腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は高齢者が大半を占めます。そのため

「年だから仕方ない」

と諦める人が多くいます。

主に腰部が多いですが、首にも多い症状です。今回は、腰部脊柱管狭窄症を取り上げ、原因や予防法、また整体は効果があるのか?といった突っ込んだ内容までお届けします。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *

腰部脊柱管狭窄症とは?

腰部脊柱管狭窄症とは

背骨の隙間が狭くなったり、ひどい方になると背骨そのものが潰れてしまったり、骨が変形した結果、背骨の中にある脊柱管が圧迫され、神経障害などが出る症状です。

痛みより、痺れの方が顕著であり、神経が圧迫されているため少し歩くとすぐに休まなければならない間欠跛行やびっこになることが多いのが特徴です。

腰部脊柱管狭窄症の症状

あくまで参考症状であり、診断は医療機関をで行うようにしましょう。

立ったり、歩いたりすると痺れ

座っている時や、腰を前に曲げた時は、楽ですが、立ったり、歩いたりすると痺れが増します。

背筋が伸ばせない

腰が痛むため背筋をまっすぐにすることができません。

間欠性跛行

少し歩くと痺れや痛みが増し、すぐに休まなければいけない症状です。

びっこ

痺れが強くなるとまともに歩けずびっこになる場合があります。

筋力低下

下肢の神経が圧迫されているので、筋力低下が起こり、足の筋力が衰えたり、骨盤底筋などの衰えで尿漏れなどを起こすこともあります。

腰部脊柱管狭窄症の見分け方

腰部脊柱管狭窄症 チェック方法

出典:ファースト接骨院

あくまで目安程度としてください。

前屈し痛みや痺れが楽になり、後屈し痛みや痺れが増せば腰部脊柱管狭窄症の可能性があります。

正確な診断は医療機関で行ってください。

腰部脊柱管狭窄症の西洋医学視点の原因

加齢

加齢により、椎間板が変形したり、靭帯が肥厚したりし神経を圧迫し腰部脊柱管狭窄症の症状がでると考えられています。

すべり症

すべり症を起こすと椎間板が狭窄する場合があります。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアと同時に狭窄する場合や手術などの影響で狭窄する場合があります。

腰部脊柱管狭窄症の整体視点の原因

腰部脊柱管狭窄症でも症状が出るもの出ないものがあります。

整体では総合的に全身のバランスを見ます。

背骨の捻じれ

建物が倒壊する時は捻じれながら倒壊します。人間の構造は捻じれには非常に弱い構造になっています。

日常の癖などの積み重ねで背骨が捻じれていると年を取り筋力が弱まった時に建物が倒壊するのと似たような状態が起こります。

筋肉の反射速度

骨を支えるのは筋肉ですが、問題なのは、筋肉量ではなく筋肉の反射速度の速さです。

筋肉の反射速度が遅ければどんな行動してもその衝撃はダイレクトに骨格に行ってしまいます。

骨格に衝撃が行けば簡単に骨格が歪んでしまいます。

逆に言えば普段体を動かしている人は、筋肉の反射も早く骨格も歪みにくい、歪んでも容易に自己矯正されると言えます。

適度な運動が筋肉の反射速度を保ちます。筋肉量はあまり問題ではありません。

内臓の不調和

内臓の不調和は外側に全て現れます。

その結果、骨格の歪みや捻じれを生みます。

内臓の不調和が腰部脊柱管狭窄症になる人とならない人の分かれ目となります。

腰部脊柱管狭窄症の予防法

腰部脊柱管狭窄症 予防

日常の癖に気を付ける

足を組む、片足荷重、アヒル座り、女の子座りなどの無意識にでる癖で骨格は容易に捻じれてしまいます。意識して気をつけましょう。

適度な運動をする

高齢になれば代謝も落ち、筋肉量も落ちるのは当然です。

老いというのは、自然の摂理であり、「死」がないと次の世代は育ちません。

生物上老いは自然なことです。後は、老いながらもどれくらいの生活の質を維持するか?です。

ウォーキングや趣味事を続けている方は痛みも少なく快適で、若々しいものです。

運動をし痛みがある人は、無理な運動をしすぎなのです。自分の体力にあったものを選択しましょう。

内臓を冷やさない

内臓を冷やすとその影響は筋肉の固さとなって現れます。

ぎっくり腰などは、寒い冬などに多いのはそのためです。

夏でもエアコンの効いた部屋だと冷えやすいためお腹周りだけはしっかりと布団をかけて寝ましょう。

腰部脊柱管狭窄症に整体は効果的か?

隠れた病気が無ければ効果的

脊柱管狭窄症の骨の変形は治りませんが、数ミリの骨格の捻じれや筋肉の固さなどのアンバランスを改善していくと痛みが軽減する場合が多くあります。

変形、靭帯肥厚、ヘルニアが治るわけではない

整体はあくまで骨格の歪み、筋肉の固さ、内臓疲労を取った結果痛みが軽減するものであり、変形、靭帯肥厚、ヘルニアなどが治るわけではありません。

何らかの病気が原因の場合は効果はない

脊柱管狭窄症ではなく病気が原因の場合は、病気自体を治さなければなりません。

専門医の指示に従いましょう。

腰部脊柱管狭窄症は通わなければいけないのか?

痛みがある程度軽減するまで必要

腰部脊柱管狭窄症は慢性のものですので、ある程度痛みが軽減するまでは通う必要があります。

痛みが出づらい体にしたい場合は、定期的にメンテナンスが必要

痛みが改善した後に月1回くらいのペースで継続すると体の良い状態が維持できます。

腰部脊柱管狭窄症はどうやって整体をするの?

全身の歪みチェック

まず、肩の高さ、肋骨、骨盤の左右差、脚長差、姿勢などをチェックします。

これらの左右差が大きいと体のある一定の部分だけに負担がかかりますので、良くありません。

強押し、バキボキはしない

強押し、バキボキのような危険な技術はしようせず、揺らしながら骨を押し込んだり、ツボで内臓疲労を調整したり、あらゆる技術を駆使しながらうつ伏せ、仰向けで全身のバランスを調整します。

重症者の場合は、全身の歪みチェックは省き尾骨、仙骨、背骨ラインを徹底的に調整していきます。

クライアントさんの状況に応じて見極めた整体を行います。

座位での調整

寝た状態で痛みが改善しても座ったり、立ったりすと痛みが出る場合があります。

日常生活は座ったり、立ったりすることの連続です。

日常生活動作で調整することで、痛みの改善の効果が全く違ってきます。

炎症、靭帯損傷、骨のすり減りなどはツボで対応

症状を追いかける余裕のある場合は、ツボを使用して遠方より、症状を追いかけていきますが、クライアントさんの体力次第では行わない場合もあります。

腰部脊柱管狭窄症の素朴なギモン!

冷やした方がいいですか?
ぎっくり腰のような急性のものは冷やす方がいいですが、慢性のものは温めましょう。
無理にでも運動した方がいい?
人は歩く、立つ、座るで最低限の筋力を維持できます。無理な運動は避けできる動作から始めると良いでしょう。
ストレッチをして痛みが増す、不快など無ければ行ってもよいと思います。ただし、伸ばしすぎは筋繊維を痛めますので気持ちいい程度に留めましょう。
カイロなどは貼っていい?
問題ありません。低温火傷などには注意しましょう。
足の筋力が減ってきた
立つと痛みがでると思いますので、座った状態で足を上げ下げするなどして筋力低下をなるべく防止すると良いでしょう。リハビリと似ています。
整体に行く余裕がありません
腰部脊柱管狭窄症のセルフケアをご参考にされてください。

 

まとめ

腰部脊柱管狭窄症の疑いのある方は自己判断をせずまずは医療機関を受診ししっかりと診てもらいましょう。

医師の指示には従いながら痛みがなるべく出ない範囲で体を動かしたりし筋力低下を防ぎます。

痛みを我慢してまで運動する必要はなく痛みと相談しながら無理のない範囲で動くようにします。

腰部脊柱管狭窄症の整体にご興味ある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *