背骨(脊椎)は大事と漠然と認識している人が多いですが、その仕組みや重要性に触れる機会は少ないでしょう。

整体においても背骨(脊椎)を大切にしている流派が圧倒的です。

今回は、どんな人にもわかるようにシンプル、簡単に背骨(脊椎)の仕組みを解説していきたいと思います。

背骨(脊椎)の構造

脊椎の数

首(頸椎)7個、胸(胸椎)12個、腰(腰椎)5個、仙骨(仙椎)5個、しっぽ(尾椎)3~5個の計32~34個存在します。

脊椎の細かい構造

背中に手を回し触れる突起を(棘突起)といい、背骨1本1本自体を椎骨と呼びます。椎骨1本1本には穴が開いており(椎間孔)この穴を神経が通り、手足などの末端へ伸びます。

第2頸椎~第5腰椎までは、背骨と背骨の間には、軟骨(椎間板)があり、椎間板は、ゼリー状の物質で背骨のクッションの役割を果たします。加齢に伴い弾力性が無くなり、体積も減るため、クッション性が減っていくのも特徴です。

椎間板が飛び出したりする病気が椎間板ヘルニアです。

背骨(脊椎)の役割

体の軸

背骨は体のど真ん中に位置する骨であり、32~34個の骨ががっしり支えていますので、体重をしっかり支え、軸を作る部分になります。試しに背骨を横にずらしてみてください。軸がズレまともに歩けなくなるのがおわかり頂けるかと思います。

衝撃吸収

背骨は横から見ると真っ直ぐではありません。少し湾曲しているのが正常です。この湾曲がないと歩いた時やスポーツをした時の衝撃を吸収できません。バネのような役割を果たすのも背骨です。

姿勢保持

背骨が丸まると猫背、反ると反り腰、2つミックスされる反り腰猫背、横にずれたり、捻じれると側弯症、首の湾曲が無くなるとストレートネックなど背骨の形で姿勢全てが決まってきます。

神経保護

背骨の中には、重要神経がたくさん入っています。脊髄損傷をすると歩けなくなる方がたくさんいることはご存知だと思いますが、神経を守る働きもあるのが、背骨です。

背骨(脊椎)にかかる負荷

一番負荷がかかるのが腰骨である腰椎です。立位時には、常に100kg、腰を20℃傾けるだけで、150kg程度の負荷になります。中腰姿勢が一番負荷がかかるわけです。これは体重の重さによっても変わってきますので、体が重い人程腰椎にかかる負荷は大きいと言えます。

首の骨である頸椎の負荷はスマホをいじるうつ向け角度だと30kg程度の負荷だと言われています。真正面を向いている時の負荷が5~6kg程度です。スマホの姿勢がいかに頸椎に負担をかけるか想像に固くないですね。

まとめ

改めて今回、背骨の役割について簡潔にまとめてみました。

なるべく専門用語を省きましたので、わかりやすくご理解頂けたかなと思います。

背骨は、ツボや神経が密集している所で整体や他の療術でももの凄く重要視する所です。

今回の知識があれば、病院などの説明や治療院の説明もある程度理解しやすいと思います。

病院や治療院での説明は専門用語ばかりとなり、患者さんにとっての説明がなされていません。

改善するには時間がかかりますので、患者側が少し人間の構造を理解すれば、ミスマッチを防ぐことにもなると思います。

ご質問や疑問点はお気軽にお問合せください。


中野の整体ならお任せ!
中野駅南口徒歩3分 猫背・姿勢矯正で痛み・痺れ、こりを改善!もりもと整体
【営業時間】10:00~20:00
【最終受付】19:00※完全予約制
【定休日】火、日、祝
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)