タクシーの運転手、事務員、IT関連の方、スマホをよく使う方に増えているのが、ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)です。

一度痛みだすと癖になり何回も繰り返してしまうこともある症状でテーピングなどで処置をしても対処療法にしかならず多くの人を悩ましています。

今回は、ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の基礎知識をご紹介したいと思います。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)とは?

主に親指に起こる腱鞘炎で、親指を動かす腱は腱鞘というトンネルのようなものの中を通っています。そこが炎症したり、痛んだりする症状です。特に親指は他の指とは違い腱が2本通っているので、腱鞘炎になりやすい部分と言えます。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の症状

あくまで参考の症状ですので、正確な診断は医療機関で行いましょう。

初期

・手首の重だるさ

・親指の違和感

末期

・親指に激痛が走る

・腫れて炎症している

・ズキズキする

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の原因

整体の視点からみた原因ですので、参考程度に留めてください。

肘の捻じれ

手を床につく、腕枕をするなどで肘は容易に捻じれます。肘が捻じれるとその影響は手首までいきます。

肩関節の歪み

横寝で腕を敷く、片肘をつくなどで、肩関節まで影響を及ぼします。

親指の捻じれ

指が捻じれると腱鞘、腱も捻じれてしまいます。捻じれた結果炎症、痛みが発生します。

手首の捻じれ

腱は手首も通過していますので、捻じれると腱鞘、腱が捻じれて痛みがでます。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の予防法

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の予防法は非常に簡単なことに注意するだけです。

日常の癖

座った時に腕を後ろに着く、片肘をつく、肘をクロスして机の上で寝るなどは骨の歪みを助長するので今日から気を付けてみてください。大きく違ってきます。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)Q&A

ドケルバン病か腱鞘炎かよくわかりません
正確な診断は医療機関を受診しましょう。
ドケルバン病のセルフケアは何かありますか?
親指を中心に前腕が固くなっていると思いますので、気持ちのいい程度でマッサージをしてあげてください。ストレッチよりほぐす方がいいでしょう。少し物足りないなくらいの圧力に留めておいてください。
冷やした方がよいですか?温めた方がよいですか?
何もしないでもズキズキしていれば炎症ですので、冷やしましょう。特にズキズキ感がなければ温めましょう。

まとめ

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)にまずならない予防法は、手を付いたり、肩肘をついたり、腕枕をしたりする日常の癖を改善することが一番です。

すでに手首や親指が痛かったり、腫れている場合はまず医療機関を受診しましょう。

今回の記事がお役に立てれば幸いです。


中野の整体ならお任せ!
中野駅南口徒歩3分 猫背・姿勢矯正で痛み・痺れ、こりを改善!もりもと整体
【営業時間】10:00~20:00
【最終受付】19:00※完全予約制
【定休日】火、日、祝
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)