スポーツマン腸もみイメージ画像

東京オリンピックも決まりスポーツをやろうとする方も増えているでしょう。

その背景にはスポーツマンは健康で内臓も強いというイメージが先行していることも影響しているようです。

しかし、実はスポーツマンが必ずしも内臓が強いかというとそうではありません。

逆にスポーツマンの方が風邪を引きやすかったり、内臓の問題を抱えている場合も少なくありません。

今回は、内臓を非常に簡単に強くする腸もみの方法をご紹介していきます。

なぜスポーツマンの内臓が強くないと言えるのか?

スポーツマンは基本的にある程度の心肺機能を持ち、激しいスポーツの負荷に耐えられ、あらゆる環境、ストレスなどの耐えていますので基本的な性能は一般人よりは上です。

しかし、長年のダメージは蓄積されます。

元々強い内臓を持っていてもダメージの蓄積で回復が遅くなったり、内臓機能が低下を起こしたりしてきます。

この頃になると昔引かなかった風邪をよく引くようになったり、筋肉痛の回復が遅くなったり、メンタルの調子が下がったりといった症状が出てきます。

スポーツマンはそれらを気合いやトレーニングで払拭しようとしますが、それでは余計にダメージが蓄積してしまいます。

人の健康にスポーツは本来必要ない?

野生動物はわざわざ激しいトレーニングや無駄な動きをしません。

肉食動物であれば「狩り」に向けて体をしっかりと休めます。

動物園では逆に、動かな過ぎてストレスが溜まるため程よい運動を出来るような構造になっています。

程よい運動は、血流、リンパの流れを促し、疲労物質を流し、筋肉運動に最適です。

しかし、激しすぎるトレーニングは筋繊維の損傷、心肺機能への過剰な負担、自律神経のアンバランスによる内臓への負担、激しいトレーニングへのストレスなどを生み出しとても正常とは言えません。

トップアスリートはそれを良くわかっていますので、トレーナーを雇いしっかりとメンテナンスしたり休暇日はしっかりと休みます。

スポーツマンであればアマチュア、プロ、大人、子供関係なくメンテナンスが必要です。

内臓機能にはかなりの負荷がかかっていますので、内臓へ直接アプローチする腸もみを是非寝る前に行いましょう。

最後に

メンテナンスの重要性は日本は後進国です。

欧米では積極的休息を取りつつ、トレーニングする時は非常に激しいトレーニングを行います。

内臓にとって良くないのはダラダラとした継続的な負荷が一番好ましくありません。

継続的な負荷は終わりのないマラソンをしているようなものです。

もしあなたが、スランプや体の不調を抱えているのであれば、今回の腸もみを強くお勧め致します。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *