針治療 画像

針治療はWHOにも認められ全世界で研究されている療法です。

代替療法の中で一番科学的に研究され、更に効果も確認されているのが、針治療でしょう。

しかし、整体も含め代替療法は保険が効かないか一部しか効きません。

そのため、出費が多くなってしまいます。

痛みや病気を抱えている方は働くのも辛い方や休職している方も少なくありません。

一般家庭に出せる金額でもきつい出費の場合が多いのです。

そこで、今回は、鍼治療の内臓治療を自分で出来る方法をご紹介致します。

更に針治療の簡単な知識などもご説明していきますので、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

針治療とは?

非常に細い針をツボに刺すことにより、経絡の流れを良くし、治療へと結びつける方法です。

様々な科学的検証が行われましたが、経絡やツボなどの全貌は今だにはっきりしていません。

日本の針は非常に細く、痛みが少なく、中国の針は太く長い特徴があり、国によっても技術や針の特徴が違います。

針治療 画像

WHOが認めた針の効果

【神経系疾患】
◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
【運動器系疾患】
関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防
【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

抜粋:日本鍼灸師会

針のメリット

内臓治療ができる

経絡、ツボは簡単に言うと内臓と繋がっています。

一般の整体は骨格の歪みなどしか見ませんが、針の場合は、内臓の状態を診ることができます。

筋膜の癒着などを取ることができる

かなり深く刺す針は、経絡の刺激よりも物理的に筋肉や筋膜の癒着を剥がすことができます。

整体では、真似のできない技法です。

理論がしっかりとしている

針の基本的な理論は何千年前にも作られた古典に記載されています。

整体の理論はバラバラであり、統一性がないことが残念なことです。

針のデメリット

自分で出来ない

手技とは違い特別な針がいりますし、自分で行うことは難しいのが難点です。

針が苦手な人が多い

私もそうですが、細くてもどうしても針が苦手という先入観があります。

施術者の技術差が大きい

針が上手な方と下手な方で効果が大きく違ってきます。

職人技が必要な世界です。

針治療 画像2

内臓治療がなぜ自分でできるのか?

整体の世界では、「手当て」という言葉がよく使われ、手を当てるだけで人間の体は、反応するように出来ていることが知られています。

強いマッサージやバキボキ系の技ばかりが主流になっていますが、基本的には、手を当てるだけで、筋肉は柔らかくなりますし、経絡やツボにも働きかけることができます。

そして、これは、職人技でも何でもなく技術は一切必要とせず誰にでも再現可能なのです。

流派によって見解が違いますが、針を刺すことにより、刺激与え神経を活性化させたり、気を充実させるという理論もあります。

どちらにせよ、手で触れるだけで、内臓にも良い影響があります。

握手をした時の事を想像してください。

軽く握手をした感触を感じただけで、人間は、自律神経が働き、血流やリンパの流れに変化が出て、ホルモンの何らかの変化が出て、メンタルや肉体面に影響を与えます。

1~2秒程度の瞬間に体は一瞬で変化しているのです。

自分でできる内臓治療の方法(一般バージョン)

1 目的の場所に手の平を当てる。強さは皮膚に触れているだけの非常に弱い力。水の表面に触れているような強さ。

2 1か所につき30~40秒程度手を当てておく

これだけです。

難しく考えずやってみましょう。

次から手の平を当てる場所をご紹介します。

全身の繋がりを掴む

まず、人間の体は東洋医学的に内臓と外側が次の図のように繋がっています。

覚える必要はありませんので、こんな感じなんだという雰囲気を感じてください。

お腹や背中の主要部分を手当てしていくとその効果は全身に及びます。

針治療 経絡 画像

お腹のやり方

覚える必要はありませんので、以下のお腹の場所を触れていきます。位置は適当で結構です。

脾がヘソとなります。

針治療 腹診 画像

背中のやり方

お腹が出来ない場合は、背中でも同等に効果があります。

パートナーとやってみてください。

お腹同様位置は適当で構いません。背骨の数や肋骨の場所など数えなくても構いません。

大体の位置をまんべんなくやってください。

針治療 背候診 画像

出典:医王会より購入

以上です。全部で12か所ありますので、最大で6分程度でできます。

基本的には、お腹だけやりましょう。

大事なのは、継続することなので、完璧にやろうとしないことがコツです。

自分でできる内臓治療の方法(細かいバージョン)

1 お腹の固さや圧痛を確認しておく。押す強さは大体2キロ程度

2 圧痛や硬い部分に手の指を当てる。強さは皮膚に触れているだけの非常に弱い力。水の表面に触れているような強さ。

3 1か所につき50~60秒程度手を当てておく

4 再度固さや圧痛を確認し少しでも軽減していれば成功

 

お腹の押し方

四指で垂直に押す

針治療 腹診 やり方

押す強さのイメージ

指が水に入ってしまっているので、これだと強い

針治療 押し方 画像

水から完全に指が離れてしまっている。気功ではない。

針治療 押し方 画像2

指から水が離れるか離れないかの瀬戸際。表面張力になっている。この強さが理想

針治療 押し方 画像3

全身の繋がりを掴む

まず、人間の体は東洋医学的に内臓と外側が次の図のように繋がっています。

覚える必要はありませんので、こんな感じなんだという雰囲気を感じてください。

お腹や背中の主要部分を手当てしていくとその効果は全身に及びます。

針治療 経絡 画像

お腹の押す場所

覚える必要はありませんので、以下のお腹の場所を触れていきます。位置は適当で結構ですが、圧痛や固さが強い所を念入りにやりましょう。

脾がヘソとなります。

針治療 腹診 画像

背中の押す場所

お腹が出来な場合は、背中でも同等に効果があります。

パートナーとやってみてください。

お腹同様位置は適当で構いません。背骨の数や肋骨の場所など数えなくても構いません。

大体の位置をまんべんなくやってください。

針治療 背候診 画像

出典:医王会より購入

一般バージョンよりも細かく行います。

全部で12か所ありますので、最大で12分程度でできます。

大事なのは、継続することなので、完璧にやろうとしないことがコツです。

まとめ

針治療は素晴らしいものですが、セルフで行う場合に大きな壁となります。

そこで、今回ご紹介した、セルフ整体を試してみてください。

基本的には、一般バージョンで十分に効果があります。

興味がある方や時間がある方は、細かいバージョンに挑戦してみてください。

継続することが大事です。

まずは、1ヶ月行い体の違いを感じてください。


中野の整体ならお任せ!
中野駅南口徒歩3分 猫背・姿勢矯正で痛み・痺れ、こりを改善!もりもと整体
【営業時間】10:00~20:00
【最終受付】19:00※完全予約制
【定休日】火、日、祝
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)