貧乏ゆすりは、日本では特にマナーの問題で忌み嫌われます。しかし、この貧乏ゆすりには重要な要素が含まれているのではないかと考えています。

まず、貧乏ゆすりのあの振動は人間にとって血流、リンパの流れを促すのには最適です。大きく動かすより小さく小刻みな振動がいいのです。

こう考えると足に血流、リンパが滞留するからこそ本能的に貧乏ゆすりをするのかもしれません。

また、考えことをしている時にも貧乏ゆすりは出やすいのですが、これは、脳が考えている間は血流は脳に行きますので、その流れを早くするために貧乏ゆすりが出ていると考えられるのです。

さらに手に貧乏ゆすりがでるなんて聞いたことありませんよね?そう考えると手には足程は血流、リンパが滞留しないことが考えられます。

こう考えると貧乏ゆすりは悪者どころか正義の味方に思えてくるのですが、いかがでしょう?

しかし、公共マナーとしてはNGなので、誰もいない部屋でやってみるのがベストでしょう。

むくみがひどい方は意識的に貧乏ゆすりをするとすぐに改善していきます。

脚が太いという方も貧乏ゆすりを意識的にしてみるとその場でサイズダウンしますし、数週間続ければ足の脂肪自体も流れていきます。

是非お試しください。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *