オスグッド

オスグッドは成長痛の一種で思春期の子供たちに好発する症状です。

オスグッドで部活動ができなくなった例も多くありその対処法に困っている方も多くいます。

そこで今回は、オスグッドの原因や予防法に加え整体は効果があるのか?といった突っ込んだ内容までお届けします。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *

オスグッドとは?

オスグッドとは

出典:日本整形外科学会

膝下のスネの骨が盛り上がったり、変形して痛みを伴う症状です。思春期に多いのが特徴です。ひどくなると腫れ上がったり、熱感を持ったりします。

部活動を休むと痛みが無くなりますますが、再発しやすい症状でもあります。

大腿四頭筋(ももの前側の筋肉)が固いことで起こるというのが通説です。

オスグッドの症状

以下の症状があるからといって必ずしもオスグッドではありません。

正確な診断は医療機関を受診しましょう。

膝のお皿の下あたりが痛む

負荷がかかると膝の下が痛んだり、ボコッと膨らんだものを感じることがあります。

正座をすると痛い

正座をすると膝のお皿の下が痛んだり、正座が出来ないくらいももが固くなります。

膝のお皿の下を押すを痛い

膝のお皿の下に骨の出っ張りを感じたり、押すと痛みを感じることがあります。

急ストップなどで痛い

ストップやダッシュなどの繰り返しのスポーツで特に膝が痛んだりします。

オスグッドの西洋医学視点の原因

膝を伸ばす運動の繰り返し

大腿四頭筋(ももの前側の筋肉)は膝を伸ばすための筋肉ですが、強い負荷で膝を伸ばすことを繰り返すと成長期の場合は特に膝の下に付着している腱が剥離骨折したり炎症を起こす場合があります。

それが影響で痛みがでます。

ジャンプ、ボールを蹴るなどの衝撃

オスグッドが好発する動作がジャンプ動作、サッカーなどの動作です。

オスグッドの整体視点の原因

膝の捻じれ、スライド

日常の癖、急なストップ、方向転換などにより膝が捻じれたりスライドしたりしてしまいオスグッドの原因となります。

足首、踵の捻じれ、ロック

重心位置の乱れ、スポーツ時の動作などで足首、踵の捻じれなどが発生すると足首、踵が固くなる(ロック)してしまいその影響は膝まで及びます。

股関節の異常位置、ロック

股関節の異常位置が起きると固くなります。そうすると股関節の機能を十分に使えず膝に負担がかかります。

上半身の姿勢不良

例えば猫背のような姿勢で少し動いてみてください。次に俗にいう良い姿勢にして少し動いてみてください。足にかかる負担が若干違うと思います。上半身の姿勢不良が続けばその影響は下半身に来ます。特に膝はダイレクトに影響を受けます。

内臓の機能低下

オスグッドはどの整体院でも接骨院、整形外科などでも外側の筋肉や骨、靭帯、腱などの原因を指摘をしますが、内臓の原因は指摘しません。

なぜ同じスポーツをしていてオスグッドになる子供、ならない子供が存在するのかを考えなければなりません。

筋肉、骨、靭帯、腱全ては、内臓の循環によって代謝が行われ強さや柔軟さを保っています。

内臓が機能低下を起こせば代謝が上手く行かなくなり特定の部分だけ異常を起こすことがあります。

オスグッドの予防法

オスグッド 予防

オスグッドは当り前のことをきちんと行うことで予防できます。

日常の癖

足組み、片足荷重、アヒル座り、女の子座りなどの無意識の時に出る日常の癖で骨格は簡単に歪みます。

骨格の歪みが積み重なり筋肉が徐々に固くなりオスグッドに繋がりますので、日常生活からの注意が必要です。

運動後のメンテナンス

過剰な運動の練習で筋肉や疲労し固くなっています。

若ければ代謝が早いので疲労が蓄積されづらいとは言え、確実に疲労は溜まります。

運動後は、お風呂にゆっくり浸かったり、ストレッチ、セルフマッサージなどをして体をリセットすることが必要になります。

内臓に負担をかけない

例えば冷たいものを飲み過ぎた時胃が冷え負担がかかります。そうなると東洋医学的には、胃のラインである足の斜め外側が固くなります。

このように内臓の状態と外側の筋肉の固さは連動しています。

基本的には、夏でもお腹だけには、布団をかけ冷やさないことを心がけ、あまり冷たいものの取り過ぎには、注意しましょう。

オスグッドに整体は効果的か?

