お腹痛い時は、出すものを全部出す時期です。だからどんどんトイレに行くことは当り前として、腸や胃は傷ついている可能性がありますから修復したい所。

次の事を試してください。

1、お腹に手を当てる2、位置を変えながら移動

3、3分くらい続ける

出来るならお腹の中にある内臓がフニャフニャになっているイメージを持つと効果的です。

こんだけ。お腹痛い時手が自然にお腹に行きますよね。それの応用。

人間の体って具体的な指示を出してあげないと何をしていいかわからないみたいです。だから具体的な指示を与えることが重要。

よく整体院で整体を受けている途中にお腹がギュルギュル動き出し、先生が「内臓が動き出してきましたね!」とおっしゃりますが、そんなのは、これだけで再現できます。

お腹痛くなくても普段からやっておくと内臓の状態が良い状態を保てますし、免疫もアップするので普段からやってみてください。

人間って内部で色々働いてくれてるわけですよ。侵入者倒したり、内臓動かしたり、血液で栄養送ったり、リンパで老廃物流したり。それが24時間休むことなく続けられているわけ。

だから本人も含め外部の人間はそれを邪魔しちゃダメなんです。

手を当てるだけで普通の整体院と同じレベルには簡単にいけますよ。

是非お試しあれ!

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *