足首の捻挫イメージ画像

足首捻挫をした時、腫れや痛みを起こした場合はスポーツはとてもじゃないですが、出来る状態ではありません。

しっかりと病院で受診し靭帯の部分損傷、骨の骨折などをがあると固定されますが、その間は待つしかないのですが、待っている間にツボを押すと自然治癒力が最大限に引き出されます。

スポーツ選手にとっては1日でも早く改善して練習に復帰したい所です。

今回は足首捻挫を1日でも早く改善するセルフ整体をご紹介したいと思います。

今回は、医療機関を受診し処置された後のことを前提にしてお話を進めていきます。

足首を固定していても出来る方法なのか?

足首を触るわけではありませんので、固定されていても行うことができます。

ツボを使用することで患部は触らず安全に自然治癒力を高めることができます。

痛みや腫れがあっても出来る方法なのか?

痛みや腫れがある場合は、患部は触らず紹介するツボのみを刺激するようにしてください。

基本的に痛みがある部分は触らないというのは大原則です。

ツボを刺激することで自然治癒力が最大限引き出されますので、1日も早く競技復帰が可能になります

どんなツボなのか?

今回ご紹介するのは、骨に直接アプローチするツボ、腱、靭帯にアプローチするツボ、炎症を抑えるツボの3つです。

良く整体の現場でも多様するツボで急性疾患には良く効きます。

ツボの刺激の仕方は患部側のツボの皮膚が動くくらいの軽い圧力で、場所が分からなければ点でなく手の平などの面で刺激しても十分に効果があります。

大事なのは、「継続」です。

1日に長い事やっても意味はなく数十秒を毎日続けることが重要です。

最後に

捻挫の腫れや痛みは厄介なもので中途半端な状態で競技復帰すると癖になったりしてしまい同じことを繰り返してしまいます。

腫れや痛みがしっかりと引くまでは、今回のセルフ整体を続けしっかりと改善することが再発予防でも重要になります。

また、今回の方法は捻挫だけでなく、スポーツ障害にはほとんど応用できますので、障害が起きたら刺激してみてください。

細かいことですが、こういうケアをしっかりする、しないでは改善の速さだけでなく普段のプレースタイルにも影響してきますので、「毎日少しずつを継続」することを念頭において実践しましょう。

人の体は自然治癒するようにできていますが、それを早めてくれるのが、先人達が何千年もかけて見つけてくれたツボです。

簡単な方法ですので、是非活用していきましょう。


どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)