四十肩五十肩のイメージ画像

四十肩五十肩になった時に整体に行きたくても行けないという方はたくさんいると思います。

しかし、諦めないでください。

整体に行けなくてもやれることはたくさんあります。

今回ご紹介するセルフケアを積極的に行い1日でも早い改善に向け頑張りましょう。

四十肩五十肩について詳しく知りたい方はこちら⇒四十肩五十肩(40肩50肩)痛みに整体は効果的なのか?

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *

四十肩五十肩のセルフケア

肩の痛みを四十肩五十肩と決めつけてしまうのは早計で隠れている病気もある場合がありますので、医療機関をまず受診してから行ってください。

肩の痛みチェック

肩を動かしてどういった時に痛みがでるのか、実際に押してみてどれぐらいで痛みがでるのかを確認しておいてください。

やり方

次に紹介するツボを1か所につき40~50秒程度指圧のようにジーと持続圧をします。

ツボの正確な場所よりも固さや圧痛がある方を優先し、左右比べて固い所や圧痛がある方を優先します。

曲池

肘を曲げた時にできるしわの端です。腕を伸ばすとゴリゴリがあるはずです。四十肩五十肩に多い大腸経の突っ張りを取るとともに免疫のツボでもあります。

四十肩五十肩 ツボ

神門

心経のツボで便秘の特効穴でもあります。曲池との併用で大きな効果を発揮します。

四十肩五十肩 ツボ

陽陵泉

膝の外側の下にある出っ張っている骨(腓骨頭)の下のゴリゴリです。筋肉や靭帯を治癒する能力があります。

四十肩五十肩 ツボ

崑崙

足の外側のくるぶしのすぐ後ろにあるゴリゴリです。足、背中全てを緩める効果があります。

四十肩五十肩 ツボ

出典:ツボ単

これらのツボを刺激した後、再度四十肩五十肩の痛みをチェックし、少しでも改善していれば成功です。

改善していなくても我慢強く継続することが重要になります。

毎日飲むお薬だと思って刺激しましょう。

まとめ

ツボの位置はあまり気にしなくても構いません。

ゴリゴリや圧痛を目安にします。

わからなければ手の平全体でツボを覆って皮膚が動く程度の圧力で刺激するだけでも十分に効果を期待できます。

大事なのは、「継続」することです。

信じて続けましょう。

整体に行く余裕がありご興味ある方は以下をご覧ください。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

矢印
『痛みで悩まれている方、自分の体をメンテナンス法を知りたい方、不調が改善しない方』は今すぐ無料オンライン教室にご参加ください。
お名前  *
Eメール  *