ぎっくり背中イメージ画像

いきなりの背中の痛みは何かの病気かと思わせる程不安なものです。

ぎっくり背中になったら医療機関の受診はする前提で今回のセルフケアをお試しください。

ぎっくり背中について詳しく知りたい方はこちら⇒ぎっくり背中(背中の急な痛み)の原因と対処法・整体は効果的か?

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *

ぎっくり背中のセルフケア

その後に、自宅でできるセルフケアとしてお試しください。

ぎっくり背中の痛みチェック

体を動かしてどこでどのくらい痛みがでるか覚えておいてください。

ツボ療法

次に紹介するツボを1か所につき40~50秒程度指圧のようにジーと持続圧をします。

ツボの正確な場所よりも固さや圧痛がある方を優先し、左右比べて固い所や圧痛がある方を優先します。

陽池

手の甲の薬指外側の延長線上の手首のしわの部分にあるツボでこの1穴で骨盤の歪みが整い、更に肩甲骨の動きも良くなります。

ぎっくり背中 ツボ

曲泉

膝を曲げるとできるしわの部分で、膝の内側になります。ぎっくり背中の方は大抵背中の肝経が張っているのそれを柔らかくするツボです。

ぎっくり背中 ツボ

陽陵泉

膝の外側の下にある出っ張った骨(腓骨頭)のすぐ下にあるゴリゴリがツボになります。筋肉や靭帯の損傷を修復する能力があります。

ぎっくり背中 ツボ

出典:ツボ単

これらのツボを刺激した後、ぎっくり背中の痛みのチェックを行い少しでも改善していれば成功です。

改善していなくても我慢強く継続することが重要になります。

毎日飲むお薬だと思って刺激しましょう。

まとめ

ぎっくり背中で動けなくても今回のセルフケアはお使い頂けます。

ツボの位置は気にしなくてもよいので手の平全体でツボを覆って皮膚が動くくらいの軽い圧力で刺激しましょう。

ぎっくり背中予防にも使えます。

整体を受ける余裕のある方は下記をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *