腸もみ

腸内フローラが注目され腸もみがもの凄く流行っています。

腸もみは内臓疾患などがない限り非常に効果的です。

東洋医学では、腹診といって、お腹から全身の状態を診断する技術が大昔からあり、今に受け継がれています。

しかし、腸もみは痛い、揉み返しがきたなどの声もあり、果たして腸もみがどれ程効果があるのか疑問な方もいらっしゃいます。

そこで、今回は、プロの視点からみた腸もみの効果や弊害、更に一人でできる腸もみの正しいやり方をお伝えしようと思います。

どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)

腸もみとは?

西洋医学的には、小腸、大腸の総称を腸と呼びますが、腸は、常に蠕動運動といって、自分で動きながら食物を消化し、移動させています。

四六時中食べている人間の腸は当然働きすぎでどんどん疲労が溜まっていき蠕動運動も鈍ってきます。

これを改善させるのが、腸もみです。

腸をもむことにより、腸の疲労を取り除き蠕動運動を復活させることが目的です。

東洋医学的には、お腹は、各臓器の反射点があり、お腹だけで、肺、大腸、心、小腸、肝、胆、腎、膀胱、脾、胃、心包、三焦の故障を改善することもできます。

腸もみと名が付きますが、実は、内臓機能全般を高める効果がある素晴らしい方法なのです。

腸もみの効果

腸もみ 効果

便秘解消

腸もみにより腸の動きが活性化されることにより、停滞していた便も動き便秘解消に繋がります。

ダイエット効果

腸は食物を分解、吸収しますが、これが上手く行かないと全身の代謝が悪くなりますので、水太りになったり、便がたまりお腹が出たり、代謝が悪いため脂肪が溜まりやすくなります。

冷え解消

腸が上手く動いてくれれば栄養の消化、吸収も上手く行き、血流なども増えますので、循環がよくなり冷えが解消されます。

免疫アップ

腸には、免疫器官があり、腸もみをすることにより、免疫器官が刺激され活性化しますので、免疫アップにつながります。

内臓下垂を改善

内臓自体が疲れてくると重力の影響で内臓はどんどん下に垂れてきて姿勢も悪くなります。内臓機能をアップすることで内臓下垂も少しずつ改善していきます。

姿勢改善

姿勢が悪いのは骨格の歪みや筋肉の硬さが原因だと思っていませんか?東洋医学的には内臓の状態は全身に反映されます。内臓の調子が悪ければ姿勢が悪くなります。お腹が痛くなったとき丸まってしまうのと似たような原理です。

精神安定

腸は、自律神経とも繋がっていますので、腸もみをすることにより、自律神経が刺激され精神が安定してきます。最近の研究では、腸もみが鬱に効くというデータもあります。

内臓全体の活性化

東洋医学的に、小腸は心、大腸は肺と表裏の関係になっています。つまりもの凄く簡潔に説明すると小腸と大腸が良くなれば心臓と肺もよくなるということで、内臓全体に良い影響を及ぼします。

腸もみの危険性

腸もみ 危険

痛み

腸もみはお腹にかなりの圧力をかけてやることが多いので、痛みが出ることが多々あります。特に自律神経が興奮している人は、お腹全体が痛いので、かなり苦しいかもしれません。

揉み返し

お腹深く圧力をかけることで表層の筋膜や筋肉が傷つき揉み返しのようになることがあります。

自律神経が乱れる

下手な施術者がやると不快で本来は自律神経が整うものが乱れて不快になることがあります。

1人でプロ並み!腸もみの正しいやり方

腸もみは難しくはありません。ギューギュー押す必要もありません。

腸の状態は、皮膚に出ますので、逆に皮膚をほぐすことにより、腸もほぐれるのです。

やり方

1 仰向けでリラックスする
2 お腹全体を少し強めに押していき固そうな所、圧痛がある所を調べる
3 お腹全体を時計回りに皮膚を動かすくらいの軽い圧力でさする
4 全体がほぐれてきたら先ほどの固い所、圧痛の部分を重点的にさする
5 再度、固い所、圧痛を調べ少しでも改善されていれば成功

これだけです。寝る前に3分間程度で十分です。腸もみは腸だけだと捉えがちですが、お腹全体を行った方が大きな効果がでます。

腸に病気がある方や、少しでも押して痛みがある方は、圧痛、コリチェックは外してお腹をさするだけで十分です。

東洋医学では、お腹は内臓の診断場所であり、治療はツボなどを使用します。ギューギュー押すのは最初のコリや圧痛をチェックする時だけなのです。

後は、皮膚を通して内臓を刺激し、状態を改善していきます。

これだけで、世間のプロの腸もみと同じ効果が得られます。

腸もみという名称ですが、腸だけをもむのではなく内臓全体を一塊として捉えます。

内臓は常にチームプレーで動いているので、腸だけを単独でもむということはありえません。

全ての内臓あってこその腸なのです。

腸もみは素晴らしい効果を発揮する

筆者は毎晩寝る前に腸もみをしていますが、素晴らしい効果を発揮します。

例えば腰痛や肩こりなどの痛みや飲みすぎ、体のだるさなどの不調の時に腸もみをするとその場で不快感が取れるわけではないのですが、次の日が非常に快調になります。

これは、内臓機能が高まることにより、自然治癒力がアップしたり、血流、リンパの流れが活発になり炎症を抑えたり免疫が上がったりするためです。

病院で異常がないのにも関わらず不調が続いている場合は、腸もみをすることで改善する場合があります。

実際の整体は腸もみをするの?

腸を直接マッサージしたり揉んだりはしない

当整体院の場合は、2~3キロの圧力でお腹を軽く押し硬さや圧痛を確認します。

その後に、お腹の各場所に対応するツボを刺激しお腹を触らず硬さや圧痛を取り除いていきます。

直接お腹のツボを軽く刺激することもありますが、強く押したり、揉んだりはしません。

腸もみQ&A

お腹を押すと痛いのですが、腸もみはやって大丈夫ですか?
今回ご紹介した腸もみであれば安心ですので、大丈夫です。あまりにも痛みがある場合は、医療機関を受診しましょう。
妊娠中ですが、腸もみは行っても大丈夫ですか?
今回ご紹介した方法であれば大丈夫ですが、不快感などがある場合は、中止しましょう。
ダイエットにも効果はありますか?
継続することで効果が出てきます。暴飲暴食が食習慣の方は、その習慣も止まっていくはずです。継続が一番重要です。
強い腸もみは危険ですか?
当院では危険だと考えています。例えば胃潰瘍があった場合でも痛みがない方がいます。そのような場合に強い刺激を加えるとひどくなる場合があります。
便秘を改善したい・・・
便秘は腸の活動の停滞や内臓下垂が原因です。毎日腸もみを行い腸内環境を改善させる必要があります。根気よく行いましょう。
姿勢改善したいです。
姿勢改善も積極的な腸もみを行いましょう。筋肉や骨格をいくら良くしても内臓自体が弱っているとまた元に戻ってしまうからです。

 

まとめ

腸もみという言葉で腸のみ注目されていますが、実際は内臓全体で共同作業をしており、腸もみも本来は、内臓全体を一塊として捉えなければなりません。

また、腸もみがいくら体にいいからといって、強すぎる刺激は弊害にもなります。

今回ご紹介した腸もみ方法であれば、弊害は起こりませんし、何より自分の手を使うので安心です。

まずは、寝る前の3分間だけ、1ヶ月続けてみてください。

体の調子がどんどん変わってくるはずです。

1番大事なのは、多少忘れてもいいですから、継続して行うことです。

是非、お試しください。

整体のツボ刺激による不思議な腸もみにご興味ある方は下記をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てると幸いです。


どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)