変形性膝関節症(膝OA)

変形性膝関節症(膝OA)は日常的に非常に増えてきている疾患です。

高齢化社会に伴い膝は元気を保ちたい部分でもあります。

今回は、変形性膝関節症(膝OA)の原因や予防法などの知識に加え整体は効果があるのか?といった突っ込んだ内容までお届けします。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *

目次

変形性膝関節症(膝OA)とは?

変形性膝関節症(膝OA)

膝の軟骨がすり減り骨同士がぶつかってしまう症状です。水が溜まったり、炎症を起こしたり、長い間放置しておくと骨表面がざらざらになることもあります。その場合は、内視鏡の手術などに至る場合があります。

炎症が進むと膝自体が変形し、大きく腫れ上がることもあります。

変形性膝関節症(膝OA)の症状

あくまで代表的な症状です。診断は病院を受診してください。

初期

・膝の違和感

・自転車をこいだ時などの軽い痛み

・立ち上がりの時の軽い痛み

中期

・歩いた後膝に熱がこもる

・歩行での膝の痛み

・痛みがひどくなってくる

末期

・寝ている時も膝がズキズキ痛む

・膝に水が溜まる

・びっこを引く

変形性膝関節症(膝OA)西洋医学視点の原因

西洋医学的な原因には一次性、二次性と分けられます。

一次性変形性膝関節症

加齢、筋肉の衰え

年齢を重ねると筋肉が衰え膝関節に負担がかかり軟骨が摩耗します。

特に筋力の弱い女性に顕著です。

肥満

体重増加は膝に負担をかけます。

O脚、偏平足

膝が捻じれたり、外側に広がったりして膝の一定の部分だけに負担をかけます。

二次性変形性膝関節症の危険因子

靭帯損傷、半月板損傷

スポーツ、事故などにより、靭帯や半月板損傷を起こし変形性膝関節症に繋がる場合があります。

膝関節捻挫

靭帯損傷、半月板損傷と重なりますが、膝を捻じることで起こり痛みがでます。

慢性関節リウマチ

自己免疫疾患等で膝が腫れたり、痛みが出る場合があります。

変形性膝関節症(膝OA)整体視点の原因

整体の原因は骨の歪み、筋肉の左右差、内臓の疲労などから原因を考えます。

内臓疲労

東洋医学では五臓の乱れが病の原因とされており、内臓は非常に重要な位置にあります。

膝にも内臓から繋がる経絡が通っており、重要なツボがたくさんあります。

内臓が乱れると経絡を通じて膝の関節が捻じれたり、スライドを起こしたりします。

内臓の状態は骨格へも影響を与えるのです。

膝の捻じれ

私が経験した一番の原因です。日常の癖などで膝が捻じれたまま過ごし軟骨がすり減っていきます。加齢や遺伝説もあるようですが、日常の過ごし方が一番重要です。全身状態を改善した後、膝の捻じれを治すと重度の変形性膝関節症(膝OA)の痛みも消え、溜まった水も減る症例もあります。

筋肉の固さ

変形性膝関節症の方の太ももやふくらはぎを触ると一定の部分だけ固い場合があります。

それらを取り除くと痛みが軽減する場合があります。

変形性膝関節症(膝OA)の予防法

変形性膝関節症(膝OA) 予防

ごくごく当り前のことですが、これらを徹底して防ぐことで変形性膝関節症(膝OA)の予防へと確実に繋がります。

日常の癖に気を付ける

片足荷重、足組み、女の子座り、アヒル座りなどの動作です。これらの動作を一瞬でも骨格はミリ単位で歪んでしまいます。

食生活に気を付ける

例えば甘いものを食べ過ぎると脾経という経絡が固くなってしまいます。脾経は足の内側を通っている経絡でここが固くなると膝の捻じれが発生したりします。体は全て繋がっています。

体を動かす

大きく伸びたり、ストレッチのような運動は、歪んだ体を自然に矯正させる力があります。ランニングなどを無理にしなくても良いので、大きく軽く体を動かしてみてください。

変形性膝関節症(膝OA)に整体は効果的か?

膝関節の歪み、筋肉の固さが原因のものであれば効果的

変形性膝関節症(膝OA)であっても歪みや筋肉の固さで原因の場合は、非常に整体が効果的です。

変形した膝関節が元に戻ることはないが痛みや違和感は軽減できる

変形したものは変わりませんが、周りの骨格の歪みや筋肉のアンバランスを整えてあげると痛みが軽減します。

変形性膝関節症(膝OA)は通わなければいけないのか?

変形性膝関節症(膝OA)の痛みや違和感が改善するまでは必要

痛みや違和感が消えるまでの期間は個人差があります。

変形性膝関節症(膝OA)の痛みが出づらい体にしたい場合は、定期的にメンテナンスが必要

痛みが改善した後に月1回くらいのペースで継続すると体の良い状態が維持できます。

慢性化したもの、高齢者などは長くかかる

変形性膝関節症(膝OA)が慢性化している方、高齢者などは治癒力がどうしても遅いため長くかかる場合があります。

変形性膝関節症(膝OA)はどうやって整体をするの?

全身のバランス、内臓のバランスを最優先

膝に問題が出た時点でその影響は全身へと広がるという考え方が整体です。

いきなり患部を攻撃するのではなく、周りの全身、内臓疲労をまず取っていきます。

バキボキ、強押しは一切しません。

全身のバランス、内臓の疲労が取れてくると膝関節周りの筋肉が緩んできます。

一番最後に膝の痛みを追いかけていきます。

座位や立位で調整することもある

寝た状態で痛みが改善しても座ったり、立ったりすと痛みが出る場合があります。

日常生活は座ったり、立ったりすることの連続です。

日常生活動作で調整することで、痛みの改善の効果が全く違ってきます。

炎症、靭帯損傷、骨のすり減りなどはツボで対応

変形性膝関節症(膝OA)は患部の炎症、変形、靭帯損傷がある場合があります。

通常の整体であるとこれらには対応できませんが、ツボを使用することで遠隔からアプローチすることができます。

変形性膝関節症(膝OA)の素朴なギモン!

半月板損傷、靭帯損傷でも効果はありますか?
病院に行き処置を受けた後であれば効果が期待できます。整体は靭帯や半月板の損傷具合まではわかりません。
膝がジンジン痛むけど冷やした方がよい?
動かなくても痛い、寝ている時にもジンジン痛む場合は、冷やしましょう。安静時痛などが無くなれば温めます。
スポーツ復帰をしたい
靭帯断裂、半月板損傷などをしている場合は、専門医の指示に従った上で補助として整体を受けると復帰へ道ができると考えます。
水がたまっていても整体はできますか?
問題ありません。
高齢者だともう手遅れ?
人は改善するようにできています。問題ありません。
整体に行く余裕がない
変形性膝関節症(膝OA)のセルフケアをご参考にされてください。

まとめ

膝の痛みや膝の腫れなどがある場合は自己判断はせず、まず医療機関を受診しましょう。

安静時痛、ジンジンした痛みがある場合は、冷やし、それらが消えれば温めます。

半月板損傷、靭帯断裂は専門医の指示に従った上で整体は補助的に利用しましょう。

変形性膝関節症(膝OA)の整体のご興味ある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *