さて、今回はセラピストではないですが、鍼灸の世界には長野式という有名な療法があります。

脈診や圧痛点で診断し、診断に見合った処置法を選択していきます。

処置が上手くいけば、脈が変わり、圧痛も無くなります。

東洋医学だけに偏らず西洋医学の知識もミックスした素晴らしい長野式鍼灸をご紹介したいと思います。

長野式鍼灸

ホームページ

長野式臨床研究会

創始者である長野潔先生の息子さんがやっている研究会です。

wkey長野式研究会

長野潔先生の弟子である松本岐子先生の技術を紹介している研究会です。

松本先生は脈診を用いず主に腹診や圧痛で長野式を応用しています。

長野式治療院ご紹介

長野式鍼灸ができる治療院のリストです。お近くの治療院を探してみてください。

長野式鍼灸の評価

「骨を動かす」
「スジを正す」

という整体の道からひょんなきっかけから長野式を知りワンデー講習に参加したのが長野式との出会いです。

もちろん長野潔先生の書籍、松本岐子先生のDVDも所有しています。

鍼灸の免許は持っていないのでできませんが、脈診や腹診は非常に参考になり、手技に応用できるのが魅力です。

長野式鍼灸の魅力は、診断に見合った処置法が初めから決められており、ツボも決められています。

例えばへその左下に圧痛があるのでおけつ処置となり、ツボはココとココというように決められているのです。

これは、創始者の長野潔先生の圧倒的な臨床によって導き出された方法なのです。

一般の方にはわかりづらいかもしれませんが、これがどういうことかと言うと・・・

「再現性が高い」
「鍼灸免許取りたての人にも再現できる」
「失敗が減らすことができる」
「処置法の効果が高い」

ことが言えます。

鍼灸のあやふやさを取り除き誰でも出来るように体系化したのが大きな特徴です。

これは、鍼灸の免許を持っていない私でも圧痛を頼りにツボを押さえ圧痛を消せることでも実証されています。

さらに処置法の効果もかなり高く長野潔先生や松本岐子先生の症例を見ると唸るものがあります。

私は、鍼を受けたい方には、迷わず長野式鍼灸をお勧めしています。

まとめ

長野式鍼灸は鍼灸界ではかなり有名ですが、一歩離れると全く知られていない方法です。

これは非常に残念なことです。

特に一般の方は、鍼灸の流派があまりにもあるため迷うことだと思います。

迷った時は、長野式鍼灸を選べばまず間違いないと筆者は考えます。

長野式は圧痛点を基準にするため患者さん自身も

「こんなとこに痛みがあったんだ」

と再認識できますし、圧痛が取れることにより、治っていく感覚も自覚できるはずです。

鍼灸は気を扱うので、非常にわかりづらい、もしかすると怪しい世界かもしれません。

しかし、鍼灸は整体と違いWHOにも認可されていますし、エビデンスも豊富です。

整体一本だった筆者も鍼灸のレベルの高さに驚きました。

特に長野式鍼灸は鍼灸の中でもわかりやすく、効果がはっきりでるのでお勧めです。

しかし、長野式治療院自体はそれ程多くなく、予約が取れない時が多いのでお早めのお問合せをお勧めします。


どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)