産後 骨盤矯正

整体業者がどんどん増えてきているのがマタニティ整体、産後の骨盤矯正です。

しかし、妊婦さんや産後の女性にとってはそもそも産後の骨盤矯正が何なのか?必要なのか?受けて効果があるのか?といったことが非常に不安な点だと思います。

そこで今回は、それらの疑問にお答えし、産後の骨盤矯正の知識も同時にご紹介したいと思います。

どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)

産後の骨盤矯正とは?

産後の骨盤矯正 画像
出典:トコちゃんベルト冊子

一般的には、開いた骨盤を締めることが産後の骨盤矯正のように思われていますが、違います。

上の画像のように出産により、骨盤は大きく開きますが、それと同時に大きく左右に歪んでしまうものでもあります。

締めるだけでなく、左右の骨盤の歪みを治すことも含めて産後の骨盤矯正となります。

産後の骨盤矯正は必ず必要?

産後 骨盤矯正

必ずしも必要ではありません。

産後の開いた骨盤は時間と共に自然と元に戻ります。

自然に戻るのであれば無理に骨盤を締める必要はありません。

ただし、痛みが出ている方や、産後半年以上経っているのに産前のズボンなどが履けない方、産後にO脚がひどくなった方などは、産後の骨盤矯正を行うと改善できます。

産後の骨盤矯正を行う適正な時期

巷では産後1ヶ月後、1ヶ月以内、3ヶ月以内など色々言われていますが、痛みがない場合は、産後1ヶ月はお休みした上で受けてください。

痛みがある場合は、いつでも構いません。

半年以上経つと骨盤が締まりにくくなるなどと言われていますが、関係ありません。

骨盤が元の位置に戻りたがっていればいつでも骨盤矯正はできます。

産後の骨盤矯正の効果

産後 骨盤矯正

以下の効果は個人差があります。

履けないズボンが履ける

普通に考えれば出産すれば自然に出産前の体型に戻るのが普通です。しかし、近年多いのが骨盤が締まるのが途中で止まってしまっている人が多く、産前のズボンが履けない方もあまりにも多いのです。整体は骨盤が締まるのが途中で止まっている原因を取り去ります。そうすると骨盤は自然に締まる所まで締まります。

産後のO脚が改善する

産後にいきなりなったO脚であれば、骨盤矯正を行うと産前の脚に戻ります。

むくみの改善

産後は、代謝が悪くなっていますので、冷えたり、むくんだりしますが、それらが産後の骨盤矯正で体を正すことにより解消されます。

恥骨痛、尾骨痛が消える

産後でも妊娠中の恥骨痛、尾骨痛が継続している方がいます。そういう方は、全身調整をすれば痛みも消えていきます。

腰痛の改善

骨盤が開いているとお腹に力が入らず腰に負担がかかり腰痛になりますが、骨盤を締めることでお腹に自然に力が入るようになり、腰の痛みが改善します。

肩こりの改善

骨盤が開いたり、歪んだりしているとその影響は背骨を通じて肩まで現れます。骨盤の歪みを正せば背骨も整い肩こりが改善します。

顎関節症の改善

骨盤が歪むと顎にも影響が及びます。骨盤矯正をすることで、顎関節症が改善します。

尿漏れの改善

産後に尿漏れが収まらない方は多く、その原因は締まりきらない骨盤のため筋肉に力が入らないのが原因です。骨盤が締まれば自然に解消します。

産後に骨盤が歪む原因

産後 骨盤の歪み 原因

日常の癖

片足荷重、足組み、女の子座り、アヒル座り等で骨盤はすぐに歪んでしまいます。まずは、自分にどういう癖があるのかを把握し少しずつ改善していきましょう。

柔かいソファー

柔かすぎるソファーは尾骨や仙骨を圧迫してしまいます。尾骨、仙骨は、骨盤の中心部分なので、基本的には、圧迫してはいけません。

内臓の冷え

内臓を冷やすと内臓の機能が落ち、骨格を内側から引っ張ってしまいます。特にお腹周りは、冷やさないように気をつけましょう。

内臓の不調和

東洋医学的に病はすべて五臓から発生するといわれています。内臓の不調和になるとその歪みは骨格に現れます。

通常であれば開いた骨盤は自然に元に戻るのが普通であり、実際多くの方は整体を受けずとも産前の体型に戻っています。

これには、産前からの内臓の不調和が関わってきています。

産後の骨盤の歪みの予防法

産後 骨盤の歪み 予防

基本的にまっすぐ生活する

人間は左右対称に近い方が望ましいので、ねじったり、片足に体重をかけたり、バックを片掛けしたりする癖をなるべく取り除く意識をすると骨盤の歪みは大きく減ります。

動く

人間の骨格は毎日ミリ単位で歪みます。しかし、簡単に歪んだものは簡単に元に戻せます。

それがグーッと伸びたり、ストレッチをしたり、歩いたりすることです。

人間の自然矯正機能です。

走ったり、激しい運動は一切必要ありません。

日常の当たり前の動作の中で骨格矯正ができるようにプログラムされています。

内臓は夏でも冷やさない

内臓が冷えると機能低下を起こし骨格の歪みを引き起こします。

夏でもエアコンが効いている現代では、冷えやすい状態ですので、お腹だけは、冷やさないように工夫しましょう。

産後の骨盤矯正に骨盤ベルトは良いのか?

産後 骨盤ベルト

本来は出産後の開いた骨盤は自然と閉じていくのが自然です。しかし、現代人の筋力不足、運動不足などが原因が骨盤が締まりきらない方が多数存在します。

そこで、考え出されたのが骨盤ベルトです。

骨盤ベルトは現在では医師も推奨している程、役に立つものです。

一昔前であればさらしなどで対応していましたが、手間がありました。

現在ではマジックテープ方式の便利な骨盤ベルトが代わりとなっています。

骨盤ベルトの弊害

骨盤ベルトも使用方法を誤れば弊害になります。以下のことに注意しましょう。

着用位置のミス

次で説明しますが、骨盤ベルトを骨盤の上の方にしてしまうと内臓が圧迫されたり、逆に骨盤が大きく開いてしまうことがあります。

締めすぎる

いくら骨盤を締めたいからと言って締めすぎは厳禁です。軽く補助してあげるだけで骨盤は自然に締まっていきます。

頼り過ぎる

骨盤ベルトは、本来の目的である骨盤が正常な位置に戻ったら使用を辞めるべきです。

コルセットを使用し続けると筋力が低下するように、骨盤ベルトでも同様の事が起こります。

骨盤ベルトの正しいつけ方はこちら⇒骨盤ベルトの正しいつけ方

産後の骨盤矯正が正しく行える業者の見分け方

産後の骨盤矯正ができるかどうかは、ホームページからある程度判別することができますので、ご参考にされてください。

ビフォーアフターがあるか?

骨盤矯正を行えばその場で履けないズボンが履けたり、痛みがなくなったりと何らかの効果がでます。その効果をしっかりと確認しているかをまず確認しましょう。

ホームページにビフォーアフターの写真等があるかも参考にしましょう。

骨格を診れるかどうか?

骨格をしっかりと診れるかどうかは、カイロプラクティック、オステオパシー、整体でも骨を全面に押し出していれば診れると思いますが、注意深くホームページ等を見ることが肝心です。

問合せをする

遠慮せずに「骨盤を締めることができるかどうか」「骨の歪みを見れるかどうか」を聞いてみましょう。メールだと聞きやすいかと思います。

産後の骨盤矯正に整体は効果的か?

非常に効果的

産後の骨盤矯正は周辺の筋肉のバランスを整え、骨盤を締めたり、左右の捻じれを取っていく方法です。

整体の得意分野となります。

骨折、怪我をしている場合は、治癒してからが効果的

出産による骨折、怪我などまれに起こる場合がありますが、そのような場合は、骨折、怪我が治癒してから整体を行うと効果的です。

産後の骨盤矯正は通わなければいけないのか?

目的により異なる

痛みがある場合は、痛みが取れるまで、産前の体型に戻りたい場合は、体型に戻るまでは継続が必要です。

これはかなりの個人差があります。

調子の良い状態を保ちたい場合は、定期的にメンテナンスが必要

産後の骨盤矯正が終わり、月1回くらいのペースで継続すると体の良い状態が維持できます。

産後の骨盤矯正はどうやって整体をするの?

歪みチェック

本来産後の骨盤矯正という言葉は便宜上使っているだけであり、一技術でしかありません。

整体は全身の調整をまず大前提とします。

立位、座位で肩の高さ、骨盤、肋骨の左右差、脚長差、姿勢などをチェックします。

また骨盤の開き具合もチェックします。

強押し、バキボキはしない

歪みチェックに基づき、揺らしながら骨を押し込んだり、ツボを使用したり様々な技術を使用します。

強押し、バキボキなどの負担になる技術は使用しません。

うつ伏せ、仰向けで全身のバランスを整えていきます。

横向きで骨盤を押し込む

基本的には仰向けで骨盤の開き角度を調整すれば問題ありませんが、横向きで骨盤を押し込むこともあります。

非常にゆったりした圧で受けている側は心地よい刺激です。

整体はあくまで全身あっての骨盤、骨盤あっての全身なので、骨盤矯正のみを行うということはしません。

産後の骨盤矯正の素朴なギモン!

骨盤はどこまで締まりますか?
基本的には産前の状態に戻すというイメージですが、産前で骨盤が開いていた方は更に締まる可能性もあります。しかし、限界値を超えて締まることはありません。
骨盤が締まるということは脂肪が減るの?
脂肪は減りません。骨盤が締まることで産前に履けていたズボンが履けるようになる行ったことはよくあることです。
骨盤矯正と痛みが何の関係があるの?
産後に痛みが続く方は、骨盤が左右に捻じれて広がっている場合が多くこの場合は、尾骨痛、恥骨痛、腰痛、股関節痛を引き起こすことがあります。
マッサージでは効果がないの?
マッサージでも筋肉のバランスを整えることで骨盤は締まります。施術者の腕次第となります。
どの業者を選べばいいかわからない
ホームページを読んでもわからなければ問い合わせしてみましょう。悩みを伝えれば真摯に答えてくれるはずです。
整体に行く余裕がない
自分で出来る産後の骨盤矯正をご参考にされてください。

 

まとめ

産後の骨盤矯正は必ずしも必要なものではありません。

メディアや一般の整体院では、「1ヶ月以内に!」などと宣伝していますが、元に戻るべきものは、1年経っていようが、10年経っていようが、元のちゃんとした位置に戻るように人間の体はできています。

産後の骨盤矯正を受けたい方は焦る必要はありませんので、じっくりと吟味されてください。

痛みなどある方はまずは医療機関受診し、骨折、怪我の有無を確認し問題なければ整体が効果的です。

産後の骨盤矯正にご興味ある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。


どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)