出るに出ない便秘は辛いものです。

東洋医学的には便秘は血の停滞と言われます。

今回は、血を流すツボと全身の循環を良くするツボの2つをお伝えします。

ツボは、一つを押すよりも複数を組み合わせることでその効果を発揮することもあります。

便秘の原因

便秘の原因として、整体の視点から見ると様々な要因が考えられます。

腸の動きが悪いだけでなく、全身の循環の流れが悪い時になる場合もありまし、内臓下垂を起こしてもなってしまう場合があります。

便秘の原因は人それぞれなので、その人にあった方法が一番ベストです。

ツボの使い方

今回紹介したツボを左右30秒~1分程度刺激しましょう。

その時、左右を比べ硬い方を重点的に行います。

痛みが出ない範囲、あざが出来ない範囲で刺激します。

ツボ押しで重要な点

一番大事なのは

「継続」

です。

ツボを押せばその場で内臓が動き、ギュルギュル音が鳴ったりします。

しかし、長年の便秘であれば、体自体はやはり長年のダメージが蓄積しています。

毎日でなくても、忘れてもいいので、思い出す度にツボを刺激する必要があります。

最低でも3か月スパンで継続しましょう。

ツボを押し出したら今やっているサプリメントや運動は必要ない?

無理に行う必要はありませんが、サプリメントや運動もできるようであれば継続すると良いでしょう。

特に運動は便秘じゃなくても全身の循環を良くするために必要ですので、健康づくりにも欠かせません。

サプリメントは本人の体に合っているものを選択し、適宜摂取すると良いと思います。

やはり、ツボだけで便秘が解消しない人もいます。

こういう方は、生活習慣の見直しも必要になります。

正しい生活をしていないとツボをいくら押してもプラスマイナス0なので、プラスに持っていく生活をすることでより早く便秘は改善していきます。

最後に

便秘があまりにも頑固で長く続く場合は、医療機関を受診することを忘れずに今回の方法は、検査しても体のどこにも異常がない場合においてお試しください。

ツボ押しは即効性も期待できますが、やはり体を変えていくという点では継続が大事です。

数週間で終わらないように無理のない範囲で最低でも3か月継続しましょう。

どんな素晴らしい健康法でも継続しないと効果はでてきません。

ツボは先人が発見してくれた素晴らしい贈り物です。

是非、積極的に活用し、辛い便秘を解消していきましょう。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *