アスリートのみならず一般人を悩ますのが筋肉痛です。

筋肉痛は実は、科学的な原因は解明されておらず正しい対処法がないのが現状です。

しかし、筋肉痛は仕事にも影響がありますし、ひどい方になると免疫が下がり風邪を引いたりする方も存在します。

そこで、今回は、整体から見た筋肉痛の視点から筋肉痛を治すセルフ整体をご紹介したいと思います。

筋肉痛とは?

筋肉痛は、乳酸の蓄積説、筋繊維の断裂説など様々ありますが、筋トレ界では、筋繊維の断裂説が優位で、筋トレ後には、48時間~72時間の休養期間を置き筋肉の超回復を促す方法が取られています。

整体の視点から見ても筋繊維断裂説が正しいのかなと感じます。

マッサージの揉み返しをご存知でしょうか?

マッサージの揉み返しは揉み返しが出る条件と出ない条件があります。

筋繊維の走行に沿ってマッサージすれば揉み返しは出にくいですが、筋繊維の走行を横切るようなマッサージをすると揉み返しが出てしまいます。

この揉み返しの痛みは、筋肉痛とそっくりなのです。

つまり、整体では、筋繊維断裂説を採用し、その上で、筋繊維の断裂回復を促す処置をすることになります。

筋肉痛を治すためにやってはダメなこと

ストレッチ

筋繊維が切れている状態が筋肉痛だと仮定するとストレッチは余計に筋肉痛をひどくしてしまいます。筋肉痛の時にストレッチは禁忌と言えます。

揉む、押す

強いマッサージや指圧などは、筋繊維を破壊しますので、NGです。さするだけのマッサージなどは循環器系を改善できますのでOKです。

激しい運動

「痛み」は休めというサインです。プロ選手やアスリートなどの特別な環境でない限り筋肉痛の時は、しっかりと休みを取りましょう。

筋肉痛を早く治すためにやって置きたいこと

栄養をしっかりと取る

筋肉が破壊されていますから、回復するには、当然栄養が必要です。よく言われるのはたんぱく質を多めにと言われますが、関係ありません。普段の食事をしっかりと頂きましょう。

お風呂に浸かる

血流、リンパの改善にはお風呂が最適です。出来ればエプソムソルトを入れると、海の成分に近くなりますので、更に血流、リンパの流れ改善には、効果的です。

睡眠

筋肉痛の時は、痛いわけですから、しっかりと睡眠を取り回復を促しましょう。本来であれば、スポーツなどは、休んだ方が良いです。

筋肉痛を治すセルフ整体

筋肉痛を治すには、マッサージの揉み返しと同じ処置をすればいいことになります。

「循環器系の改善」

これがキーワードになります。

筋繊維の断裂なので、あれば、回復には当然時間がかかります。しかし、血流、リンパの流れを良くし、筋肉の回復を早くすれば、治りは早くなるわけです。

そこで次のセルフ整体が簡単で効果的です。

1 仰向けに寝る
2 手、足を少し開く
3 足首、手首の先っぽの軽く揺らす
4 出来そうであれば、骨盤も軽く揺らす

※これを5分程度行います。

非常に簡単です。

これで血流、リンパの流れは活性化されます。

まとめ

筋肉痛は、意外に科学的には解明されていなく、一般の方も迷うと思いますが、要は循環器系の流れを改善し、早く治るようにする!ということだけです。

今回ご紹介したセルフ整体を行えば軽い筋肉痛であれば、その場で効果があるはずです。1週間も続く重症の筋肉痛だと治る期間を短くすることができます。

1日5分、朝起きた時、寝る前にお試しください。

また、今回は、常識とされる、ストレッチや、マッサージの弊害もお伝えしていきました。ストレッチやマッサージは健康な状態であれば、非常に有効な素晴らしい方法です。

しかし、筋肉痛を治す視点から立つとマイナスに働きますので、お気をつけください。

ご質問や疑問点は、お気軽にお問合せください。


どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)