O脚矯正のイメージ画像

色々な情報が溢れるO脚矯正ですが様々な種類があり何をどう取り組めば改善するかわからない方も多いと思います。

O脚は骨の直接的な異常でない限り長年の筋肉バランスの乱れが骨格を歪まし起こっています。

つまり、改善にもコツコツと継続することで少しずつ筋肉バランスを変える必要があるのです。

今回はコツコツ型O脚矯正の方法をお伝えします。

O脚矯正は難しい?

O脚矯正に限らず人の形を変えるのは大きく筋肉バランスを変え、骨格の歪みを変えなければならないためその場の即効性は出ますが、「維持」が難しいと言えます。

O脚の中でも骨盤が単に開いているものであれば矯正は簡単です。

しかし、膝下がO脚の場合は、複雑な骨格の捻じれ、スライド、筋肉バランスの左右差などがあり、それらを上手く矯正してもその後の生活で元に戻ることが多くあります。

O脚矯正に必要なもの

「継続」

のみです。

実はセルフで筋肉のバランスや骨格矯正は簡単にできます。

それを維持するのが難しいので自分でセルフ整体を行い少しずつ筋肉に正しい位置を覚えさせればいいのです。

O脚矯正の期間

大の男が必死で筋トレをしても筋肉が大きくなってくるのは3ヶ月過ぎてからです。

つまり筋肉の変化を期待するのであれば最低は3ヶ月を必要です。

お金に余裕があれば整体を受けてもいいと思いますが、お金、時間の浪費を考えると自分でやってしまった方が良いでしょう。

セルフO脚矯正の頻度

今回ご紹介するO脚矯正はわずか1~2分程度でできるものです。

筋トレのように器具やジムに通ったりする必要もありません。

毎日行いましょう。

それを3ヶ月継続すればあなたの脚は変わってくるはずです。

雑誌やテレビに掲載されているO脚矯正でも十分に効果があります。

しかし、3日、1週間、せいぜい2週間程度で辞めてしまうので効果が出ないのです。

セルフO脚矯正動画

最後に

このセルフO脚矯正は実は、O脚矯正だけでなく骨盤の開き、脚が太く見える、脚のむくみ、果ては頭痛、肩こりまで効果があります。

東洋医学のツボを応用したものですので、O脚矯正だけでなく、自分の体の健康を維持し美を保つために続けてください。

人は継続するのが難しい生き物であることは重々承知ですが、目的を達するためには必ず必要なことです。

「即効性」

という魅力のある言葉に踊らされないでください。

一番大事なのは

「維持」

です。

どんなにその場でO脚がきれいになっても数十秒後に元に戻っては意味がありません。

今回のセルフO脚矯正を継続し、元に戻らない美脚を手に入れてください。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *