子供が転ぶことはよくあることですが、たんこぶを作る程の衝撃、どこか一点にぶつける程の衝撃であれば話は別です。

その衝撃とともに全身は影響を受けてしまいます。

保育所で転んでおでこをぶつけたお子さんの整体を依頼されました。意識が飛ぶこともなかったそうで、病院でも問題なかったから大丈夫だろうということですが、心配だからと依頼してくれました。

実際触ってみると背中がガチガチです。元々固いお子さんでしたがいつも以上に固く肋骨も捻じれていました。

子供でくすぐったがり屋なので五分程度で終了しましたが、背中の状態は元に戻りましたので様子見です。

ぶつけた所は頭なのに、影響は背中って不思議と感じますよね?けどこれは当り前なんです。全身は全身タイツを履いた時のような感じとイメージして頂ければよいと思います。

子供の場合は大人しくはしていないので、瞬間的な判断が必要になります。骨で判断したいところですが、中々出来ないので筋肉の状態から骨をイメージします。骨をイメージするかしないかで効果は雲泥の差がでます。

もしあなたが、整体師であれば、是非骨格をイメージしながら筋肉やスジを触ってみてください。その効果に驚かれると思います。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *