胃は食物の消化をしてくれる重要な部分になります。

胃がキリキリする、胃痛、胃がムカつくなど、胃は様々な症状が出る部分でもあります。

今回は、そんな胃の仕組みや構造をすぐに使えるうんちくとして専門用語をなるべく使わずご紹介したいと思います。

胃の構造

胃は、袋状でお腹の左上から右下にかけてあるJ字型の形をしています。

3つの筋肉が縦、横、斜めと動き胃の蠕動運動をし、食物を消化しています。

胃の仕組み

胃は消化前の下ごしらえをする

胃で全て消化するものと思われていますが、実は違います。本格的な消化は十二指腸や小腸で行われます。胃はその前に下ごしらえをする場所です。

胃液を分泌

消化をするために、1cm四方に100個ある胃腺から1日に1.5~2.5Lもの胃液を分泌しています。

胃液の成分は、塩酸、消化酵素、粘液で、粘液に関しては、塩酸に胃を保護するために分泌されています。

弁機能

胃の次は、十二指腸に行くのですが、ここに筋肉があり、中性か弱酸性であれば、開く仕組みですが、酸性の場合は開きません。十二指腸を酸から守る弁の仕組みです。

酸性から中性へ

十二指腸に行く前にアルカリ性の粘液を出し酸性を中和し送り出します。

胃のメンテナンス方法

食べ過ぎ、飲み過ぎで胃のムカつきというCMがありますが、普段からメンテナンスしていればそんなことは起こりません。

胃は非常にストレスに弱い部分です。ストレスで胃潰瘍になることは周知の事実です。

胃を管理しているのが、自律神経です。

交感神経が興奮すると胃は収縮し食欲も無くなります。

副交感神経が興奮すると胃は拡張し、お腹がすいてきます。

ほっと一息つくときに何か食べたくなることはありませんか?あれは自律神経の作用です。

どちらが良い悪いというのはありませんが、胃は筋肉ですので、基本的には緩めておいた方がよいのです。

かといって胃を直接マッサージすると刺激で胃液のバランスが崩れてしまいます。

そこで、お勧めなのが「深呼吸」。

1日30秒程度の深呼吸だけで十分です。

これで胃が拡張しますので、メンテナンスにもなりますし、普段からストレスがある方にはストレス解消法にもなります。

まとめ

胃で全て消化するのではないのは意外だと思います。

胃は強い酸がありますので、消化の他にも消毒の意味合いも強いでしょう。

胃がしっかりと働いてくれないと食物も食べられず弱っていくだけです。

好きなものを食べるのはいいですが、食べれば胃は働きます。

胃が楽な仕事をできるように良く噛んで食べましょう。

今回の胃のメンテナンス方法も1日30秒を毎日とりあえず1ヶ月継続してください。

胃が悪い人はそれだけで調子が変わってきます。是非お試しを。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *