も興味を持って頂ければと思います。

中野の整体ならお任せ!
中野駅南口徒歩3分 猫背・姿勢矯正で痛み・痺れ、こりを改善! もりもと整体
【営業時間】10:00~20:00
【最終受付】19:00※完全予約制
【定休日】火、日、祝
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛 画像

出典:椎間板ヘルニア即効センター

坐骨神経痛は正式な病名ではなく、症状名になります。背骨から足に伸びている坐骨神経が圧迫されることにより痺れや痛みが起きる症状です。ヘルニアや梨状筋症候群などと併発することもあります。

特に女性に多く、すぐに治るものや慢性化するものなど様々な種類があります。

坐骨神経痛の症状

以下の症状はあくまで目安であり、症状があるからと言って必ず坐骨神経痛ではありません。

初期

・足の裏側(ハムストリング、お尻)などの軽いひきつれ、違和感

・軽い腰痛

中期

・足の裏側(ハムストリング、お尻)の痛み、痺れ

・腰痛がひどくなる

末期

・まともに歩けない

・足の裏側(ハムストリング、お尻)の激痛

・激痛で寝れない

坐骨神経痛の西洋医学から見た原因

椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間にはクッションになるゼリー状のものがありますが、それが何らかの原因で飛び出し神経を刺激すると坐骨神経痛の症状を引き起こす場合があります。

脊柱管狭窄症

背骨と背骨の間のクッションが無くなり骨と骨がぶつかってしまう症状で、神経を刺激する場合は、坐骨神経痛の症状がでます。特に高齢者に多いのが特徴です。

梨状筋症候群

お尻にある梨状筋という筋肉が固くなり坐骨神経を刺激することで起きる症状です。

実際の坐骨神経痛はこれらの原因が複合して起こります。

坐骨神経痛の整体から見た原因

仙骨、尾骨の歪み

仙骨、尾骨が歪むと大殿筋、中殿筋、梨状筋などのお尻の筋肉が固くなり神経が圧迫され痺れや痛みがでます。

背骨の歪み

背骨は仙骨、尾骨まで繋がっていますので、背骨の歪みはお尻、足の筋肉の固さとなり影響を及ぼします。

膝、足首の捻じれ

膝や足首が捻じれるということは、股関節、仙骨、尾骨も歪みます。

骨格が歪むと筋肉も固くなりますので、坐骨神経痛の症状が出ることがあります。

妊娠、出産

産後や妊娠中に坐骨神経痛を発症している方は、ほぼ全員骨盤が締まりきっておらず、お尻の筋肉などが引き伸ばされ坐骨神経痛の原因となることがあります。

内臓の機能低下

内臓は外側の筋肉と同じで働きすぎると固くなったり、疲労したりしてしまいます。

東洋医学的に内臓の固さや疲労は外側の筋肉の固さとなって現れ、外側の筋肉のアンバランスが骨格の歪みを引き起こす場合があります。

坐骨神経痛の予防法、養生法

坐骨神経痛 イメージ2

坐骨神経痛はとにかく女性に多いのですが、注意すれば予防できる症状です。既に坐骨神経痛の症状が出ている方は養生法にもなります。当り前のことですが、実行できていない方があまりにも多いのです。

日常の癖

無用な骨格の歪みはなるべく避けるべきです。無意識に行う足組みや片足荷重、女の子座り、アヒル座り等などが骨格の歪みを引き起こします。自分の癖は常に監視し正すようにしましょう。

細めに動く

事務作業やパソコン作業が多い方は必ず骨格の歪みは生まれます。しかし、細めに動くことにより、歪みはリセットできます。ここでいう動きというのは、運動ではなく、「あ~」と伸びるような動作のことです。

冷やさない

女性は筋力が少なく代謝が低いので元々冷えやすく内臓の機能も低下します。特に下腹部は冷えやすいので、冷やさないように心がけると内臓の機能低下を防げます。

寝方

体を捻じらない寝方が重要です。特に横向きになった時は上の足が下の足の前に出て捻じった状態にならないようにしましょう。上の足の下に抱き枕などをかませて捻じらないように工夫します。

ソファーなどで寝ない

ソファーなどの柔らかすぎる素材は体が沈み込み骨格が異常な状態になります。眠る時は必ず布団で寝ましょう。

坐骨神経痛に整体は効果があるのか?

骨格の歪み、筋肉のアンバランスが原因で痛みが出ているものには非常に効果的

医療機関で内臓や隠れた病気などがない場合は筋肉の固さ、骨格の歪みが坐骨神経痛の原因となっている場合がありますので、整体が効果的です。

人の体は、非常に繊細なバランスで動くようにデザインされています。

数ミリの骨格の歪み、ちょっとした筋肉の固さが原因で神経を圧迫し痛みを出してしまう場合があります。

慢性化、再発を繰り返す坐骨神経痛には効果はあるが時間がかかる

他に病気の可能性がなく慢性化、再発を繰り返すということは、骨格の歪み、筋肉のアンバランスを体が覚えてしまっている状態です。

体が覚えてしまった悪い癖を抜かなければなりませんので、効果はしっかりと出ますが、時間はかかります。

病気が原因の場合は、効果は薄い

例えば子宮筋腫ができ神経を圧迫しているような場合は整体ではなく、病院での治療が必要です。

坐骨神経痛の整体は通わなければいけないのか?

坐骨神経痛が消え再発しなくなるまでは必要

人により1回で痛みが止まり改善する場合がありますが、多くの場合は、その場で痛みが消えても痛みが出てきてしまう場合があります。

その場合は、痛みが改善するまでは整体が必要になります。

坐骨神経痛がでづらい体にしたい場合は、定期的なメンテナンスが必要

坐骨神経痛の痛みがとりあえず消えた後、もう再発したくないと考えるのは自然だと思います。

その場合は、月に1回程度メンテナンスをしてあげると再発しづらい体作りができます。

坐骨神経痛の整体はどうやるの?

全身バランス、内臓疲労を取ることを最優先

当整体院の場合は、まず、うつ伏せで骨盤の歪み、背骨の歪み、筋肉の固さを取ります。

強押しやバキボキのような強い刺激は一切せず基本的に無痛です。

その後仰向けで内臓の疲労、固さを取り全身を調整します。

全身、内臓調整をすることで土台をしっかりと作ります。

座位や立位、動きながらの整体

まずは、寝た状態で足を動かしたりしながら痛みを追いかけ、その後起き上がり座った状態、立った状態で痛みを追いかけます。

これには、理由があり、日常で行う体勢で調整することで効果が断然違ってくるのです。

基本的にはその場で痛みが軽減するまで行います。

痛みを追いかけなくても自然治癒力で改善する場合がありますが、当整体院では

「痛みが減る感覚」

を知ってもらいため追いかけています。

坐骨神経痛の方は、慢性化、あまりにも鋭い痛みのため

「一生治らないのではないか?」

という不安を抱えている方があまりにも多いのです。

一瞬でも痛みが軽減する感覚を知ってもらえば

「希望がある」

と脳が認識します。

本人が前向きにならないと体の改善も遅いものなのです。

炎症などはツボを使用する

夜ジンジンしたり、安静時痛があるものは炎症が起きています。

このような場合は、ツボを使用しながら改善を促します。

坐骨神経痛の素朴なギモン!

ストレッチなどは効果はありますか?
ストレッチをやってみて痛みが軽減すれば効果がありますし、痛みが増す場合は効果がありませんので中止してください。
病院は行った方がいい?
隠れた病気がないかだけ検査してもらうと良いでしょう。
妊娠中、産後ですが、何かいい方法ありますか?
骨盤ベルトを巻き痛みが楽になるようであれば使用しましょう。痛みが増す場合は、使用しないようにしてください。
無理してでも動くべき?
痛みを我慢してまで動く必要はありません。ただ、動かなくなると血流、リンパなどの流れが停滞しますので、例えば寝た状態で足首だけを動かすなど痛みが出ない範囲で動かすと良いでしょう。高齢者も同じです。
湿布は貼っていい?
痛みが楽になるのであれば貼ってもよいですが、消炎鎮痛剤で一時的に痛みが緩和しても原因は取れていません。その状態で動くと更に悪化することもありますので、忘れないようにしましょう。
整体に行く余裕がないです。
坐骨神経痛になった時のセルフケアをお試しください。

 

まとめ

坐骨神経痛の症状が出た場合は、まず医療機関を受診し、隠れた病気、内臓の異常がないかをしっかりと検査してもらいましょう。

特に問題ない場合は、日常の生活の中の癖などを改めてストレッチなどすると楽になるようであれば対策を講じてください。

ズキズキ安静時も痛む場合は炎症が起こっていますので、お風呂に浸かったりすると悪化します。

炎症が引くまでは温めないようにしましょう。

全身のバランス、筋肉の固さ、内臓疲労を取り除き坐骨神経痛を改善する整体にご興味ある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。


中野の整体ならお任せ!
中野駅南口徒歩3分 猫背・姿勢矯正で痛み・痺れ、こりを改善!もりもと整体
【営業時間】10:00~20:00
【最終受付】19:00※完全予約制
【定休日】火、日、祝
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)