尾骨痛のイメージ画像

妊娠中、出産後に多い尾てい骨(尾骨)の痛みは女性にとって辛いものです。

周りから見ると正常に見えるため痛みの辛さも理解してもらえません。

整体に行く余裕がない方は、尾てい骨(尾骨)痛のセルフケアを是非お試しください。

尾てい骨(尾骨)について詳しく知りたい方はこちら⇒尾てい骨(尾骨)の痛みの原因、対処法・整体は効果的あるのか?

尾てい骨(尾骨)痛のセルフケア

チェック方法

骨盤チェック

骨盤歪みチェック

画像参照:ストレッチポール公式ブログ

画像のように横から骨盤の骨の先端に手を当て左右差をチェックしておきます。

痛みチェック

実際に尾てい骨(尾骨)を触り痛みの度合いをチェックします。

痛みがない方は、立った状態で「体を捻じる、前に倒す(前屈)、後ろに倒す(後屈)、横に倒す(側屈)」をし体の左右差を確認しておいてください。

痛みがある方でも出来そうであれば痛みが出ない範囲で行いましょう。

ツボ療法

以下のツボを刺激します。場所は大体の位置で、ゴリゴリや圧痛がある所をほぐしたり、指圧のようにグーッと気持ちいい程度に押します。

時間は1か所につき30~50秒程度です。左右を触って見て固い部分を重点的に行います。

陽池

薬指の延長線上の丁度手首のしわの所です。この1穴で骨盤の歪みが整います。

尾てい骨(尾骨) ツボ

京骨

足の小指の延長線上です。この1穴で足、背中の背部全てが全体的に緩みます。

尾てい骨(尾骨) ツボ

曲泉

膝を曲げた時に出来る内側のしわ部分です。肝経のツボで肝経は生殖器などに関連します。

尾てい骨(尾骨) ツボ

出典:ツボ単

以上の3つを刺激した後、再度骨盤チェック、痛みチェックを行い少しでも歪みや痛みが減っていれば成功です。

1日1回で結構なので、まずは、1週間程度継続しましょう。

それで、痛み具合を診てください。

内臓が原因の尾てい骨(尾骨)の痛みのセルフケア

ツボ押しセルフ整体を優先し、こちらの腸もみは余裕がある時に行いましょう。

尾てい骨(尾骨)の痛みは原因が様々あります。

まずは、医療機関を受診し問題がないのに痛みが出る場合は、骨盤の歪みなどの外因が原因ではなく内臓の不調が原因のことがあります。

以下のことを少しずつ行うと内臓の不調が改善されます。

腸もみ

1 仰向けでリラックスする
2 お腹全体を少し強めに押していき固そうな所、圧痛がある所を調べる
3 お腹全体を時計回りに皮膚を動かすくらいの軽い圧力でさする
4 全体がほぐれてきたら先ほどの固い所、圧痛の部分を重点的にさする
5 再度、固い所、圧痛を調べ少しでも改善されていれば成功

これだけです。寝る前に3分間程度で十分です。腸もみは腸だけだと捉えがちですが、お腹全体を行った方が大きな効果がでます。

腸に病気がある方や、少しでも押して痛みがある方は、圧痛、コリチェックは外してお腹をさするだけで十分です。

東洋医学では、お腹は内臓の診断場所であり、治療はツボなどを使用します。ギューギュー押すのは最初のコリや圧痛をチェックする時だけなのです。

後は、皮膚を通して内臓を刺激し、状態を改善していきます。

これだけで、世間のプロの腸もみと同じ効果が得られます。

まとめ

尾てい骨(尾骨)の痛みのセルフケアは毎日でなくてもいいので継続することが重要です。

痛みが消えてからも1週間程度は続けましょう。

時間がある方は、ツボ療法、腸もみ2つ行い、時間が無い方はどちらか一つでも十分に効果があります。

整体に行く余裕がある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。


どこ行っても改善しなかった方大歓迎!
中野駅南口徒歩3分 辛い症状ここで最後にしましょう!一緒に良くしていきましょう!
【営業時間】
平日・土 7:00~17:00
日・祝 7:00~12:00
完全予約制
【定休日】月・火
◆初めての方へ
◆喜びの声
◆24時間ネット予約
◆お電話はこちら
(留守番電話に「お名前、ご伝言」をよろしくお願いいたします。迷惑電話が多いためご伝言がない場合は折り返し致しておりませんので、ご了承ください。)