肩の亜脱臼のイメージ画像

肩の亜脱臼で腱、靭帯、骨の損傷がない場合は、セルフケアを行うことにより早期の改善が期待できます。

肩の痛み、四十肩五十肩、肩関節の可動域の減少、肩のゴリゴリ音などに効果があります。

整体に行く余裕のない方は是非お試しください。

肩の亜脱臼について詳しく知りたい方はこちら⇒肩の亜脱臼の痛みは整体で改善できるのか?

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *

肩の亜脱臼セルフケア

その1

1 腕を胸の前に持ってくる
2 腕を外捻じりしながら上に上げる
3 腕が完全に伸びきるまで外捻じりしながら上げる
※左右2~3回程度。痛みのない範囲で行う

上手くできれば痛みは出づらいはずです。40肩50肩で腕が真上に上げれない方は痛みの出ない角度に上げてください。

「外捻じりをしながら腕を上げる」

という部分が重要です。

その2

その1、その2共に痛みが出ない範囲で行うことが重要です。

まとめ

肩の亜脱臼のセルフケアは少しずつ痛みの出ない範囲で行うことが重要です。

痛みが出ると筋肉は防御し固くなってしまいますので、一気に行うより、少しずつ継続することが重要です。

腱、靭帯、骨の損傷がある場合は、専門医の指示に従い患部の治療が終わるまでは控えましょう。

患部の治療が終わり、炎症などが引いた状態であれば行っても問題ありません。

肩関節の亜脱臼の整体にご興味ある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *