男性にはわからない世界の一つが女性の生理でしょう。

生理の軽い、重い、生理が来ない、生理不順などの悩みは女性にとって非常に大きな問題の一つです。

そこで今回は、生理を安定させるツボをお伝えしていこうと思います。

非常に簡単な方法なので是非お役立てください。

生理不順、生理が来ない理由

様々な理由がありますが、その中でも女性ホルモンの減少、自律神経の乱れが大きな要因を締めます。

今回は、女性ホルモンの分泌を促すツボと全身の循環を良くするツボをお伝えします。

生理の重要性

生理は子宮の中の剥がれ落ちる内膜を出す働きをしています。

生理が来ないということは、古い内膜が溜まってしまう状態となります。

生命は新陳代謝を繰り返し絶えず古いものを出し、新しいものを取り入れ生命を維持しています。

生理周期が崩れると古いものが溜まったままとなり、体には良くありません。

健康的な生理周期、生理を取り戻せば本来のあなたが取り戻せるはずです。

ツボの刺激の仕方

ツボはピンポイントでその方にあった場所を刺激する必要があります。

しかし、中々一般の方にはわかりづらいと思いますので、手の平全体でツボを覆うように刺激すると良い結果がでます。

ツボを刺激する強さは皮膚が動くくらいの軽い圧力で十分です。

チェック方法

生理不順、生理が来ない人はへその下辺り、俗にいう下っ腹を押すと固い場合が多いのですが、まずは、下っ腹を押して固さをチェックしておきます。

そして、今回ご紹介するツボを刺激した後にもう一度下っ腹を押しましょう。

少しでも柔らかくなっていれば成功です。

ツボはいつ刺激すればいいのか?

夜寝る前がベストです。

夜寝る前に刺激しておけば、体の回復もスムーズになりますし、今回刺激するツボは副交感神経を刺激するので、良質な眠りも手に入ります。

時間にして1分程度で十分です。

ツボは即効性がありますが、長く継続することが重要です。

毎日でなくてもよいので数か月のスパンで継続してください。

まとめ

生理は女性にとってとても重要なものであり、生理不順を解消することにより、ホルモン分泌、自律神経が正常化し本来の自分を取り戻せます。

ツボは、細かい位置よりも外さないことが重要なので、手の平全体でツボを覆う感じで刺激し、長い期間継続する必要があります。

薬のように副作用はありませんので、無理のない範囲で続けられると良いでしょう。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *