産後 骨盤矯正

骨盤ベルトは医師にも推奨される程認知度が上がりました。

しかし、正しいつけ方をしている方は非常に少ないのが現状です。

そこで今回は、骨盤ベルトの正しいつけ方をお伝えします。

産後の骨盤矯正について詳しく知りたい方はこちら⇒産後の骨盤矯正は必要か?整体は効果があるのか?徹底解決!

自分で出来る産後の骨盤矯正について詳しく知りたい方はこちら⇒セルフ産後の骨盤矯正

骨盤ベルトの付ける際の注意点

特に妊娠中の場合は骨盤高位をした上でベルトを付けましょう。

骨盤高位

出典:子育てドットコム

産後の場合は立ったままで問題ありません。

骨盤ベルトの正しいつけ方

産後の骨盤矯正用ベルトを付ける際に上の方につけすぎている方が8割程います。

下記の画像が正しい位置です。

産後の骨盤矯正 ベルト 画像
出典:ココロ整体院

画像や動画を見て頂けるとわかりますが、皆さんが思っているよりもずっと下になります。

是非つけ方を改めてみてください。それだけで大きく効果が変わります。

さらしやバスタオルでも代用可能

締める位置を確認しましょう

ウエストから手を下に滑らすと引っかかる骨があります。骨盤の腸骨ですが、よくここを締めている方がいますが、ここは締めてはいけない場所になります。

骨盤を締める位置の説明その1

腸骨から拳1個分下に股関節の出っ張りがあります。

骨盤を締める位置の説明その2

股関節の出っ張りから真ん中に指を滑らせると恥骨があります。ここが締めるポイントです。

骨盤を締める位置の説明その3

さらし準備

縦が5m横が33cmの上記のさらしを使用した場合です。さらしは5mは必要ないので、まず半分に切ります。横は広げてみるとこんな感じです。

さらしを締める位置説明その1

横は33cmだと広すぎますので、まず半分に折ります。

さらしを締める位置説明その2

更に半分に折り準備完了です。

さらしを締める位置説明その3

締め方

踵をくっつけ、足先を逆ハの時にします。この状態のまま締めます。

さらしを締める位置説明その4

さらしの真ん中あたりを恥骨に合わせます。写真の脚は開いていますが、踵を合わせて逆ハの字のまま締めてくださいね。

さらしを締める位置説明その5

グルッとお尻に回し、お尻のお肉は持ち上げる感じで!

さらしを締める位置説明その6

前側でギュッと締め(心地良いくらい。痛みがある程は絶対やらない)フィニッシュ!

さらしを締める位置説明その7完成

後ろ側

さらしを締める位置完成後ろ側

動画

まとめ

今回の記事で締める位置がお分かりになると思います。

ベルトは持続的は締めることができますので、妊婦さん、産後の方にお勧めです。

さらしやバスタオルはエクササイズとして活用して頂くと良い塩梅になると思います。

産後の骨盤矯正に興味ある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。


中野の整体ならお任せ!
中野駅南口徒歩3分 猫背・姿勢矯正で痛み・痺れ、こりを改善!もりもと整体
【営業時間】10:00~20:00
【最終受付】19:00※完全予約制
【定休日】火、日、祝
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)