太ももの痛みの対処法

太ももの痛みはあらゆる原因があり、医療機関の受診は必須です。

その後に積極的なセルフケアを通して改善を早くすることが可能になります。

太ももの痛みの原因や予防法はこちらをご覧ください。

→ 太ももの前側が痛い場合の原因・予防法

今回の記事では具体的な対処法について動画も交えてお伝えしていきますので、安全な範囲でご活用ください。

太ももの痛みの対処法-マッサージ編-

太ももマッサージのやり方

太ももマッサージを試みた事がある方もいると思いますが、コツがあります。

このコツを守れば筋肉だけでなく経絡を通じて内臓にまで良い影響を及ぼすことができます。

1.太ももを手で挟み込む
2.手の平の固い所(手根)に体重をかかるように押して行く(グリグリしたりしない)
3.体重を乗っけるのがコツ。手押しにならないように

マッサージと聞くと強い力でやってしまう方がいますが、今回の方法は「経絡」を利用する方法です。

経絡は体表にあるので、非常に弱い刺激で効いてきます。

逆に弱い刺激でないと経絡を通じて内臓まで影響を与えることができません。

決して強くやらずに物足りない程度で行うようにしてください。

痛みがある場合は中止するようにしましょう。

参考:大阪府鍼灸師会

太ももの痛みの対処法-ツボ押し編-

経穴=ツボといい経絡上にある点のようなものです。

山手線の線路を経絡、各駅をツボだと思ってもらえるとわかりやすいでしょう。

仮に各駅が故障してしまうとすべての山手線が動かなくなってしまうように人体のツボ1穴が大きな影響を及ぼします。

ツボを一つ押すだけで全身、内臓がよくなり、太ももの痛みも緩和する方法をお伝えします。

胃経・足三里を押す

胃のツボ
ツボの位置は大体で大丈夫ですので、ツボ周辺を探りゴリゴリや痛気持ちいい場所を探します。1カ所につき1~2分、痛くない程度に円を書くようにゆっくりとマッサージします。

胃経・中脘を押す

胃を強くするイメージ画像

1.仰向けに寝転がります
2.鳩尾から指4本分くらい下の胃の部分に手を当てる
(画像は四指を立てていますが寝かして大丈夫です)
3.皮膚が動くぐらいの圧力でゆっくりと回してマッサージ

これを1~3分程度寝る前に続けるとどんどん胃が強くなります。

太ももの前側は胃経で痛みがある方のほとんどが胃が疲れています。

東洋医学を応用した便利なやり方ですのでぜひ試してみてください。

参考:丸山昌朗先生の 『経絡の研究』の紹介
参考資料:ツボ単

いかがでしたでしょうか?

医療機関受診は必須ですが、その後にやれるセルフケアはたくさんあります。

特に東洋医学の力は素晴らしいですので、今回メインでご紹介させていただきました。

ぜひお役立てください。

最新情報をチェックしよう!