手術の必要性がないものには効果的

剥離骨折した骨小骨が動き痛みを発しているものに関しては物理的な原因ですので整体ではどうしようもありません。

それ以外の場合は、筋肉の固さや膝の捻じれなどが原因で痛みが出ていることが多いので整体は効果的です。

変形した骨を元に戻すことは出来ないが痛みのない所まで持っていく事は可能

膝下の骨が出ている方はすでに骨が変形しています。

しかし、骨が変形している方は意外にも多いのですが、痛みが出る人と出ない人がいます。

これは筋肉の固さなどが原因ですので、整体が効果的です。

病気の場合は医療機関へ

オスグッドと似た症状でも他の病気が原因のことがあります。

このような場合は、医療機関での治療が必要であり、整体の適応外です。

オスグッドの整体は通わなければいけないのか?

痛みが取れるまでは必要

痛みが取れるまでは通う必要があります。

どれぐらいかかるかはかなりの個人差があります。

オスグッド再発予防には、定期的にメンテナンスが必要

痛みが改善した後に月1回くらいのペースで継続すると体の良い状態が維持できます。

オスグッドはどうやって整体をするの?

歪みチェック

まず立位、座位での肩の高さ、肋骨、骨盤の左右差、脚長差、姿勢、オスグッドの場合は、膝の捻じれ具合、大腿四頭筋の筋肉の固さチェックを行います。

全身のバランス、内臓のバランスを最優先

歪みチェックの結果を元にまずうつ伏せ、仰向けで全身のバランス、内臓のバランスを取るため整体をしていきます。

バキボキ、強押しは一切しません。

まずは、膝に負担がかからないような状態にする必要があります。

 

座位や立位で調整することもある

実際に動いてもらいながら出来る限りオスグッドの痛みを追いかけていきます。

剥離骨折、炎症などはツボで対応

オスグッドで剥離骨折、炎症があってもツボなどを使用し自然治癒力を高めていきます。

オスグッドの素朴なギモン!

オスグッドにストレッチは効果的ですか?
オスグッドに大腿四頭筋のストレッチが効果的だと紹介されていますが、予防には最適ですが、既に剥離骨折を起こしている場合は控えましょう。剥離骨折を起こしている所に伸ばされる力が加わると余計にひどくなります。このような場合には大腿四頭筋のマッサージであれば良く効きます。
オスグッドの場合は温めた方がいいですか?
夜ジンジンするなどの安静時痛がある場合は冷やし、安静時痛が消えたら温めましょう。
オスグッドの予防に何が一番大事ですか?
コンディショニングつまり、練習の後のケアが重要です。ほとんどの選手はトレーニングや練習には力を入れますが、その後にケアに全然力を入れていません。海外では専任のトレーナーの指示が出ますが日本では自己判断に任せられています。自分の体ですので、面倒くさくてもケアはしっかりとすることが重要です。
ストレッチがいい?マッサージがいい?
ストレッチは気持ちいい程度、マッサージは痛みが出ない程度の強さであれば好きな方を選択すると良いでしょう。一つ注意点は安静時痛やジンジンする痛みの場合は炎症ですので、ストレッチは避けます。マッサージも患部は避け患部の上下をマッサージすることがコツです。
オスグッドで手術を受けるか迷っている
主治医に不安を相談しじっくりと決めることが重要です。もし余裕があるのであれば整体を1回でも受けてみると良いでしょう。
整体に行く余裕はない
オスグッドのセルフケアをお試しください。

 

まとめ

オスグッドでお困りの方は、医療機関を受診しまずは隠れた病気がないかをしっかりと見極めること。

次に、手術が必要な場合は、主治医や親に自分の不安をしっかりと伝え判断していくことが重要になります。

様子見になった場合は、ジンジンした痛み、安静時痛がある場合は冷やし、ストレッチなどは控えマッサージなどを利用します。

安静時痛が消えた後は、積極的に温めます。

骨格の歪み、筋肉の固さ、内臓疲労を取る整体に興味ある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *