好転反応は東洋医学でよく使われ施術した後に一時的に体調が悪くなったり、症状がひどくなったりすることです。

一部業者では、便利な言葉として多用されていますが、実際には好転反応がどういうものかはわかっていません。

そこで今回は、私見ですが、整体における好転反応の期間や症状、考え方についてご紹介したいと思います。

好転反応とは?

整体の後は体が良くなるのですが、その後一時的に体調が悪くなったり、痛みが増幅したりする症状のことを言います。整体に限らず民間療法全てに存在する言葉ともいえます。

好転反応の期間

症状により異なり、慢性症状であればある程、好転反応の期間が長く続く傾向があります。いかに好転反応の期間を上手く乗り越えられるかが患者さんの課題になってきます。

好転反応の症状

痒みが症状であれば、痒みがひどくなり、痛みが症状であれば痛みがひどくなります。精神疾患の場合は、一時的にひどくなることもあります。

好転反応は存在するのか?

私見ですが、存在します。しかし、それを限りなく抑える努力は整体師側に必要です。

例えば、体に毒素が溜まっていて痒みを出している場合、整体をして循環がよくなると体はどんどん毒素を排出しようとします。毒素がどれくらい溜まっているかによって好転反応の期間が変わってきますが、毒素を外に出している間は痒みの症状はひどくなります。

あまり好転反応を出したくなければ小出しに調整し、好転反応を出し切って早く回復したいのであれば、一気にやってしまう方法もありますが、そこはしっかりと説明し患者さんに選択させなければなりません。

運動器系疾患の腰痛や膝の痛みなどのあらゆる症状には好転反応を出さないで整体をすることが可能です。その方法は全身を一気に調整してしまい痛みの原因を取り除けばよいのです。上記の例で出した毒素の好転反応とは逆になりますが、疾病により調整する必要があります。

これらを総合した上でも人間が回復する上で、好転反応は存在すると考えています。

好転反応と間違われる症状

マッサージ後の揉み返し

これは好転反応でなく筋繊維がマッサージにより傷ついている状態です。なるべく避けたいものです。

整体後すぐの症状のぶり返し

好転反応は循環器系が改善した状態で少しずつ発生します。整体後すぐに症状がぶり返したりはしません。

まとめ

好転反応は曖昧で判断が難しい所ですが、良くなる前の症状です。

好転反応は出やすい人、出づらい人と存在します。それは生活環境、既往歴、体内環境などにより大きく異なります。

好転反応が出やすい症状は毒だしや免疫反応がある症状です。アトピー、アレルギー、皮膚疾患などは、既往歴が長くなりがちの上、子供の頃から症状を抱え溜め込んでいる方が多いためです。

逆に好転反応が出にくい症状は運動器系疾患です。整体の得意分野ですが、上手くやれば抑えることができます。

決して好転反応は怖いものではなくよくなるための一つのプロセスです。代替療法、東洋医学、ホリスティック医療を試している方は主治医と良く確認し合いながら乗り切っていってください。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *