ツボ押しは昔から様々な参考書籍がありますが、押し方が様々であり、どれがいいのか迷う場合があると思います。

また、細かい押し方を書いてくれるのはいいのですが、複雑すぎて途中で断念する場合もあるでしょう。

本来、ツボは、押し方よりも反応が出ている場所を押すことの方が大事であり、押し方はとてもシンプルで簡単です。

今回は、ツボ押しを迷っている方のために、確実に効果がでるツボの場所の探り方とシンプルで簡単な押し方をご紹介したいと思います。

ツボとは?

東洋医学では、経穴といい、経穴を結んだ線が経絡と言います。経絡は俗に言うスジというものがそうです。

ツボを押すことにより、押した所と全く関係ない所の痛みが取れたり、内臓の調整が出来たりする古人が経験から発見した素晴らしいものです。

ツボは効果があるのか?

ツボは一応位置は決まっていますが、反応がある所を押さないと効きません。反応がある場所とは、圧痛や固さがある所です。

ツボが効果がない方はこの位置取りを細かくやりすぎ反応のある場所を見失っている場合がほとんどです。

反応があるツボを押すと威力絶大なのがツボです。

ツボの探し方

ツボは機械で言うセンサーです。異常がない限り反応しません。

異常がある部分には、痛みや硬さとなって反応が起きます。

ツボの大まかな位置がわかったら、その周辺を探り痛みや硬さを探しましょう。

それこそが本当の生きたツボになります。

本などを見ながら細かく押したとしても反応がなければ意味がありません。

ツボの押し方

ツボの押し方は、指圧のように反復したり、グリグリ動かしたり、指を当てているだけだったりと色々ありますが、シンプルでとても効果のある押し方があります。

1 ツボに人差し指か中指を突き立てます
2 ツボに当たると響いたり、痛みがあったり、とても固かったりするので、そのまま持続して圧を加えます。この時の圧は、一定で強くしたり、弱くしたりはしません
3 30秒~90秒くらい押していると痛みが減ってきますので、その時点で終了です

これだけです。非常に簡単です。

よく親指で押さえますが、親指は大きすぎて中々ツボに当たらないので、人差し指か中指の先端がベストです。無理なのであれば、親指でも大丈夫です。

ツボが指先で押せない場合

筋肉の病気などを抱えていると指先で押せない方も多いと思います。

その場合は、道具を使ってもいいですし、自分でやりたい場合はツボ付近に手の平を乗せ皮膚を動かす程度の軽い圧で2~3分皮膚マッサージをするだけでも十分効果があります。

ピンポイントでツボを押す場合よりも時間は長くやる必要はあります。

ツボを押す注意点

強すぎない

あまり強く押すと揉み返しになりますので、ほどほどに押すことが大事です。痛気持ちいい程度に留めておくのがベストです。

場所を気にしない

ツボの大体の場所がわかったらその周辺を探り痛い所や固い所をツボとします。細かい場所にはこだわる必要はありません。

継続する

ツボはプロがやれば、即効性がある特効薬のような働きをすることがありますが、それは少し技術がいります。

お家でやる場合は毎日1分でもいいのでツボを押してもらい体の調子を整えることが重要です。

まとめ

ツボ押しは本当、お勧めです。

日常生活の不調などを改善するだけでなく、押した場所の反応により、今自分の体がどこが悪いのかもわかります。

難しく考えず大雑把でも十分効果がありますので、継続してみてください。

既にツボ押しをやっている方はツボの位置ではなく、ツボの反応している場所を今一度探ってみてください。

本来のツボの位置とは大きくズレている場合がありますが、その場所があなたにとってのツボなので気にしないことです。

是非良いツボ押しで良い人生を手に入れてください。


どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)