腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多く、痛みだけでなく痺れや跛行などが出る場合もあります。

医療機関で脊柱管狭窄症と診断され特に手立てのないものは整体が効果的ですが、整体に行く余裕のない方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、腰部脊柱管狭窄症のセルフケアをお伝えします。

腰部脊柱管狭窄症について詳しく知りたい方はこちら⇒腰部脊柱管狭窄症の原因と予防法・整体は効果的か?

中野の整体ならお任せ!
中野駅南口徒歩3分 猫背・姿勢矯正で痛み・痺れ、こりを改善! もりもと整体
【営業時間】10:00~20:00
【最終受付】19:00※完全予約制
【定休日】火、日、祝
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)

腰部脊柱管狭窄症のセルフケア

腰部脊柱管狭窄症の痛みチェック

腰を動かしてどこでどのくらい痛みがでるか覚えておいてください。

ツボ療法

次に紹介するツボを1か所につき40~50秒程度指圧のようにジーと持続圧をします。

ツボの正確な場所よりも固さや圧痛がある方を優先し、左右比べて固い所や圧痛がある方を優先します。

太谿

内側のくるぶしのすぐ後ろになります。腎経の重要なツボで、この1穴で副腎がある腰近辺を緩めることができます。

踵の痛み ツボ

経渠

手の平側の親指の延長線上にあり、丁度くるぶしの下辺りのゴリゴリがツボになります。酸素供給をするツボで特に痺れに効果があります。

腰部脊柱管狭窄症 ツボ

陽陵泉

膝の外側の下にある出っ張った骨(腓骨頭)のすぐ下にあるゴリゴリがツボになります。筋肉や靭帯の損傷を修復する能力があります。

脊柱管狭窄症 ツボ

出典:ツボ単

これらのツボを刺激した後、再度腰部脊柱管狭窄症痛みのチェックを行い少しでも改善していれば成功です。

改善していなくても我慢強く継続することが重要になります。

毎日飲むお薬だと思って刺激しましょう。

まとめ

今回のセルフケアはツボを使用しますが、場所がわかりづらければ手の平全体でツボを覆って皮膚が動く程度の圧力でマッサージするだけでも十分効果があります。

重要なのは、忘れてもいいので継続することです。

数か月は継続しましょう。

整体に行く余裕のある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。


中野の整体ならお任せ!
中野駅南口徒歩3分 猫背・姿勢矯正で痛み・痺れ、こりを改善!もりもと整体
【営業時間】10:00~20:00
【最終受付】19:00※完全予約制
【定休日】火、日、祝
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)