ランナー膝イメージ画像

一般市民ランナーが増えると同時に増えてきたのが、ランナー膝(腸脛靭帯炎)です。

繰り返し膝を使うことで腿の外側が炎症を起こし痛くなるのが特徴です。

しかし、ランナー膝(腸脛靭帯炎)になる人ならない人がいるのはどうしてでしょうか?

今回はランナー膝(腸脛靭帯炎)の原因や対処法、整体は効果があるのか?といった突っ込んだ内容までお届けします。

どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)

ランナー膝(腸脛靭帯炎)とは?

腿の外側には腸脛靭帯というとても強い靭帯がありますが、ランニングなどで繰り返し使うことにより、腸脛靭帯の膝付近が炎症し痛む症状です。

指で押しても圧痛があるのが特徴です。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)の症状

・ランニングをしていると膝の外側が痛む

・膝の外側を指で押すと圧痛がある

・痛みが少し休んでも回復しない

ランナー膝(腸脛靭帯炎)西洋医学視点の原因

繰り返しの刺激

ランニングなどの長い時間同じ動作を繰り返すことで炎症が起きるとされています。

内反膝

膝が内側に入る事で炎症を誘発するとされています。

回内足

踵の骨が内側に倒れている状態で内反膝を助長することがあります。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)整体視点の原因

整体はなぜランナー膝(腸脛靭帯炎)になってしまう環境になったのかを総合的に考えます。

膝の捻じれ

膝が捻じれたままランニングすると膝に負担がかかり、ランナー膝(腸脛靭帯炎)の原因となります。

姿勢不良

走るフォームが悪いと膝に負担がかかります。

特に捻じれているような姿勢不良が原因になります。

股関節の位置異常

腸脛靭帯は股関節にも影響を与えていますので、股関節の位置が正常でないと腸脛靭帯を通して膝に影響がでます。

内臓疲労

東洋医学的には炎症は免疫の低下が原因とされています。

内臓疲労、内臓のアンバランスもランナー膝(腸脛靭帯炎)の原因となることがあります。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)の対処法

冷やす

温めてしまいがちですが、夜ズキズキしたり安静時痛がある場合は炎症がありますので、冷やします。

腸脛靭帯のマッサージ

腸脛靭帯炎の膝近くの痛みがある場所は触らずに腸脛靭帯の痛みがない部分(太ももの外側)をマッサージすると固くなった腸脛靭帯が緩んでいくので回復が早まります。

病院へ行く

膝の外側が痛いからといっても必ずしもランナー膝(腸脛靭帯炎)ではありません。

病名により対処法は変わりますので、まずは、しっかりと調べてもらいましょう。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)に整体は効果的か?

膝の捻じれ、筋肉の固さが原因のものであれば効果的

膝の捻じれや筋肉の固さで炎症を起こし痛みが出ている場合は、非常に整体が効果的です。

靭帯損傷、半月板損傷などは、まず病院へ

ランナー膝(腸脛靭帯炎)と思っても実は靭帯や半月板に問題がある場合があります。

その場合は、まず病院でしっかりと処置してもらった後に整体に来られると効果的です。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)は通わなければいけないのか?

痛みがある程度軽減するまでは必要

炎症性のものは反復する可能性があります。

痛みがある程度軽減するまでは継続する必要があります。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)になりづらい体にしたい場合は、定期的にメンテナンスが必要

痛みが改善した後に月1回くらいのペースで継続すると体の良い状態が維持できます。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)はどうやって整体をするの?

全身の歪みチェック

ランナー膝(腸脛靭帯炎)になってしまったということは、足の外側に負担がかかる要因があるということです。

肩の高さ、骨盤、肋骨の左右差、脚長差、姿勢などをチェックしどこに負担がかかっているのかを探っていきます。

バキボキ、強押しはしない

歪みチェックの結果を元に揺らしながら骨格を押し込んだり、優しく筋肉を緩めたりしながら全身を調整していきます。

内臓疲労の具合もお腹を触りながら診ていきツボを使って取り除いていきます。

座位や立位で調整することもある

寝た状態で痛みが改善しても座ったり、立ったりすと痛みが出る場合があります。

実際のスポーツ動作に近い動きを行い実践的に調整していきます。

炎症はツボで対応

炎症は従来の整体では対応しづらい部分がありましたがツボを利用することでかなりの効果をあげることができます。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)Q&A

安静にした方がいい?
痛みがある場合は基本的に安静にしましょう。
運動後は冷やした方がいい?
炎症ですので、温めるのではなく冷やしましょう。
腸脛靭帯の効率のいい緩め方は?
ストレッチポールに腸脛靭帯を当てコロコロ転がると緩めることができます。この時患部は当てないようにしてください。
ランナー膝(腸脛靭帯炎)の部分はマッサージしない方がいい?
炎症が広がりますので触らないようにしましょう。
医者には行った方がいい?
ランナー膝(腸脛靭帯炎)以外の病名も考えられるためしっかりと診断してもらいましょう。
整体に行く余裕がない
ランナー膝(腸脛靭帯炎)のセルフケアをご参考にされてください。

 

まとめ

ランナー膝(腸脛靭帯炎)の疑いがある場合は他の病気との鑑別のためにも医療機関を受診しましょう。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)の場合は、基本的には冷やし炎症を鎮める方法を取ります。

痛みのある患部は触ると悪化するため触らないようにします。

完全に治るまではスポーツも控えるようにしましょう。

しっかりと治すことで再発を防ぐ方法が必要になります。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)になってしまった原因を探し出す整体にご興味ある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。


どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)