足底筋膜炎(足底腱膜炎)イメージ画像

足底筋膜炎(足底腱膜炎)で剥離骨折や炎症を伴っている場合は、患部を刺激できません。

しかし、東洋医学のツボを用いれば遠隔より痛みのコントロールができます。

是非、保存療法に加えて今回のセルフケアを取り入れてみてください。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)について詳しく知りたい方はこちら⇒足底筋膜炎(足底腱膜炎)の原因と予防法・整体は効果的なのか?

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *

足底筋膜炎(足底腱膜炎)のセルフケア

医療機関を受診した上で自宅でのセルフケアとしてお試しください。

1 ツボ押しセルフ整体

以下のツボを1か所につき40秒くらい刺激しましょう。

ツボの位置は適当でいいので、ゴリゴリや圧痛があるような所を指圧のようにじーっと押したまま刺激します。

痛い程やる必要はなく心地良い程度に留めましょう。

曲池

肘を曲げた時に出来るしわの外側で肘を伸ばすと固さがある部分です。東洋医学的には、炎症とつくものは、全て免疫機能の低下とされています。各所に病原菌が侵入し、筋肉を固くしている場合があるので、免疫を上げることで、症状を改善していきます。特にスポーツ選手は普段からの激しい運動で内臓に負担をかけ、免疫は下がりやすい体質になっていますので、ツボ刺激で改善させる必要があります。

足底筋膜炎 ツボ

陽陵泉

膝の外側下辺りにある出っ張った骨(腓骨頭)のすぐ下辺りにあるゴリゴリです。筋会と呼ばれ筋肉、靭帯などの疾患に効果があり、更に骨格の捻じれを整える効果もあります。

足底筋膜炎 ツボ

太谿

内側くるぶしのすぐ後ろにあるゴリゴリです。腎臓を整えるツボで、腎臓が整えば足裏も整います。

足底筋膜炎 ツボ

足底筋膜炎(足底腱膜炎)では痛さを我慢しながら足裏を触る方法もありますが、炎症がひどくなるだけです。

基本的には、足裏は触らず原因を取り除くことで足底筋膜炎(足底腱膜炎)を改善しなければなりません。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)のセルフ整体動画版

新しく効果のあった次のツボを追加してください。

まとめ

ツボの位置がわかりづらいかもしれませんが、そのような場合は、ツボを手の平で覆い皮膚が動くくらいの優しい圧力で刺激するだけでも十分な効果が得られます。

上手くいけばその場で痛みが軽減する場合もありますが、軽減しない場合も多々あります。

しかし、長く継続することが大事なので毎日でなくてもいいので、続けていきましょう。

整体に行く余裕のある方は下記をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *