腎臓は西洋医学でも東洋医学でも非常に重要視されている臓器ですが、その機能について知る人は少ないでしょう。

今回は、重要臓器の一つである、腎臓をなるべく専門用語を使わずわかりやすく仕組みやメンテナンス法をお伝えしようと思います。

腎臓の構造

場所

肋骨の一番下である第12胸椎辺りに左右一対ずつあります。

ソラマメのような形です

腎臓の機能

水分調整

余計な水分は排出し体内の水分量を一定に保ちます。

排泄

老廃物や有害物質などを尿と一緒に排泄します。

血液のろ過

血液中の不要なものを排泄したり必要なホルモン分泌を行います。

血液中の塩分濃度の維持

体に最適な塩分濃度を保ちます。

酸性濃度の維持

酸性を中和し体に最適な酸性濃度を維持します。

ホルモン分解、排泄

体に不要なホルモンは分解、排泄します。

カルシウム吸収促進

ビタミンDを活性化し、カルシウムの吸収を助けます。

血圧コントロール

血圧を上げたり下げたりする酵素を分泌し血圧をコントロールします。

腎臓メンテナンス法

腎臓は第12胸椎、肋骨の裏側にあります。つまり、肋骨が物理的に捻じれる歪み方をすると無駄な負担をかけてしまいます。

人間の体は非常に捻じれやすい構造になっていますので、その捻じれを毎日正さなければなりません。

しかし、非常に簡単な方法で捻じれは取れますので、お試しください。

やり方

1 立った状態で、体をゆっくりと捻り捻った所で深呼吸を2~3回
2 左右両方行う

これで、可動域が呼吸の度に上がり、肋骨の捻じれが矯正されます。痛い場合は痛くない範囲で行ってください。

まとめ

腎臓の仕事量の多さに驚いた方も多いと思います。血液のろ過だけでなく、ホルモン分泌や浄化作業、酵素を作り出したりその忙しさは肝臓と並ぶ程でしょう。

肝臓は、お酒で有名なので、メンテナンスの意識は多少あるでしょうが、腎臓は中々イメージがわきづらいと思います。

腎臓は、主に血液の増加と尿での不純物の排出がメインですので、体の浄化装置とも言えます。

腎臓が上手く機能しない場合は血液などをろ過できず透析を受けたりしなければなりません。

そんな非常に重要な臓器ですから、今回ご紹介した腎臓メンテナンス法を仕事の合間でも良いので是非行ってください。

これだけで、肋骨の捻じれは取れ腎臓は本来の役割に全力を尽くすことができるはずです。


どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)