尾てい骨の痛み イメージ

尾てい骨(尾骨)の痛みは産後、妊娠中または女性に多いのが特徴です。

更に、尾てい骨(尾骨)の骨折が完治しても痛み続ける方もいます。

慢性化した痛みが原因でメンタルバランスが崩れたり、もう一生治らないのではないかと思う方も多いのです。

今回は、そんな尾てい骨(尾骨)の痛みの原因や予防法や養生法などの豆知識に加え整体は効果があるのか?といった突っ込んだ内容までお届けしたいと思います。

中野の整体ならお任せ!
中野駅南口徒歩3分 猫背・姿勢矯正で痛み・痺れ、こりを改善! もりもと整体
【営業時間】10:00~20:00
【最終受付】19:00※完全予約制
【定休日】火、日、祝
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)

尾てい骨(尾骨)とは?

尾てい骨(尾骨) 画像

出典:骨と関節のしくみとはたらき

丁度尻尾の部分になりますが、痛みが出る方はしっぽ部分だけではなく仙骨全体に及ぶこともあります。

また、女性と男性の骨盤の角度が違うことが尾てい骨(尾骨)の痛みが女性に多いことの原因の一つにもなります。

尾てい骨(尾骨)の痛みの整体視点の原因

ソファー座り、体育座り

尾てい骨(尾骨)の痛みを抱える8割弱の方の原因はこれです。尾てい骨(尾骨)は床につけてはいけません。柔らかいソファーだと沈み込むため尾てい骨(尾骨)に当たりますし、深い体育座りでも当たります。大抵の女性は、妊娠、出産前からこの癖を多くして尾てい骨(尾骨)の歪みを助長し、妊娠、出産で骨盤が開いてきたときに痛みがでてきます。

尾てい骨(尾骨)の画像を見て頂けると男性より女性の方が骨盤が鋭角になっています。つまり、尾てい骨(尾骨)が後ろにせり出しやすいのでちょっとした動作に注意しなければなりません。

尻もち、転倒

軽く考えられがちな尻もちや転倒ですが、予期しない転倒というのは、骨格を歪ます恰好の的です。特に、尾てい骨(尾骨)の痛みに関連しているのは尻もちです。ダイレクトに尾てい骨(尾骨)に衝撃がきます。打撲の痛みが引いても歪みは取れずに残り数年先に痛みがでることがあります。

妊娠、出産

妊娠、出産で骨盤が開き、元々あった尾てい骨(尾骨)の歪みが助長し、痛みがでます。

日常の癖

男性の場合は筋力が強い分、日常の癖が多少出ても平気ですが、女性の場合は筋力が弱く、更に柔軟な筋肉のため、片足荷重、女の子座り、アヒル座り、足組み等などで容易に骨盤が歪んでしまい尾てい骨(尾骨)に影響を与えてしまいます。

内臓の問題

外因だけが尾てい骨(尾骨)の痛みの原因ではありません。胃が痛くなると丸まるように、内臓の不調と骨格は厳密に結びついています。

内臓のどこかが機能低下や硬くなると骨格は内臓に引っ張られてしまい歪んでしまいます。

尾てい骨(尾骨)の骨折

意外に気付いていないのが骨折です。特に出産後の女性は、検査をせずに放置しておくので、後で実は尾てい骨(尾骨)の骨折だったということも多々あります。

尾てい骨(尾骨)の症状

尾てい骨の痛み イメージ

尾てい骨(尾骨)の骨折の判定はできません。まずは、医療機関を受診してください。

初期

・尾てい骨(尾骨)に触れると痛い

・歩くと尾てい骨(尾骨)が軽く痛む

・自転車を漕ぐと痛い

・固い所に長く座っていると痛い

中期

・寝返りを打つと痛い

・動き始めが痛い

・段差がある所で力を込めると痛い

・長く座れない

末期

・びっこを引く

・痛みでほぼ動けない

・階段を登れない

・くっしょんなどを当てないと座れない

尾てい骨(尾骨)の予防法、養生法

尾てい骨(尾骨)に痛みが出ていない方、既に痛みがある方共通して、ごく当り前のことに注意することで予防にもなりますし、すでに痛みが出ている方は改善への早道となります。

日常の癖

片足荷重、女の子座り、アヒル座り、足組みなどは簡単に骨盤を歪ませ、体全体を歪まします。無意識でやっている動作なので注意しましょう。自分にどうゆう癖があるかわかっていない方が多いので、まず意識して自分にどんな癖があるのか研究し改善していきましょう。

座り方

ソファーなどの柔らかすぎるものや、体育座りなどの斜め座りはやめ真っ直ぐに座るようにしましょう。ソファーや斜め座りをするとダイレクトに尾てい骨(尾骨)に重さが集中してしまいます。

寝方

一番重要なことは、体を捻じらないことです。特に横向きに寝た時は、上の足と下の足を揃えて体が捻じれないようにしましょう。どうしても上の足を前に放り出したい場合は、抱き枕をかませて体が捻じれないように工夫します。

冷やさない

尾てい骨(尾骨)や骨盤は特に女性にとって重要な子宮や内臓が入っていますので、下腹部は冷やさないようにしましょう。

下腹部が継続的に冷えると内臓が機能低下を起こし、収縮し、骨格を引っ張って歪んでしまいます。

動かす

尾てい骨(尾骨)に痛みがある方もない方も、出産前の方も産後の方も体を動かさないと血流、リンパが滞ってしまいます。ここでいう動くというのは、ウォーキングやヨガなどではなく、足首や手首などをクルクル回す簡単な動作のことです。毎日1~2分、朝、寝る前に足首、手首をクルクルと回すことが血流、リンパの流れの改善に有効です。

尾てい骨(尾骨)の痛みに整体は効果的か?

骨格の歪み、筋肉のアンバランスが原因のものには非常に効果的

人の体は数ミリ骨格が歪んだだけでも激痛になる場合があります。

そのような時に薬を注射をしても根本的解決になりません。

尾てい骨(尾骨)骨折の場合は安静が第一だが整体はできる

尾てい骨(尾骨)骨折の場合は、患部は触りません。

ツボなどを使用して遠隔より痛みを取り除いていきます。

隠れた病気が原因の場合は効果はない

他の病気が原因で痛みが出ている場合は、病気自体を治療しなければなりません。

治療は病院の仕事となります。

尾てい骨(尾骨)の痛みは通わなければいけないのか?

痛みが取れ再発しないようになるまでは必要

個人差がありますが、数回は必要だと思います。

尾てい骨(尾骨)の痛みが出づらい体にしたい場合は、定期的にメンテナンスが必要

痛みが改善した後に月1回くらいのペースで継続すると体の良い状態が維持できます。

尾てい骨(尾骨)骨折などは長くかかる

骨折の場合は、痛みが軽減しても骨折自体がくっつくまで時間がかかります。

尾てい骨(尾骨)の痛みはどうやって整体をするの?

全身のバランス、内臓のバランスを最優先

人の体は全身が協力して動いています。

尾てい骨(尾骨)に問題が起きればその影響は全身、内臓疲労となって現れます。

まずは、全身、内臓のバランスを整えていきます。

バキボキ、強押しは一切しません。

全身のバランス、内臓の疲労が取れてくると尾てい骨(尾骨)周りの筋肉が緩んできます。

一番最後に尾てい骨(尾骨)の痛みを追いかけていきます。

動きながらの整体

寝た状態で痛みが消えても寝返りを打つと痛かったり、立ち上がりで痛かったします。

その時は、動作を行いながら整体を行い痛みを追いかけていきます。

尾てい骨(尾骨)骨折はツボで対応

病院に行き骨折と判断され「安静に」と言われたものでしたら整体は可能です。

患部は触らずツボなどを利用して痛みを軽減させ、更に自然治癒力を高める整体を行います。

尾てい骨(尾骨)痛の素朴なギモン!

尾てい骨(尾骨)骨折かどうかはわかりますか?
わかりません。医療機関を受診しましょう。
病院は行った方がいいですか?
単純な尾てい骨(尾骨)の痛みであれば何も問題ありませんが、隠れた病気がないかだけはしっかりと調べてもらってください。
冷やした方がいい?
夜ジンジンする、安静時痛などがあれば本来は冷やした方がいいですが、尾骨はあまり冷やしたくない場所なので、温めないように注意しましょう。お風呂に浸かったり、電気カーペットで寝たりというのはNGです。
妊娠中、産後ですが、痛みを軽減させる良い方法はありますか?
骨盤ベルトをお試しください。骨盤ベルトを巻いて痛みが軽減するようであれば使用し、逆に痛みが強くなるようであれば使用は中止しましょう。
尾てい骨(尾骨)痛の予防方法で一番重要なのは?
尾てい骨(尾骨)に体重をかけないことです。無意識にやってしまいがちです。
整体に行く余裕がありません。
尾てい骨(尾骨)の痛みのセルフケアをお試しください。

 

まとめ

尾てい骨(尾骨)の痛みになった時は、隠れている病気がないかまず医療機関を受診しましょう。

骨折かどうかを確かめる場合でも重要です。

また、尾てい骨(尾骨)の痛みが出ている方や予防したい方も日常生活の過ごし方が大切になってきますので、今一度日常の癖や過ごし方を見直しましょう。

早く痛みを改善したい場合は、整体を利用するのも一つの選択肢です。

ご興味ある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てると幸いです。


中野の整体ならお任せ!
中野駅南口徒歩3分 猫背・姿勢矯正で痛み・痺れ、こりを改善!もりもと整体
【営業時間】10:00~20:00
【最終受付】19:00※完全予約制
【定休日】火、日、祝
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)