スポーツパフォーマンスイメージ画像

スポーツマンのパフォーマンスにとって実は指先というのは非常に重要になります。

足裏などの下半身はスポーツマンも意識はしていますが、手の指先は意識していないと思います。

今回は、パフォーマンス向上のために必要な簡単な指のメンテナンス方法をお伝えし、その驚異的な効果をご紹介したいと思います。

指先とパフォーマンス向上と何が関係あるのか?

どんな競技でも指先は使います。

野球、バスケ、テニス、バドミントン、水泳etc・・・

指先を使い続けると当然固くなりますが、東洋医学的には、指先、手首、肘周辺には非常に重要なツボがたくさんあります。

つまり、指先が固くなると全身も固くなり本来のパフォーマンスを発揮できなくなることがあるのです。

また、バスケのシュートや卓球、ダーツなどの手首の細かい動きが重要な場合は特に指先の捻じれや硬さが手首の固さや捻じれを生みミリ単位の精度で狂ってしまう場合もあります。

指のストレッチはやっているけど・・・

ストレッチは良いものですが、「面」でのアプローチになります。

指先をケアするときはより細かくチェックしながら行う必要があります。

また、硬いものをいきなりストレッチで伸ばすと筋は良い影響は受けません。

ストレッチを行う前に今回のメンテナンスをするとストレッチをしやすくなるはずです。

指先メンテナンスの注意点

今回の指先メンテナンスは非常に簡単な方法です。

まず効果を実感してもらうためスポーツの前や動作の前に指先だけメンテナンスし動いてみてください。

効果の違いがわかるはずです。

効果がわからなくても「継続」することにより、効果は必ず出て来ますので実践してください。

1回の時間や量を増やすよりも「期間」が重要です。

毎日出来なければ週に2~3日でも良いですし、忘れてもいいので「数か月」のスパンで継続してください。

一生涯使えるメンテナンスでもあります。

スポーツマンはトレーニングと同じくらいメンテナンスが重要です。

一般人よりも体は強いですが、その分激しいトレーニング、非日常の過剰な動作で体には負担がかかっています。

それらをケアしていかないとケガの原因やパフォーマンス低下の原因となります。

アスリートのための指先ケアの方法動画

最後に

指先をケアしてパフォーマンス向上なんて信じられないとおっしゃる方もいるでしょうが、まずは試してみて自分の体で実感してみてください。

スポーツマンは常に自分の体を向上させる手段を探しています。

どうしても体を鍛えるトレーニングに目が行きがちですが、体をケアしてこそ本来のパフォーマンスが戻ってきます。

本来のパフォーマンスを取り戻してからがトレーニングの出番なのです。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *