アキレス腱炎

スポーツ選手、スポーツ愛好家、思春期のお子様に多発するのが、アキレス腱炎です。

踵辺りの痛みが自覚症状なのですが、実際には、アキレス腱が腫れてしまい炎症を起こしています。

対処法としては、ヒールカップや安静にすることを求められますが、一日も早い回復が望まれます。

そこで、今回は、アキレス腱炎の原因や予防法、整体は効果があるのか?といった突っ込んだ内容までお届けします。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *

アキレス腱炎とは?

アキレス腱炎とは

出典:古東整形外科

スポーツなどの繰り返しの負荷でアキレス腱に変形や微細な部分断裂を伴い腫れて痛む症状です。

アキレス腱周囲炎とも言われます。

腫れはアキレス腱の左右差を比べると明らかに腫れている上、触ると圧痛を伴うのも特徴です。

西洋医学では、クッション性の高い靴を履き、安静を第一とする保存療法が行われます。

アキレス腱炎の症状

以下の症状があるからといって必ずしもアキレス腱炎ではありません。

正確な診断は医療機関を受診しましょう。

アキレス腱が腫れる

痛い側のアキレス腱が見た目に腫れています。

足首を背屈すると痛みが増す

アキレス腱をストレッチする動作をすると痛みが増す場合があります。

足首を動かすとアキレス腱部分に音がする

かなり症状が進むとアキレス腱から軋むような音がする場合があります。

何もしなくてもじんじん痛む

炎症が強くなると安静にしていてもアキレス腱が痛みます。

アキレス腱炎の西洋医学視点の原因

オーバーユース症候群

要は使い過ぎということです。

スポーツなどで足を使いすぎるとアキレス腱に炎症が起こるとのことです。

アキレス腱炎の整体視点の原因

整体では結果を見るのではなく、アキレス腱炎になってしまった過程を考えます。

内臓の機能低下

西洋医学では外側の問題しか考えませんが、東洋医学では違います。

炎症とつくものは、免疫力の低下が原因とされています。

内臓の機能低下→筋肉が固くなる→筋肉の反射が低下→靭帯、腱に負担がかかり続ける→炎症が起きる

という流れです。

東洋医学を利用すれば積極的改善が図れます。

また、アキレス腱の内側は腎経、外側は膀胱経が走っており、それらの内臓の改善も必要になります。

膝の歪み

膝が捻じれたり、横方向にスライドすると骨を通してアキレス腱の捻じれなどに繋がります。

足首、踵の歪み

足首、踵が捻じれたり、詰まったりするとアキレス腱に無駄な負担がかかります。

股関節の歪み

股関節の捻じれや詰まりがあると膝→足首→踵→アキレス腱へと影響を与えます。

上半身の姿勢不良

上半身が猫背のようになるとつま先に負担がかかり、反り腰になると踵に負担がかかります。

更にこれに捻じれが加わると足の外側、内側に負担がかかることになりますので、上半身の姿勢を良くすることが予防、改善への第一歩となります。

アキレス腱炎の予防法

アキレス腱炎 予防

アキレス腱炎は当り前のことをきちんと行うことで予防できます。

日常の癖

足組み、片足荷重、アヒル座り、女の子座りなどの無意識の時に出る日常の癖で骨格は簡単に歪みます。

骨格が歪めばアキレス腱も捻じれたり、固くなったりしてしまいます。

青竹踏み

スポーツ選手、年齢関係なく足裏が疲れたと思ったら行って欲しいのが青竹踏みです。

今であれば百均で手軽に手に入れることができます。

足裏が柔らかくなれば、経絡を通じてアキレス腱も柔軟になります。

更に、足裏の筋肉を柔軟にし更に腎臓のツボを刺激しますので、内臓機能の正常化を図れます。

内臓に負担をかけない

腎臓は寒さに弱く、冬には特に症状がでてきます。

お風呂に浸かる、夏でもお腹には布団をかけるなどして、冷え対策を徹底しましょう。

スポーツ前は徹底的にウォーミングアップを

スポーツ前は軽めに体を動かして筋温を上昇させ、自律神経の交感神経にスイッチを入れ、戦闘準備が整ってから本格的に動くべきです。

ウォーミングアップをしていない状態だと筋肉の反応速度が遅くなります。

簡単に言うと筋肉に力が入りづらい状態ですので、その分靭帯や腱に負担がかかってしまいます。

靭帯や腱は強靭ですので、筋肉が多少働いていなくても骨格を支えることができますが、疲労は必ず蓄積します。

靭帯や腱は血流があまり行き届いていないので、回復に非常に時間がかかります。

入念なウォーミングアップで筋肉の反射速度を上げ、靭帯や腱に負担をかけないようにしましょう。

アキレス腱炎に整体は効果的か?

原因が骨格の歪みや筋肉の固さであれば非常に効果的

アキレス腱炎でもすぐ改善するものと長引くものがあります。

長引くものに関しては骨格の歪み、筋肉の固さが取り切れていない場合が多くその場合は、整体が効果的です。

急性のものは病院へ

アキレス腱は急所にもなる非常に重要な部分です。

腫れていたり、痛くなったりしたらまずは医療機関を受診しましょう。

保存療法で1~2週間程度で軽快するはずです。

アキレス腱炎は通わなければいけないのか?

痛みが改善するまでは必要

痛みが改善するまでは整体を継続する必要があります。

ただし、急性のものに関してはアキレス腱の状態を見極めるためにも病院へ直行しましょう。

アキレス腱炎予防のためには、定期的にメンテナンスが必要

痛みが改善した後に月1回くらいのペースで継続すると体の良い状態が維持できアキレス腱炎の予防にもなります。

アキレス腱炎はどうやって整体をするの?

歪みチェック

アキレス腱炎になった原因と取り除いていきます。立位や座位で肩の高さ、骨盤、肋骨の左右差、脚長差、姿勢などをチェックします。

その後、アキレス腱炎の場合は、膝の捻じれ、足首の固さ、土踏まずのアーチなどをチェックします。

バキボキ、強押しはしない

歪みチェックに沿った骨格矯正、筋肉調整、内臓疲労調整をうつ伏せ、仰向けで行っていきます。

揺らしながら骨を押し込んだり、ツボを使用して内臓疲労を取ったりと激しい技術は使用しません。

座位や立位で調整

先ほどの歪みチェックで歪みが改善していればアキレス腱炎も良くなっていますが、更に実際の動きの中で痛みを追いかけていきます。

整体院により異なると思いますが、アキレス腱炎そのものにアプローチするというよりは、アキレス腱炎になってしまった原因にアプローチし根本改善を図ります。

アキレス腱炎の素朴なギモン!

ストレッチなどをした方がよい?
アキレス腱炎予防のためには良いですが、アキレス腱炎になってしまった場合は、炎症を広げる恐れがあるので控えましょう。
冷やした方がいい?
アキレス腱炎は炎症ですので冷やしましょう。そして安静が一番です。痛みが消えてきたら次は積極的に温め回復を促します。
病院は行った方がいい?
自己判断はせず必ず行きましょう。良く先に整体院に来る方がいますが、先に病院へ行ってから整体へ来る方が良いです。
アキレス腱炎の予防法は?
スポーツの前にウォーミングアップ、スポーツ後のクールダウンを重視することです。筋肉を休ませることが重要です。
部活を休みたくない
今部活を休まないで無理をして数年無駄にするか、1~2週間しっかり休むかどちらかです。休むことも立派なトレーニングです。
整体に行く余裕がありません
アキレス腱炎のセルフケアをご参考にされてください。

 

まとめ

アキレス腱炎の症状が出た場合は、必ず医療機関を受診しましょう。

アキレス腱に無理をかけてしまうと今後のスポーツ人生に影響が出てしまいます。

アキレス腱炎と診断された場合は、ストレッチや患部のマッサージは炎症が広がりますので避けましょう。

温めるのではなく冷やす方が正解です。

アキレス腱炎の原因を根本的に改善する整体にご興味ある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *