筋肉の回復を早めるイメージ画像

スポーツマンにとって体調管理は一番の重要課題です。

見た目が元気なスポーツマンは内臓も強いと思われていますが、実はそうではありません。

毎日の激しいトレーニングで内臓は過剰な負担を強いられています。

更に、激しいトレーニングをすると筋繊維が破壊されるためその修復にも体は大忙しです。

一般人よりも更に上のレベルの体のケアをしないとスポーツマンとしては短命になる可能性もあります。

今回は、非常に簡単な方法で免疫を上げる方法をお伝えします。

スポーツマンで内臓が弱い人なんているの?

実際に存在します。

スポーツで同じトレーニングをしても早くトレーニングに慣れてしまう人と長い期間かかる人がいます。

これは内臓の元々の強さが関係してきます。

例えば腎が疲れていると何もしなくても疲れやすくなります。

肺が疲れていると全身持久力は落ち、呼吸は浅くなります。

このように東洋医学的には、内臓と元々のパフォーマンスは密接な関係があるのです。

逆に言えば内臓の機能を普段からケアししっかりと高めてあげればスポーツパフォーマンスもおのずと上がっていくわけです。

筋肉の回復ってなに?

激しいトレーニングをすると大なり小なり筋繊維は損傷します。

この損傷は非常に微細なケガと思ってもらっても良いのですが、ケガを治すのは免疫に活躍してもらわなくてもダメなので、筋肉と免疫は密接な関係があります。

また、筋肉の回復には、肝のたんぱく質合成なども関与してきます。

セルフ整体注意点

今回は、免疫のツボと肝臓のツボをお伝えするのですが、ツボの位置よりも押してゴリゴリや痛みある所を目安にしてください。

もし分からなければ手の平全体で刺激しても十分に効果があります。

行うタイミングは普段から行ってもいいですが、激しいトレーニング後や筋肉痛がある時、風邪気味、怪我をしている時は念入りに行うことにより、回復が早くなります。

これは一生体をメンテナンスできるツボにもなりますので、是非積極的に押してみてください。


最後に

プロのアスリート程見えない所で専門のトレーナーを雇いコンディショニングしたり、食事に気を付けたりしています。

トレーニング時間よりもメンテナンス時間が長いアスリートもいます。

しかし、一般のスポーツマンは専門のトレーナーを雇うのは難しいのでツボを活用すると同じような効果が得られます。

大事なのは、長く続けることです。

内臓の機能は長く続けることで少しずつ回復してきますので是非お試しください。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *