坐骨神経痛のイメージ画像

あなたはこんな症状がないでしょうか?

・足の痺れと痛みでまともに歩行できない
・病院では特段異常はないのに痛い
・あまりにも治らないので祈祷やお祓いまでしてもらった
・接骨院、鍼灸、整体に行っても坐骨神経痛の症状が改善しない

通常の坐骨神経痛はどちらかというと慢性化してしまう症状ですが、ぎっくり腰のように急に痛みや痺れが強くなる場合が多々あります。

今回は、そんな急性の坐骨神経痛の原因や対処法、などをお伝えしていきます。

セルフケアに興味がある方はこちら⇒坐骨神経痛のセルフケア

どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)

歩けない坐骨神経痛の原因

原因

多くの患者さんを整体して得た経験でご紹介します。基本的には整体を受ける前に医療機関を受診しましょう。

仙骨、尾骨の捻じれ、歪み

急性の坐骨神経痛の場合仙骨、尾骨のねじれ、歪みを矯正することで劇的な改善が見られます。

例えば仙骨、尾骨が右側に歪めば右お尻の筋肉が固くなり足に痺れ、痛みがでる傾向があります。

椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の方は昔、病院で椎間板ヘルニアと診断された事があるという方も少なくありません。

しかしその場合でも椎間板ヘルニアが必ずしも原因とは限りません。

鑑別の仕方があって腰の背骨の際を押して痺れや痛みが増す場合は、ヘルニアが原因だと考えられます。

この場合はその場では痛み、痺れは取れますが、ヘルニアが落ち着くまでの期間が必要になります。

腰椎分離を伴わないすべり症

背骨には横から見るとS字湾曲が正常なのですが、その中でも特に腰椎4,5がお腹側に陥没してしまうことがあります。

これをすべり症というのですが、通常は腰椎分離という腰椎の骨折が起こりすべり症となることが一般ですが、激しいトレーニング、特殊な日常動作、立ち仕事、腹圧の弱りなどが重なり腰椎に負担が長年かかっていると骨折を伴わなくてもすべり症が起こる場合があります。

これが神経を圧迫して坐骨神経痛の症状を引き起こす場合があります。

この場合は、すべり部分はもちろんですが、背骨全体のS字湾曲を意識して調整していく必要があります。

また、片側部分のみの足の痺れ、痛みは、すべりのみだけでなく背骨の捻じれも入っていますので、同時に取り除いていく必要があります。

脊柱管狭窄症

加齢で背骨と背骨の間にある椎間板が潰れてしまう症状です。

坐骨神経痛は女性に多いのですが、脊柱管狭窄症が原因の場合は男女差はありません。

高齢になると手術も中々出来ずブロック注射で誤魔化すしかありません。

背骨が真っ直ぐきれいに潰れている場合は症状は出ません。

捻じれて潰れてしまっている場合に症状が出てしまいます。

丁寧に背骨全体を真っ直ぐにしていく作業が必要であり、高齢になればなるほど周りの筋肉の硬化が激しく数か月単位の長い作業になります。

しかし、痛みの変化としてはその場で効果が現れます。

後は日常生活に気を付けて良い位置を癖づけさせる期間が必要になります。

股関節の詰まり、捻じれ

股関節が詰まったり、捻じれたりしてしまうとお尻の筋肉が引っ張られて固くなり坐骨神経痛の症状を引き起こす場合があります。

この場合は、股関節を引き抜く、捻じれを取る作業をすることで坐骨神経痛は改善していきます。

膝、足首の詰まり、捻じれ

症例としては少ないですが、膝、足首関節が詰まったり、捻じれたりして坐骨神経痛の症状が出ることがあります。

どこかにぶつけた、転んだ、事故などが影響している場合は、足首の歪み一つで坐骨神経痛の症状が出る場合がありますが、稀です。

基本的には、上記でご紹介した原因と複合的に起こります。

子宮筋腫、婦人科疾患

ここまでくると整体の範囲ではなくなりますが、坐骨神経痛を引き起こす一つの要因として挙げられます。

だからこそ医療機関での精密検査は必要なのです。

歩けない坐骨神経痛の対処法

坐骨神経痛の対処法

ストレッチ、運動は控える

 

坐骨神経痛になると痛みを我慢してストレッチをしたり運動をしたりする方いますが、炎症がある場合炎症を広げてしまうので、痛みがある時は安静にしましょう。

痛みは赤信号です。「止まれ」という意味なのです。

柔かいソファー、お尻座りに注意する

坐骨神経痛の症状が出ている時に柔らかいソファーで長時間座っているとまず間違いなく立つ瞬間に痺れ、痛みが増しています。

これは柔らかいソファーに座り仙骨、尾骨が圧迫され歪んでしまうからです。

仙骨、尾骨に圧力を加えない座り方を意識しましょう。

骨盤ベルトを試してみる

歩けない坐骨神経痛は特に女性に多いのですが、女性は骨盤が開きやすく、仙腸関節がルーズになりやすい構造になっています。

男性とはホルモンバランスが違うことが影響しているのですが、骨盤ベルトを巻いて楽になる場合があります。

勘違いしているのが腰が悪いからとコルセットをする方が多いですがあまり効果はありません。

腰よりお尻です。

骨盤ベルトを巻く時は恥骨の真上を通るように巻くようにしましょう。

かなり下の位置になります。

歩けない坐骨神経痛の予防法

坐骨神経痛の予防法イメージ画像

これを見ている方は歩けない坐骨神経痛を抱えている方もいるでしょうし、過去痛い思いをした方もいるでしょう。

坐骨神経痛は体が柔軟な女性に多く、関節が異常に柔らかい方に多いのです。

体が固い男性に起こるのは稀です。

なぜでしょうか?

女性は筋力も弱く、柔軟なため男性よりも色々な姿勢が出来てしまいます。

例えばアヒル座りや女の子座り!

男性にやらしてみると固くてとてもじゃないけど出来ないのです!

まず女性のあなたは、男性よりも簡単にちょっとした姿勢で体が歪んでしまうと覚えておかなければなりません。

つまり気を付けるべきは

「日常の癖」

なのです。

しかし、人の体は毎日歪みます。

大事なのは

「歪みを貯金しない!」

ということです。

同じ体勢を取り続けたら数時間1回体を大きく伸ばしたり、動かしたりすることで自然に矯正される「自動矯正機能」が人の体には備わっています。

「日常の癖」
「数時間に1回は大きく伸ばしたり、動く」

という事を意識するだけでこの世の坐骨神経痛はほぼ消失するはずなのですが・・・。

歩けない程の坐骨神経痛の整体はどうやるのか?

うつ伏せ整体背骨チェック

当整体院の例をご紹介します。

歩けない程の坐骨神経痛でもうつ伏せや仰向けにはなれますので、うつ伏せで了解を取った上で仙骨、尾骨を歪みを矯正していきます。

バキボキ、強押しは一切しませんのでご安心ください。

仙骨、尾骨の捻じれ、歪みは背骨全体に影響していますので、背骨全体を整体していきます。

次に仰向けになり内臓の固さ、股関節、膝、足首を整体していきます。

終わりったら立ってもらい痛みを確認しながら順次整体を行っていきます。

うつ伏せ、仰向けが困難な場合は座ったまま、立ったまま整体を行うこともあります。

一つの整体院の例として参考になれば幸いです。

まとめ

歩けない程の痛み、痺れを伴う坐骨神経痛が出た場合は、ストレッチや運動は控え柔らかいソファーなどに座ることは避けましょう。

骨盤ベルトなどを試し痛みが楽になる方法を探します。

日常の癖、歪みを溜めないように細めに動かすことで簡単な坐骨神経痛の予防にもなりますし、既に症状が出ている方は改善スピードを段違いで早めてくれます。

整体に行く余裕のある方は行った方が改善までが確実に早くなります。

整体に数回行っても改善が悪い場合は、他の隠れた病気も疑うべきですので医療機関を受診しましょう。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。


どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)