変形性股関節症

変形性股関節症は一度なってしまうとほぼ慢性化してしまい、最終的には、びっこを引き、手術しかない状態まで陥ることがあります。

慢性化しても改善する場合もありますが、残念ながら手術に頼らなければいけない時も存在します。

変形性股関節症は日常生活に気をつければ予防ができますし、すでになっていてもまだ諦める必要はありません。

今回は、変形性股関節症の基礎知識と変形性股関節症に対して整体が何が出来るかなど誇張なしでお伝えできればと思います。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *

変形性股関節症とは?

変形性股関節症 画像

出典:日本整形外科学会

股関節には本来画像のように隙間がありますが、股関節の軟骨がすり減り骨と骨同士がぶつかり変形してしまう症状です。痛みが強く、びっこを引いてどんどん症状が悪化していきます。

末期になるとほとんど癒着している場合があります。

筋肉がしっかりしている時期は問題ありませんが、筋肉が衰える中年以降の女性に特に多く、歩き方にも影響が出てくる症状です。

変形性股関節症の症状

あくまで参考の症状です。正確な診断は医療機関を受診してください。

初期

・自転車をこぐと股関節が痛い

・股関節の動きが悪い

・フラダンスなどをすると股関節が痛い

中期

・階段を上る時に股関節が痛い

・歩行中もたまに痛い

末期

・びっこを引く

・股関節が固まっている

・夜寝る時も痛む

などの症状があり、病院へいってレントゲンを取ればほぼ8割は変形性股関節症を診断されるでしょう。そして、痛み止めをだされ終了となります。

足首、膝、股関節は足ですので、疾患が非常に多い部分です。足は動作の要ですので、日常生活に多大の影響が出てしまいます。

変形性股関節症の西洋医学視点からの原因

加齢

年齢を重ねると股関節周りの筋力の元々弱い女性などに多く発生するとされています。

臼蓋形成不全

生まれつき股関節がはまっている臼蓋が浅く常人よりも股関節に多大な負担がかかり変形性股関節症になりやすいとされています。

発育性股関節形成不全(先天性股関節形成不全)

生まれた後に何らかの原因で股関節が脱臼や亜脱臼を起こしてしまう症状で整復が上手く行っていないと変形性股関節症になる可能性が高まるとされています。

大腿骨骨頭壊死症

股関節骨頭への血流不足で壊死してしまう症状です。変形性股関節症の原因となるとされています。

変形性股関節症の整体視点からの原因

内臓の不調

内臓の固さや疲労が出ると外側の筋肉が固くなったりすると東洋医学的には考えます。

筋肉のバランスが悪くなると股関節などの骨格の歪みが発生し、日常生活で非常に負担がかかったりしてしまいます。

股関節の詰まり

日常の癖などの積み重ねで股関節が詰まってしまい、周りの筋肉が固くなり軟骨に負担をかけてしまいます。

膝、足首の捻じれ

膝や足首が捻じれるとその影響は股関節にまで及び股関節も捻じれてしまいます。捻じれは筋肉のアンバランスを生み、その状態で日常生活を続けることで股関節に負担がかかります。

背骨の歪み

猫背とつま先、反り腰だと踵に重心がかかります。

更に背骨が右に曲がっている右足に、左に曲がっていると左足に重心がかかり、足の付け根にある股関節に不要な負担をかけてしまいます。

変形性股関節症の簡単予防法

変形性股関節症 予防

ごくごく当り前のことで、体の負担を減らすことができます。

休む

変形性股関節症の方は、楽天的な方が多く、股関節をかなりひどくなって来られる方が多くいらっしゃいます。

とにかく、よく動き、休まない人に多く、痛くても無理して動きます。

痛みは休めのサインです。そのサインを無視して動けばひどくなりますので、サインを見逃さないことが重要です。

体というのはシンプルにサインを出します。痛みが出れば休め、疲れたら休め、お腹がへったらご飯食べろ。誰でもわかるサインです。

休むといっても何ヶ月も休むということではなく、1時間動いたら10分座って休む、体をほぐすなどの細かな簡単なことです。

日常の癖に気を付ける

足を組む、片足重心、女の子座り、アヒル座りなどの無意識にでる癖に気を付けてください。無意識の時は筋肉の力抜けていますので、骨が歪みやすいのです。

同じ姿勢を続けたら動く

事務作業などで、同じ姿勢を続けると筋肉は硬直します。筋肉が硬直すると血流、リンパの流れは阻害されます。1時間に1回は立ち上がって伸びたり、ストレッチをして体をなるべく固まらないようにしましょう。

股関節歪み矯正エクササイズを行う

1 足を肩幅より広く開く
2 足を開いたままお尻を床に落としていく(お相撲さんの四股のような感じです)
3 お尻を落としたらそのまま少し揺れ動きます

※20秒程度で十分です。痛みは出ないようにしてください。

このエクササイズで股関節が良い位置に矯正されます。股関節に問題がある方は極端に固いと思いますが、少しずつ行ってください。

変形性股関節症は整体で改善できるの?

