「肝臓が悪い」

と言われると

「お酒の飲み過ぎ?」

などと言われますが、アルコールの分解は実は肝臓の一機能に過ぎません。

肝臓は生命維持に極めて重要な様々な作業をしています。

今回は、素人でもわかるようなるべく専門用語使わずに肝臓のしくみや機能をご紹介したいと思います。

肝臓の構造

位置

横隔膜のすぐ下でどちらかと言うと右側に位置します。鳩尾より右側になります。

重さ

1200~1500gで人体最大の臓器で重さは皮膚に次ぎ2番目です。

大量の血液のため暗紫色をしています。

温度

人体最高温度の臓器です。

肝臓のはたらき

肝臓は、吸収された栄養素を体に必要な栄養素に作り変える処理や貯蔵を行います。更に解毒なども行いまさにフル稼働と言えます。以下簡単にご紹介します。

炭水化物

ぶどう糖に合成され動くエネルギーとして使われます。余った分は貯蔵しています。

たんぱく質

アミノ酸になり、血液中の糖の増減により、ぶどう糖を作り、血液中に流します。

脂質

脂肪は、コレステロールを作る原料として使われます。

胆汁を作る

十二指腸で使われる胆汁を作り出します。胆汁は消化、吸収に使用されます。

グリコーゲンの貯蔵

ぶどう糖は必要な時にしか使わないため普段は、グリコーゲンに変化させて貯蔵されています。

ビタミンの貯蔵

ぶどう糖と同様で、変化させて貯蔵され必要な時は、再度ビタミンに変換され使用されます。

解毒作用

アルコールの分解、毒の無害化などを行います。アルコールは、分解したときにアセトアルデヒドという有害な物質になりますが無害化されます。

肝臓のメンテナンス方法

肝臓は化学処理、無毒化、貯蔵など非常に忙しい臓器だとわかってもらえたかと思います。

肝臓のメンテナンス方法としては、なるべく負担のかからない食事やアルコール制限が望ましいのでしょうが、中々難しいのが現状です。

そこで、手当てを活用した簡単メンテナンス方法をお伝えします。

鳩尾より右側の肋骨の際に肝臓の反応点があります。大体で大丈夫です。

そこに、手のひらを当てておくだけです。

大体肝臓に負荷がかかっている人は、反応点が非常に固い傾向があるので、これは柔らかくすればいいのです。

マッサージの必要はなくただ5分程度手を当てておくだけで十分なメンテナンスとなります。

まとめ

肝臓は、5%程の脂肪を含んでいます。

脂肪も重要な要素なので、過度なダイエットなども肝臓に負担をかけます。

食事としては、アルコールを少なめにしたり、着色料や化学薬品は摂取しないなどを気を付ければよいでしょう。

肝臓を無駄に働かせないということが重要だと思います。

忙しい方は、せめて今回の肝臓のメンテナンスをやってあげてください。

かなり状態が違ってくるはずです。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *