妊婦さんの整体であるマタニティ整体は一昔前であれば断られていた場合も多かったのですが、最近では、妊婦さん専門、マタニティ専門などの整体も増え妊娠中の辛い時期の方にとっては良い環境が整ってきていると言えるでしょう。

妊娠中は、「妊娠しているから」とお医者に言われ痛みなどがあっても処置をされない場合も多く、そこで活躍するのが整体です。整体では、病院では相手にされていない痛みなどに多大な効果があります。今回はそんなマタニティ整体を取り上げます。

マタニティ整体とは?

全身の骨格の歪みを治し、骨盤を適正な形に戻し、赤ちゃんが入っている胎嚢をきれいな形に戻してあげ赤ちゃんにとっても住みやすい環境、お母さんにとっても過ごしやすい体の状態を作ってあげることと定義しています。

症状を治すというよりは、環境を整えてあげた結果、痛み、切迫早産、逆子、子宮口が開かないなどの問題が自然に解決するのがマタニティ整体です。

マタニティ整体の効果

痛みの改善

妊娠中は股関節痛、恥骨痛、尾骨痛、腰痛などが多いのですが、これらの痛みは妊娠中より改善が可能です。もちろん産後の痛みも対応できます。

メンタルの改善

妊娠中は様々な不安があり、精神的に不安定になります。実はこれは赤ちゃんがいることも関係ありますが、お腹が膨れることにより、体の重心位置が変わりどんどん体が固くなり自律神経を刺激してしまうためなのです。なので体を改善すれば、メンタルも改善していきます。

逆子、早産防止

骨盤や全身が歪むと赤ちゃんが住んでいる家である胎嚢の形が変わります。そうなると赤ちゃんは体勢を変えたり、「住みづらい」となり早くでてこようとなります。そうならないために住みやすい胎嚢にしておけば防止に繋がります。

むくみ改善

全身状態を改善すると血流、リンパの流れはよくなりますので、むくみは改善されます。

マタニティ整体法

妊婦さんの場合は、うつ伏せは無理なので、横向きなどの本人にとって楽な姿勢で行っていきます。全身の骨格を調整していき、最終的には、座位、立位でも必要があれば調整します。痛みがある方は、痛みをどんどん追いかけます。

最終的には胎嚢の形がよくなれば柔らかくなりますので、お腹を軽く触りながら整体をしていきます。赤ちゃん、母体、双方にとって良い環境づくりをしていきます。

マタニティ整体回数

特に回数はありません。痛みがある時、整体が受けたい時に受ける程度で十分です。無駄な刺激は赤ちゃんにとってもよくないので、母体が整体を受けたいと思った時はベストなタイミングです。

マタニティ整体Q&A

マタニティ整体を受けれる時期はいつからですか?
基本的には安定期以降となります。安定期以前もお受けになる事ができますが、安全を配慮して安定期以降とさせて頂いております。
整体が怖いです。
バキボキ、ほぐしなどの強い力でやることは一切致しません。触るだけの整体ですので非常に安心です。
悪阻があるのですが大丈夫でしょうか?
問題ありません。あなた様の楽な姿勢で一切動かさず行うこともできますので気分が悪くても問題ありません。
逆子ですが改善しますか?
整体ができることはとにかく体のバランスを元に戻すことです。その結果胎嚢の形が良くなり逆子が改善することもあります。
切迫早産気味なんですが・・・
逆子同様問題ありません。体のバランスを戻せば落ち気味のお腹は上がり、赤ちゃんが降りてこないような上がり気味のお腹は下がり適正な位置に移動します。その結果改善することもあります。
痛みは改善できますか?
妊婦さんは体のバランスが崩れていますので、それを戻せば痛みは自然に改善します。

まとめ

妊婦さんの負担は周りが想像する以上の負担です。なんせ生命が一人いるのですから。その分母体にかかる負担は通常の比ではありません。

病院では、検査だけで対処はしてくれません。そこでマタニティ整体があれば、辛い痛みや不定愁訴を取り除き赤ちゃんにとっても住みやすい環境ができるのです。

お気軽にご相談ください。


中野の整体ならお任せ!
中野駅南口徒歩3分 猫背・姿勢矯正で痛み・痺れ、こりを改善!もりもと整体
【営業時間】10:00~20:00
【最終受付】19:00※完全予約制
【定休日】火、日、祝
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)