変形を元に戻すことはできないが痛みの軽減は期待できる

変形したものは元に戻すことはできませんが、股関節が変形したり、軟骨がすり減っていても関節調整や固くなった筋肉を柔軟にしバランスを良くすることで痛みが軽減したり、可動域が改善したりという効果は多いに期待できます。

股関節が変形するということは、日常から全身のバランスが崩れていたということですので、バランスを取り戻し、更に筋肉の固さ、骨格の歪みを取り除けば痛みも軽減い、歩行も正常化する場合があります。

変形性股関節症になりびっこの期間が長いと時間がかかる

しかし、あまりにも変形性股関節症となりびっこの期間が長い場合、周辺組織の癒着が激しく、可動域が非常に狭いので、かなりの時間を要することになります。

壊死や脱臼は整体では対応できない

大腿骨骨頭壊死や股関節脱臼、他の病気などが原因の場合は、整体では対応できません。

専門医の指示に従いましょう。

整体を受けると人工関節は回避できる?

変形性股関節症と言われ初期の方であれば痛みが軽減し動けるようになりますので、そのまましっかりとメンテナンスしていけば回避できる例はたくさんあります。

しかし、変形性股関節症になって長くびっこを数年引き股関節が癒着しているものであると整体で痛みを軽減はできますが、「痛み軽減⇒整体⇒痛み軽減⇒整体」の繰り返しとなります。

これが半年~1年以上時間がかかる場合もあり、耐え切れずに人工関節を選択する方もいます。

整体は変形した関節部を治すのではなく、あくまで全身のバランスを取り股関節の負担を減らし痛みを軽減するものだと認識しておいてください。

整体に通う必要はある?

変形性股関節症の場合は、慢性のものです。

慢性のものほど回復までは時間がかかります。

変形性股関節症でもその場で痛みが軽減するものが多いですが、やはり日常生活の過ごし方によっては痛みなどが復活したりします。

日常生活を過ごしても痛みが出ないようになるまでは、継続が必要だと考えています。

しかし、こちらから強制するべき事柄ではなく、決めるのはクライアントさんだと考えています。

クライアントさんが実際に整体を受けてみて通っている方もいらっしゃいますし、途中で中止してしまった方もいます。

変形性股関節症の整体は実際どうやるの?

患部ではなく全身、内臓疲労などを優先

当整体院のやり方をご紹介します。

まずは、うつ伏せで骨盤、背骨の歪みや筋肉の固さを取っていきます。

バキボキや強押しのような技術は使わず優しい刺激です。

次に仰向けになり、内臓の固さや疲労を取っていきます。

全身のバランス、内臓疲労をまず取ることにより、股関節周りの筋肉が緩んできます。

日常生活の動きで痛みを追いかける

全身の全体的な調整が終わった後に、足を動かしたりしながら痛みを追いかけていきます。

そして、座位、立位などの日常生活に沿った姿勢で更に症状を追いかけていきます。

「股関節の痛みや違和感は軽減するんだ!」

とクライアントさんに知ってもらうためにもある程度までは症状を追いかけています。

炎症、靭帯損傷、骨の問題がある場合はツボを使う

炎症などがある場合は患部に触り過ぎるとひどくする場合があります。

このような場合は、遠方よりツボを使いながらジワジワ攻めていきます。

変形性股関節症の素朴なギモン!

整体でなぜ痛みが軽減するのですか?
股関節が変形していても痛みが出ていない人は実はたくさんいます。痛みが出るのは様々な要因があります。整体ではその中でも骨格の歪み、筋肉の固さ、内臓疲労を取り除いていきます。
夜ジンジンするんですが、温めた方がいいですか?
炎症が起こっていますので、冷やしましょう。夜ジンジンする感じが無くなってきたら温めます。
長い間、股関節が痛いですが、病院は行った方がいいですか?
行くことをお勧めします。隠れた病気などは整体ではわかりません。
痛い時は休んだ方がいいのですか?
休めるのであれば休みましょう。休めないのであれば股関節に負担がかからない生活を心がけましょう。
ストレッチなどはした方がいいですか?
ストレッチは痛みや違和感が出ない範囲であれば行ってもいいですが、痛みがあるのに無理に行うことは止めておきましょう。
整体に行く余裕がないです。
変形性股関節症のセルフケアをご参考にされてください。

 

まとめ

まず、変形性股関節症のような症状がある場合は、医療機関を受診し、しっかりと精密検査をしましょう。

隠れた病気などがないか見極める上でも重要なことです。

医療機関を受診し、変形性股関節症と診断され

「安静に」
「筋トレをしてください」
「うまく付き合うしかない」

と言われたのであれば、整体の出番となります。

整体は、変形性股関節症そのものを治すわけではなく、全身の骨格の歪み、筋肉のバランスを取ることにより、症状の軽減を目指します。

変形性股関節症と診断されていても痛みや違和感がない方がたくさんいることを考えれば全身のバランスがいかに重要かわかって頂けると思います。

変形性股関節症の整体にご興味ある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *