椎間板ヘルニア イメージ

近年増えてきているのが椎間板ヘルニアですが、手術をしても良好と人と変わらない人もいます。

また、椎間板ヘルニア自体は痛みの原因ではないとされる昨今のテレビ報道などもあり、情報は錯そうしています。

今回は、そんな椎間板ヘルニアの原因や対処法に加え整体は効果があるのか?といった突っ込んだ内容までお届けします。

どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)

目次

椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニア 画像

出典:医療法人財団岩井医療財団

背骨の骨と骨の間には、椎間板というゼリー状のクッションがあります。その一部が何らかの原因で飛び出てきてしまい神経を圧迫し、痛みや痺れを引きおこす。というのが一般的な見解ですが、実は、最近の研究では、椎間板ヘルニアを起こしていても痛みや痺れが発症していない人が大多数いるということです。

つまりお医者さんに行ってMRIを取れば椎間板ヘルニアであって痛みも痺れも出ているが必ずしも椎間板ヘルニアが痛みや痺れの原因ではないということになります。

原因を探し出すことが重要になってきます。

椎間板ヘルニアの症状

以下の症状はあくまで目安であり、症状があるからと言って必ず椎間板ヘルニアではありません。坐骨神経痛とも症状が似ています。正確な診断は医療機関を受診するようにしましょう。

初期

・足の裏側(ハムストリング、お尻)などの軽いひきつれ、違和感

・軽い腰痛

中期

・足の裏側(ハムストリング、お尻)の痛み、痺れ

・かなりの腰痛

・浮腫み

末期

・まともに歩けない

・足の裏側(ハムストリング、お尻)の激痛

・寝ている間にもジンジン痛む

・ごくまれに排尿障害

椎間板ヘルニアの西洋医学視点の原因

西洋医学ではあまり椎間板ヘルニアの原因について語られることは少ないようですが以下をご紹介します。

姿勢不良

悪い姿勢が長年続くと椎間板ヘルニアの原因になるとされています。

同じ動き

仕事などで同じ動きをしていると椎間板ヘルニアの原因になるとされています。

ストレス

最近では腰痛とストレスの関係性もわかってきたようです。

椎間板ヘルニアの整体視点の原因

整体はもっと細かく原因を見つめていきます。

骨格の捻じれ

ビルが倒壊する時捻じれながら倒壊することをご存知でしょうか?

背骨は、ビルと同じで、積み重なっている構造です。

特に捻じれの動きには弱く、背骨が捻じれると椎間板が飛び出てくることがあります。

筋肉の固さ

姿勢不良、同じ動作の繰り返しの方で多いのが筋肉の固さと左右のアンバランスです。

筋肉が固いと関節が圧迫される上、そこに左右差が加わると捻じれてしまいます。

妊娠、出産

妊娠、出産は体が大きく変化します。

特に骨盤は開き、ホルモンの影響で骨盤を支えている靭帯は一時的に柔らかくなり、骨格そのものが歪みやすくなります。

椎間板ヘルニアになりやすい環境と言えます。

内臓の異常

東洋医学は全ての病の始まりは五臓つまり、肝、心、脾、腎、肺から始まると言われています。

もっと簡単に考えれば食べ過ぎた時に胃が重くなり前かがみになってしまいますね。

胃への負担が姿勢を変えてしまっているのです。

内臓の影響力は凄く五臓が乱れれば骨格の歪みを生じます。

椎間板ヘルニアは特に腎の働きが弱り腹圧が弱くなり起こることが多いです。

椎間板ヘルニアのチェック方法

椎間板ヘルニアの簡易的なチェック方法です。あくまで参考程度としてください。

椎間板ヘルニアチェックSLRテストと言います。

仰向けになり、膝を伸ばしたまま足をあげていき、70°未満で痛みや痺れが出る場合は椎間板ヘルニアを疑います。


出典:A.T長島治療院

椎間板ヘルニアの予防法、養生法

椎間板ヘルニア 予防

椎間板ヘルニアは当り前のことを注意するだけで予防でき、更にすでになってしまった場合でも回復を早めることができます。改めて自分自身の体を見直してみましょう。

日常の癖

無用な骨格の歪みはなるべく避けるべきです。無意識に行う足組みや片足荷重、女の子座り、アヒル座り等などが骨格の歪みを引き起こします。自分の癖は常に監視し正すようにしましょう。

細めに動く

事務作業やパソコン作業が多い方は必ず骨格の歪みは生まれます。しかし、細めに動くことにより、歪みはリセットできます。ここでいう動きというのは、運動ではなく、「あ~」と伸びるような動作のことです。

冷やさない

椎間板ヘルニアの方は東洋医学的に腎が弱く冷えに弱い体質です。代謝が低いので元々冷えやすく内臓の機能も低下します。特に下腹部は冷えやすいので、冷やさないように心がけると内臓の機能低下を防げます。

寝方

体を捻じらない寝方が重要です。特に横向きになった時は上の足が下の足の前に出て捻じった状態にならないようにしましょう。上の足の下に抱き枕などをかませて捻じらないように工夫します。

ソファーなどで寝ない

ソファーなどの柔らかすぎる素材は体が沈み込み骨格が異常な状態になります。眠る時は必ず布団で寝ましょう。

椎間板ヘルニアの対処法

温めるか冷やすか

夜寝ている時にジンジン痛む、熱感がある、安静にしていても痛む場合は冷やし、動いた時のみ痛い場合は、温めます。

分からない場合はどちらかを試してみて痛みが和らぐ方を採用します。

安静にする

スポーツなどをしている場合は、一旦中止し安静を守りましょう。

ここで無理をすると悪化する場合があります。

病院へ行く

自己判断はせずに病院で画像診断をしてもらいましょう。

椎間板ヘルニアでやってはダメなこと

椎間板ヘルニア やってはダメなこと

以下は夜寝ている時でもジンジンする場合、触ると熱感がある場合の状態です。

ストレッチ

炎症が起きている時にストレッチをすると炎症が悪化します。ストレッチなどは、痛みが落ち着いている時にしましょう。

温める

温めるのは、炎症が収まってからです。氷などでは体全体が冷えてしまうので、冷えピタなどを貼って熱を抜いても良いでしょう。

患部のマッサージ、指圧

痛い場所を強い圧力でマッサージや指圧をすると余計にひどくなってしまいます。患部は触らないことが基本です。

以上つい行ってしまいがちですが、気を付けるようにしましょう。

椎間板ヘルニアに整体は効果的か?

背骨の歪み、筋肉の固さが原因のものであれば効果的

椎間板ヘルニアであってもヘルニア自体が痛みの原因になっていない場合は多数存在します。

背骨の歪みや筋肉の固さが痛みの原因の場合は、非常に整体が効果的です。

飛び出た椎間板の一部を元に戻すことはできない

飛び出た椎間板の一部はMRIで時間が経てば体内吸収や元に戻るようなことが確認されているようですが、数年単位の話になるようです。

整体では、骨格の捻じれや筋肉の固さを取るのは得意ですが、飛び出た椎間板の一部を元に戻す力はありません。

隠れた病気の場合は専門医の指示に従う

椎間板ヘルニアの影に隠れて違う病気が進行している場合があります。

これは医療機関での治療が必要です。

椎間板ヘルニアは通わなければいけないのか?

痛みが取れるまでは必要

椎間板ヘルニアは慢性化した症状です。

痛みが取れるまでは継続が必要です。

痛みが出づらい体にしたい場合は、定期的にメンテナンスが必要

痛みが改善した後に月1回くらいのペースで継続すると体の良い状態が維持できます。

クライアントさん次第

どこまで通うかはクライアントさんの目的次第であり、決めるのはクライアントさんです。

こちらから強制することはありません。

椎間板ヘルニアはどうやって整体をするの?

歪みチェック

人の体は一つの骨が歪めば全身が連動して歪むようになっています。

椎間板ヘルニアだからと言って腰ばかりをやっても改善しないのはそれが理由です。

そのため立位や座位で肩の高さ、骨盤、肋骨の左右差、脚長差、姿勢などをチェックし全身の状態を把握します。

椎間板ヘルニアは特に肋骨の捻じれ、背骨の捻じれなどが関連してきますので合わせてチェックします。

強押し、バキボキはしない

うつ伏せ、仰向けにてまず、骨格の歪み、筋肉の固さを歪みチェックに従って取り除いていきます。

強押し、バキボキなどの負担がかかる技術は一切使用しません。

最終的に腰部の状態を改善していきます。

座位や立位で調整することもある

寝た状態で痛みが改善しても座ったり、立ったりすと痛みが出る場合があります。

日常生活は座ったり、立ったりすることの連続です。

日常生活動作で調整することで、痛みの改善の効果が全く違ってきます。

ツボを使用すると不思議な効果も

椎間板ヘルニアは患部の炎症、変形などが付随している場合があります。

通常の整体であるとこれらには対応できませんが、ツボを使用することで遠隔からアプローチすることができます。

椎間板ヘルニアの素朴なギモン!

運動を再開したい
気持ちはわかりますが、痛みがある内は我慢しましょう。まずは、炎症を抑えていくことが重要です。
痛みが強い時に風呂は浸かった方が楽になる?
酷くなる場合がありますので、そのような時は入浴を避け体を休めましょう。
病院は行った方がいいの?
痛みは椎間板ヘルニアの影響で起こることもありますが、他の病気で出る場合もあります。それらは医療機関でないとわかりませんので、受診しましょう。
仕事を休めない
サポーター、コルセットなどを活用し腰への負担をなるべく軽減させながら行いましょう。ジンジンした痛み、安静時痛がある場合は、家に帰ったら冷やして炎症を取り除くことも必要です。
自分でマッサージしてもいい?
ジンジンした痛み、安静時痛が無ければ大丈夫ですが、急性期は辞めておきましょう。
整体に行く余裕がない
椎間板ヘルニアのセルフケアをご参考にされてください。

 

まとめ

椎間板ヘルニアの疑いがある時は、まず医療機関を受診した上で自分の体の状態をしっかりと把握することが重要です。

安静時痛、夜間痛がある場合は、温める、ストレッチ、マッサージなどは控え冷やして炎症を取ることを念頭に置きます。

安静時痛、夜間痛が取れたら、積極的に温めたり、ストレッチ、マッサージなどをすると血流が巡り改善も早くなります。

整体に行く余裕のある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。


どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)