肩甲骨の左側痛みのイメージ画像

あなたは・・・

・肩を動かすと肩甲骨の内側が痛い
・左の肩甲骨の奥が痛い
・顔が浮腫んでいるような感じがする
・顔の頬が少し赤い
・頭がボーっとする
・心臓付近の肋骨を押すと痛い
・左腕が張り固い

このような自覚症状がないでしょうか?

実はバラバラに見えるこれらの症状が全て繋がっており、結果的に肩甲骨の左側・奥の痛みへと結びつくのです。

今回は、肩甲骨左側・奥の痛みを取り上げ、原因や対処法をお伝えしていきます。

どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)

肩甲骨の左側が痛む場合まず取るべき行動

医療機関の受診

・急に刺すような痛みが走った
・今まで肩甲骨の左側が痛くなったことがないのに最近痛くなった
・体を動かしても痛みが変わらない
・マッサージなどに行っても痛みが変わらない
・かなり慢性化している

このような場合は、医療機関を受診しましょう。

病院に行っても変わらないとおっしゃる方もいますが、病院の優れている点は隠れた病気がないか画像診断で詳細に検査できることです。

病院に行って異常がなければ病気ではないので民間療法で対処ができます。

何科を受診すればよいのか?

多くの方は整形外科を受診しますが、基本的には総合病院へ行き判断を仰ぎましょう。

自己判断で整形外科へ行きレントゲンで異常がなかったため、薬や湿布を貰って終わりそのまま放置というパターンが非常に多いのです。

これでは隠れた病気があったとしても気付かずに手遅れになりかねません。

伝え方

病院では伝え方が重要になります。

例えば

「肩が痛い」

とだけ伝えると確実に整形外科に回されるでしょう。

ここをもっと具体的に

「〇〇日前からいきなり肩甲骨の奥の方が痛みだし、特に左側が痛い。キリキリしたような痛みだ。」

と伝えると適切な科を紹介してくれる確率が上がります。

面倒ですが、現状の病院のシステムだといかに症状を細かく伝えるかが重要になります。

肩甲骨の左側の痛みの原因

内臓整体イメージ画像

医療機関を受診し異常がない場合を条件とします。

背骨、肋骨の捻じれ

背骨が捻じれると肋骨も捻じれその結果、筋肉も捻じられ神経を圧迫し痛みが出現する場合があります。

肩甲骨内側を触ると非常に固くなっています。

筋繊維の軽微な損傷

一種の筋肉痛、肉離れとも考えられますが、腕をよく使うスポーツ選手、職業に多く見られます。繰り返し筋肉に負荷がかかるため破壊→回復→破壊→回復のサイクルが早すぎるため起こります。

内臓疲労

特に心臓の疲れは体の左側に出ます。東洋医学では心=ストレスと考えられておりストレスが強まると心臓への負担が増し、結果として肩甲骨の左側が痛む原因となります。

肘の捻じれ

右手と左手の前腕の固さを比べてみてください。

左手の方が固くないでしょうか?

肘をよく捻じる職業や同じ体勢で作業する方は肘の捻じれが顕著に出ています。

心臓の経絡は指先まで通っていますので、前腕の固さが肩甲骨の痛みと関係する場合があります。

前肩

肩が前に行ってしまっている、いわゆる前肩になると背中側の筋肉が引き伸ばされます。

その状態が長く続くと痛みの原因となります。

東洋医学的には肩甲骨側は心経、胸側は肺経で心と肺は互いにシーソーのような関係になりますので、どちらか一方がバランスを崩すともう一方も崩れることになります。

肩甲骨左側の痛みとの関連症状

肩甲骨の左側の痛みは患部の痛みだけでなく様々な関連症状を引き出します。

その関連症状により痛みの原因が違ってきます。

肩を動かすと肩甲骨の内側が痛い

原因としては、肩甲骨付近の筋肉の固さが考えられます。

腕を横からバンザイしてみると動かしづらいはずです。

左の肩甲骨の奥が痛い

「奥」が痛い場合は、心臓の疲れで特にストレス性のものが多いのが特徴です。

肩甲骨の骨の真ん中を押すと圧痛があるはずです。

顔が浮腫んでいるような感じがする

心臓由来の浮腫みの可能性があります。

浮腫みには腎臓が原因のものと心臓が原因のものとあります。

顔の頬が少し赤い

東洋医学では心臓が疲れていると顔に赤みが出てきます。

のぼせる感じと似ています。

頭がボーっとする

ストレスがある場合心臓にはもちろん負担がかかりますが、頭頂部の百会というツボ付近が浮腫んだようにブヨブヨになります。

頭頂部付近の循環が悪くなることで頭がボーっとする場合があります。

心臓付近の肋骨を押すと痛い

心臓が疲れると前側の肋骨の心臓付近を押すと圧痛が出る場合があります。

左腕が張り固い

心臓の経絡が指先まで通っています。更に心臓は左側にありますので、症状としては、左腕の張りや固さとなって現れます。

肩甲骨の左側の痛み対処法

前腕をマッサージする

肩甲骨の左側に痛みがある場合は左の前腕部分が右側に比べると固いはずです。裏、表、内、外を万遍なく気持ちいい程度の圧力でマッサージしてあげてください。

1分程で柔らかくなってきます。

経絡の繋がりを利用し肩甲骨の痛みへアプローチする方法です。

胸側をストレッチする

肩甲骨側が固くなっているということは表裏の関係で前側も固くなっています。

大胸筋をストレッチしてあげることで肩甲骨の位置が正常に戻るようになります。

肩甲骨を直にストレッチするのは難しいですが、大胸筋のストレッチであれば非常に簡単にできます。

肩甲骨の左側の痛み予防法

肩甲骨の左側の痛みは出さないようにすることも重要です。

そのためには以下のことに注意しましょう。

デスクワークなどで長時間同じ姿勢が続いたらリセットする

人の体には「自然矯正機能」が備わっていることを誰も知りません。

人の体が歪むというこは当然の事なのです。

歪むことで一部分に負担がかかるのを避けているわけです。

つまり、一部分の負荷を取り去ってあげると非常に簡単に歪みは改善します。

それが疲れたら「あ~っ」と伸びる動作です。

猫がグーッと体を伸ばす動作にも似ています。

あのような大きなゆっくりとした動作が人の自然矯正機能であり、その日の歪みはその日に取ることができます。

歪みを貯めてしまうと固まってしまい簡単には取り除けないようになります。

日常の癖を意識する

人の体は「骨格が歪む→筋肉が固くなる」という特性があります。

足組み、アヒル座り、片足荷重、頬杖などをするとその瞬間に骨格が歪みます。

まず日常の癖を把握し少しずつ排除していくことが予防になります。

ただ、もし癖をやってしまったとしても「自然矯正機能」を使えば非常に簡単に歪みは改善します。

例えば足組みをしたら腰を大きくゆっくりと捻ったり、足踏みをしたりすることで歪みは改善されていきます。

お腹を冷やさない

東洋医学では特にお腹が重要視されています。

内臓はチームプレーで動いておりバランスが非常に重要になります。

しかし、そこに冷えが加わると全体的なパフォーマンスが落ちます。

夏でもお腹だけはタオルなどを掛けるようにしましょう。

まとめ

・肩甲骨の左側に今で感じた事がない痛みが出た場合はまず病院に行くこと

・医療機関を受診し異常がない場合は、骨格の捻じれ、筋肉の固さ、内臓疲労が原因になっていることがある

・肩甲骨の左側の痛みとの関連症状を見逃さないようにする

・予防は日常の当たり前のことをするだけで非常に簡単にできる

・忙しい場合は対処法で乗り切ることもできる

などをご紹介していきました。

今回の症状がある方は記事を参考に改めて自分の体にどれぐらいの負担をかけてきたのかを見直し、生活を改めてみてください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。


どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)